適切な情報をすぐに手に入れることは、ビジネスの意思決定を行う上で重要です。ただし、その情報を理解する能力、およびその情報にいかに速くアクセスできるかも同じく重要です。そこで今回はAmazon QuickSightについて取り上げたいと思います。

QUICKSIGHT-SCREENSHOT1.png

QuickSightは、「組織内のすべての人にインサイトを簡単に提供できる、高速でクラウドベースのビジネスインテリジェンスサービス」です。プラットフォームは、リアルタイムの機械学習(ML)インサイトを提供するための素晴らしいビジュアルとインタラクティブなダッシュボードを企業の意思決定者に提供します。

これだけ聞けば、すごく良く聞こえます。

問題は、QuickSightはTableauやMicrosoft Power BIなど、BI分野で多くの優れた技術を持つ競合他社を抱えているため、QuickSightで実現できることと比較し、製品についてよく理解することが重要です。このブログでは、QuickSightがあなたの会社や組織に適しているかどうかを判断するためにすぐに使える情報を提供します。 

  1. Amazon QuickSightとは?

  2. QuickSightのビジュアルプレゼンテーション力

  3. Amazon QuickSightの優れている点

  4. Amazon QuickSightの欠点

  5. Amazon QuickSightのコストと価格は?

  6. Amazon QuickSightの代替製品

1. Amazon QuickSightとは?

Amazon QuickSightは、Amazon Web Services(AWS)プラットフォームで提供されているビジネスインテリジェンスツールです。 QuickSightは、そのリリース以来、見事なビジュアライゼーション、インタラクティブなダッシュボード、正確な機械学習インサイトで好評を得ています。

さらにスピードもセールスポイントです。 Amazonは、「SPICE」として知られる「超高速、並列、インメモリ計算エンジン」でQuickSightプラットフォームを強化しています。

Amazonによると 

SPICEは…特に高速でアドホックなデータビジュアライゼーションのために設計されています。 SPICEは、高可用性に適したシステムにデータを保存し、ユーザーが削除を行うまではデータを保持し続けます。データベースへ直接クエリを実行するのではなく、データをSPICEにインポートすることにより、そのデータセットのパフォーマンスを向上させることができます。

QuickSight SPICEエンジンは、SQLデータベース、SaaSソリューション(Salesforceなど)などに加えて、複数のAWSソースとデータのやり取りをします。 Capterra社のレビューでプラットフォームとそのSPICEデータエンジンについて次のように述べています。

「QuickSight」はRDS(MySQL)にネイティブ接続し、データベースにクエリを実行しグラフを生成します。 SPICEオプションは、非常に大きなテーブルの一部に強力なインデックスを作成します。そうして、BIダッシュボード用のデータベースに余分な負荷をかけることなく、速度を上げるために、SPICEインデックスに対してクエリを実行することができます。

BIチームがQuickSightでダッシュボードとビジュアルを設定すると、企業の意思決定者はダッシュボードを微調整して、彼らが求めていた機械学習分析とリアルタイムデータを表示することができます。さらに、任意のコンピューター、Webブラウザー、またはインターネットに接続されたiPhoneまたはiPadデバイスからもダッシュボードにアクセスできます。(注:2020年3月現在、Androidデバイスもサポートしています。)

 

QuickSightのビジュアルプレゼンテーション力

QuickSightはビジュアルが全てです。 Tableauなどのより高価なBIソリューションには、さらに多くのビジュアライゼーションオプションがありますが、QuickSightが提供するベーシックなビジュアルプレゼンテーションは、それよりも「驚くほど」「美しい」です。これは、クライアントや顧客とのミーティングの際に大きなアドバンテージになります。

QuickSightプラットフォームでの一般的なビジュアルプレゼンテーションは、次のコンポーネントで構成されています。


Analyses:QuickSightは、ワークスペース(ビジュアルを作成したり、やり取りする場所)を「分析」と呼びます。この分析では、評価指標、販売分析、コスト分析に関連するインタラクティブなグラフやチャートなど、多数のグラフィックデータプレゼンテーションを作成できます。 「ストーリー」を含めることもできます(以下の最後の箇条書きの「ストーリー」の定義を参照)。

QUICKSIGHT-ANALYSIS.png

ビジュアル:ビジュアルは、データのグラフィカルな表現です。それは、チャート、テーブル、グラフ、またはダイアグラムかもしれません。新しく作成されたビジュアルは、「AutoGraph」モードで開始されます。 AutoGraphは、アルゴリズムを使用して、選択したデータの視覚的なプレゼンテーションが自動的に選択されます。その後、ヒートマップ、ツリーマップ、組み合わせチャート、ピボットテーブルなどの選択肢から独自の視覚化を選択できます。また、色を変更したり、フィルターを適用したり、その位置を再調整したりできます。

インサイト:インサイトは、「分析」に価値のあるデータ解釈を提供します。QuickSightのEnterprise Editionは、データを分析した後、適切な機械学習インサイトとデータプレゼンテーションを自動的に提案してくれます。

シート:シートは、単一のページに表示されるビジュアルのグループです。分析を設定するときに、選択したビジュアルをそのシートに配置します(新聞の一面ページのように)。分析には複数のシートを含めることができます。シート内でそれぞれのビジュアルが一緒に連動したり個別に機能します。

ストーリー:ストーリーを使用すると、スライドショーのように、シートに表示する複数のビジュアルまたは「シーン」をキャプチャできます。ユーザーは、ストーリー内のシーンをスクロールして、分析のさまざまな面を確認できます。シーンは静的ではありません。ダッシュボード上の他のすべてのグラフ、チャート、データセットと同様にリアルタイムで更新されます。

これらの機能により、BIチームは美しくインタラクティブなデータプレゼンテーションを作成し、次のような様々なビジネス分野に利用できます。

  • マネージャーは、これらの機能を利用し、リーダーシップの決定を通知できます。
  • 営業担当者は、クライアントのプレゼンテーション中にこれらの機能を使用することもできます。
  • マーケティングチームはこれらの機能を使用して、広告キャンペーンの結果を追跡できます。
  • 会計士はこれらの機能を使用して主要な財務指標を監視できます。

Amazon QuickSightの優れている点

QuickSightプラットフォームを評価し、実際のユーザーの意見をチェックした後、我々はAmazon QuickSightについて以下の利点があると考えます。

クイックセットアップと使いやすさ
BIチームは、SPICEエンジンを有効化し、データを統合し、QuickSightプラットフォームの使用を迅速かつ簡単に開始できます。実際、他のBIプラットフォームよりもはるかに高速です。

あるユーザーによると:

セットアップには1時間もかかりません。

別のユーザーは次のように述べていま:

簡単で直感的なユーザーインターフェイス…学習曲線が短くなります。

さまざまなデータソースとの高い互換性
QuickSightをさまざまなデータソースと統合するのは簡単です。プラットフォームは、Amazon Redshift、Amazon Athena、Amazon S3、Amazon Aurora、Apache Spark、Presto、SQLサーバー、ローカルExcelファイルなどのデータソースと統合します。また、SalesforceやTableauなどのサービスからの情報もサポートします。

あるユーザーは次のように述べています。

データソースを選択することができ、一般的なBIツールなどと統合できます。

別のユーザーは次のように述べていま:

データをインポートするために、Salesforce、Tableauなどの他のサービスをサポートしているところがお気に入りです。

任意のWebブラウザまたはiOSデバイスでダッシュボードにアクセス
ほとんどのユーザーは、Webブラウザーを介してQuickSightダッシュボードと洞察にアクセスします。 QuickSightによれば、「Amazon QuickSightは、Mozilla Firefox、Chrome、Safari、Internet Explorerバージョン10以降およびEdgeの最新バージョンをサポートしています。」iPhoneおよびiPadユーザーは、インターネットに接続されたiOSデバイスを介してダッシュボードにアクセスして対話することもできます。

QUICKSIGHT-VISUALIZATIONS.png

美しいビジュアライゼーション

Tableauのようなソリューションと比較し、QuickSightのビジュアライゼーションの質とプレゼンテーションがより優れていると多くのユーザーが賛同しています。加えてQuickSightの「オートグラフ」機能は一連のアルゴリズムを適用し、企業のデータを学習します、その後、分析のシチュエーションに最適なビジュアルとAnalyticsを選択できるように最適なグラフィックを推奨してくれます。

コーディング不要でインサイトを得る
QuickSightダッシュボードのインタラクティブな性質により、コーディング知識のないユーザーでもデータを探索し、さまざまなインサイトを引き出すことができます。これにより、すべての人が必要としている重要な分析データにアクセスできるようになります。

コストに優しい支払いオプション
2018年半ば以降、Amazon QuickSightは「セッション単位課金」価格設定を特徴としています。セッションあたりわずか30セントからユーザー1人あたり月額5ドルまでの支払い体系は、ユーザーがダッシュボードに頻繁にアクセスする必要がない場合、コスト削減ソリューションと言えます。週に一度だけダッシュボードにアクセスする必要がある従業員を想像してみてください。「セッション単位課金」料金はわずか月額2ドル未満です!

QuickSightの価格設定に関する「ユーザーの声」は次のとおりです。

セッション単位課金の価格設定が決め手となり、QuickSightを選びました。これにより、実際に使用した分を支払うだけで済みます。初期費用も年会費も必要ないので、彼らは無敵です。
コストは他のソリューションと比較して非常に低いです。
コストに勝るものはありません。パッケージには、TableauやLookerにあるような多くの機能がありませんが、すべての基本的な機能があり、ユーザーの90%がそれで仕事をこなしています。

素晴らしいスケーラビリティ
QuickSightは、ビジネスメトリックを個別に測定しながら、複数のビジネスドメインを処理できます。数万人のユーザーがプラットフォーム上で同時に作業でき、すべてのデータソースに同時にアクセスできます。さらに、QuickSightの最先端のデータエンジンテクノロジーにより、ユーザーは巨大なデータセットを自由に探索することができます。

モバイルアクセスのための優れたiOSアプリ

Quicksight-iphone-app-screenshots.PNG

Amazon QuickSightのiPhoneアプリは、外出先でデータにアクセスできるため、意思決定者はどこにいてもストーリー、インサイト、分析、ダッシュボードを見ることができます

Amazon QuickSightの欠点

Amazon QuickSightには欠点がないわけではありません。このプラットフォームを使用し、実際のユーザーがどのような感想を持ったかを確認した結果、次のような問題がわかりました。

チャートとグラフの選択肢が限られている

ユーザーは、チャートやグラフの選択肢は、視覚的には素晴らしいものの、他の主要なBIソリューションと比較して限られていると不満を述べています。これは、最も頻繁に引用されるQuickSightの欠点です。この「G2Crowdレビュアー」は次のように述べています。

Tableauや他の同様のソリューションと比較すると、Amazon QuickSightにはまだ多くのカスタマイズ機能がありません。限られたデータビジュアライゼーションタイプ(いくつかのシンプルで人気のあるグラフのみ)…

別のユーザーは次のように述べています。

データの視覚化(QuickSightではビジュアルタイプと呼ばれます)は限られていますが、必要なものが提供されています。現在、マップ、プレーンテーブル、およびその他の種類のビジュアルがPower BIには優れたコレクションがありますが、QuickSightにはありません。

また別ユーザーは次のように語っています。:

競合製品に見られるいくつかの便利なビジュアライゼーション機能が欠けています。

このユーザーは語っています。:

他のBIソリューションが得意とするカスタムフィールド、Group by、およびその他の機能が大幅に不足しています。たとえば、ビジュアライゼーションの色とスタイルをより細かく制御できるだけでなく、詳細な表現のいくつかのレベルを実際にカスタマイズする機能があればいいのにと思います。現在、ほとんどの顧客のニーズを満たすのに十分な柔軟性がありません。たとえば、私の顧客は、高レベルの外観だけでなく、ドリルダウンしてテーブルのデータを取得したと思うでしょう。(それらは一見実装されているように見えますが、十分ではありません)

こう入った批判に応える形で、Amazonが依然QuickSightを開発していることに気を止めておくことが重要です。プラットフォームは今後も新しい機能で進化し続けるでしょう。

BI業界ではまだ新人

QuickSightは、まだ新しいソリューションであり、TableauやMicrosoft Power BIのような人気のBIソリューションに肩を並べるにはさらなる開発が必要です。

データ分析エンジニアは次のように述べています。:

QuickSightはまだ開発段階であり、TableauまたはQlikと比較することはできません。しかし、価格の面では3つの中で最も安いのはQuickSightであり、QuickSightは確かに有益です。

Amazon QuickSightのコストは?

先ほど述べたように、QuickSightは費用対効果の高いソリューションです。特に、従量制の料金体系のおかげです。料金体系では、ユーザーを2つのカテゴリ(ReaderとAuthor)に分けられ、次のように課金されます。

スタンダード・エディションの価格
機械学習(ML)インサイトを含まないStandard Editionのコストは次のとおりです。

Author(標準版):料金は、年間サブスクリプションの場合はAuthorあたり月額9ドル、月間サブスクリプションの場合はユーザーあたり月額12ドルです。これには、Authorあたり10 GBのSPICEが付属しており、GBあたり0.25ドルでSPICE容量を追加購入できます。

エンタープライズ・エディションの価格

機械学習インサイトを含むEnterprise Editionのコストは次のとおりです。

Reader(Enterprise Edition):料金は読み取り権限のみの場合、ユーザーあたり30分の使用につき0.30ドルで、最大でユーザーあたり月額5ドルまでです。

Author(Enterprise Edition):年間サブスクリプションの場合、Authorあたり月額18ドル、または月間サブスクリプションの場合、ユーザーあたり月額24ドルです。これには10 GBのスパイス容量が含まれ、AuthorはGBあたり0.38ドルで追加のSPICE容量を購入できます。

これらの価格は競合ソリューションよりも手頃な価格ですが、実際にはコストが追加される可能性があります。幸いなことに、Amazonは、潜在的なコストを見積もるために、Enterprise Edition用に以下の「Reder価格設定シナリオ」を提供しています。

quicksight_50 Readers.jpeg

quicksight_5000readers.jpeg

Amazon QuickSightの代替製品

この記事で述べてきたように、Amazon QuickSightには、たくさんの競合他社があります。最も顕著なのはTableau ServerとMicrosoft Power BIです。これらのBIプラットフォームを簡単に見てみましょう。

Tableau Server

ビジネスインテリジェンスソリューションとして、Tableau ServerはAmazon QuickSightよりもずっと長い間使用されており、世界中のエンタープライズレベルの組織でより広く使用されています。

一般に、TableauはAmazon QuickSightよりも高価で、次の価格体系で提供されています。

個人向け個人向けのライセンス価格は月額70ドルです。
チーム&組織向けチーム&組織向けの価格は、ユーザーの役割(QuickSightなど)に応じて分けられます。分析を設計し、ビジュアルを設定する「Creator」の価格は、ユーザーあたり月額70ドルです。ビジュアルをインタラクティブに条件を変更したり操作することができる「Explorer」の価格は、ユーザーあたり月額 35ドルです。ダッシュボードを表示して条件を変更できる「Viewer」の価格は、ユーザーあたり月額12ドルです。
QuickSightと同様に、Tableauはさまざまなインタラクティブ形式、色、​​形状、グラフ、チャートなどでデータと機械学習インサイトを提供します。ただし、Tableauには、少し美しいとはいえないものの、より多くの視覚化オプションとダッシュボードオプションを選択することができます。 Tableauは、習得に時間がかかり、より高価なソリューションですが、QuickSightより優れた機能と多くの機能で長年の評判を持っています。

Microsoft Power BI

Power BIは、ビジネスインテリジェンス業界に対するマイクロソフトの回答です。最上位のBIソリューションとして、Power BIには、ダッシュボードプレゼンテーション用のさまざまな視覚化およびカスタマイズオプションがあります。さらに便利な利点としては、ExcelなどのMicrosoftプラットフォームとのデータ統合が容易であることです。

Microsoft Power BIは、次の価格構成を提供します。

Power BI Pro:ビッグデータ、機械学習の分析およびインサイトのないPower BIの基本バージョンは、ユーザーあたり月額9ドルです。
Power BI Premiumの追加:Microsoft Power BIのエンタープライズレベルのパッケージには、ビッグデータ分析、クラウドおよびオンプレミスのレポート、専用のクラウドコンピューティングおよびストレージリソース(無制限のユーザーを含む)が含まれ、各専用のクラウドコンピューティング+ストレージごとに1か月あたり4,995ドルです。
Tableauと同様に、Power BIにはQuickSightよりも多くの機能とアドバンスドな能力があります。一方、Power BIは使用するのが難しく、より多くのトレーニングと専門知識が必要です。 QuickSightはよりシンプルで安価なため、小規模な組織に適していると言えます。

Amazon QuickSightはあなたの会社や組織に適してますか?

Amazon QuickSightのお客様は、プラットフォームの速度、使いやすさ、および健全なデータ分析を高く評価しています。彼らは、インタラクティブなダッシュボードの視覚的な外観を称賛しています。そして、彼らはペイパーセッションの価格設定でお金を節約することに感謝しています。さらに、QuickSightの顧客になることを決めた場合、あなたはGood Companyの一員になります。クライアントリストには、次のような有名な企業が含まれています

  • The National Football League (NFL)
  • Siemens
  • Rio Tinto
  • Volvo
  • AutoTrader
  • Best Western
  • MLB Advanced Media

undefined

極論すると、QuickSightは複雑ではない高品質のBIソリューションです。 Amazonのコストに優しいビジネスインテリジェンスプラットフォームを選択するということは、今後あなたが安泰であることを意味しています。

Xplenty : リーディングデータ統合プラットフォーム

複数のソースからの大量のデータを新しいBIソリューションと統合するプロセスは、時間がかかり、頭痛の種になる可能性があります。そのような場面でXplentyはあなたの人生を楽にしてくれます。 Xplentyは、事実上あらゆる種類のデータソースからBIソリューションのデータウェアハウスに情報を抽出、変換、ロードする、高速でパワフルかつ使いやすいETLソリューションです。トライアルを希望される方はは以下のサイトよりお申し込みください。

Xplentyのオンライン相談に登録して、無料トライアルでプラットフォームを試してみよう!

Xplentyの機能概要や実際の操作感を見てみたい方は、定期的に開催している製品紹介セミナーがおすすめです。

Xplentyのオンラインセミナーに申し込む。

(本ブログは、2019年7月に投稿された記事を翻訳したものです。)