企業全体で複数のクラウドストレージサービスやアプリケーションを使用している場合、データはすぐに制御不能に陥る可能性があります。複雑なクラウドエコシステムでは、どのようなデータがあり、どのように管理されているのか、安全かどうか、効果的な使用方法を理解するのが困難になる場合があります。クラウド・データマネジメントプラットフォームは、このようなイライラするシナリオを未然に防ぐことができます。このテクノロジーにより、増え続けるデータソースとクラウドストレージサービスを管理することができます。このブログでは、クラウドデータマネジメントの選択肢、クラウドデータマネジメント戦略から始めることの重要性、データを完全にコントロールできるようになることで実現できるユースケースをご紹介します。

重要な洞察や重要なデータを見失わないようにしましょう。完全な可視性がなければ、ビジネスを効果的に成長させることも、努力が正しい方向に向かっているかどうかを確認することもできません。クラウド・データマネジメントと戦略によって組織を変革する方法と、ETLツールが多くの企業にとって最良の選択肢である理由を知るのに、このガイドを参考にしてください。

Table of Contents:

  1. クラウドデータマネジメントとは?
  2. クラウドデータマネジメントのメリット
  3. クラウドデータマネジメント戦略がなぜ必要か?
  4. クラウドでのデータマネジメントにおける選択肢
  5. クラウドデータマネジメント 使用例

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 14 days. No credit card required.

クラウドデータマネジメントとは?

現代の企業では、データソース、データ生成能力、使用量の増加に伴い、データストレージのニーズが継続的に拡大しています。クラウドストレージは、これらの要件に対応するための費用対効果の高い便利な方法を提供していますが、適切な管理とは、データをストアする場所を持つ以上のものを意味します。

ファイルの最適な置き場所はどこか?企業内で使用されているクラウドストレージサービスの数は?重要な文書は安全に保管され、法規制に準拠しているか?短期および長期的なニーズに対応できるだけのクラウドストレージリソースを持っているか?バックアップ対象はどれくらいの期間か?従業員はどのようにしてドキュメントやデータにリモートでアクセスできるか?

クラウドデータマネジメントは、パブリック・クラウドとプライベートクラウドのデータを構造化された体系的な方法で管理することで、このような混沌とした状況に秩序をもたらします。一般的なデータマネジメント機能に加え、データを最大限に活用するためのクラウドネイティブなアプローチを提供する機能が含まれています。

クラウドデータマネジメントのメリット

すでにパブリックまたはプライベートのクラウドストレージに投資している場合でも、オンプレミスのデータを移行したい場合でも、クラウドデータマネジメントには多くのメリットがあります。

  • データマネジメントコストの削減: クラウドデータマネジメントにより、直接的、または間接的に多くのコスト削減が可能です。クラウドベースのソリューションは、オンプレミスのオプションと比較してTCO(総保有コスト)が低く、費用のほとんどが資本支出から運用費に移行します。先行投資が少ないため、予算の一部をこうしたソリューションの導入に割り当てることがはるかに容易になります。複数のクラウドストレージプラットフォームを使用することに伴う多くの非効率性を排除し、データセットごとにクラス最高のソリューションを選択することができます。従業員は、クラウドエコシステムのどこにデータがあるかに関係なく、必要なデータを素早く見つけることができます。

  • データ品質の懸念への対応:重複したデータ、古いファイルバージョン、その他の品質問題は、クラウドデータマネジメントプラットフォームを使用することで解決できます。データベースを迅速に最適化し、スペースとリソースを占有しているジャンクファイルを排除することができます。

  • 企業のクラウドデータを一元化: ファイルがどこに隠れているかを把握するために、複数のクラウドストレージサービスを追跡する必要はありません。必要なデータは、単一のプラットフォームにログインするだけで入手することができます。
  • IT部門のメンテナンス負荷を軽減:IT担当者は、ソフトウェアのアップデート、バグ修正、その他プラットフォームの一般的なメンテナンスの必要性に追われることはありません。クラウドデータ管理ベンダーがこれらの作業を代行してくれるため、社内のチームは他の作業に専念することができます。
  • 現在のニーズに基づいてデータ管理リソースを拡張: プロジェクトに必要なリソースを正確に取得し、それ以上のリソースは必要ありません。未使用のオーバーヘッド・キャパシティを排除することで、コストをコントロールし、企業が成功するために必要な規模を確保することができます。
  • 改善されたサイバーセキュリティ対策と技術の活用: あなたの組織は、そのリソースに対して多くの要求を持っている可能性が高く、その中にはサイバーセキュリティのための資金も含まれています。サイバーセキュリティ中心の企業ではない場合や、脅威の検出と排除のために最上位のソリューションに依存している場合は、クラウド・データ管理プラットフォームを利用してデータセキュリティをアップグレードすることになるでしょう。彼らのビジネスのコア・コンピテンシーは、安全なインフラストラクチャの提供を中心としているため、このカテゴリーの予算はより重視されています。
  • クラウドデータに簡単にアクセスでき、従業員のリモートワークをサポート: 多くの企業は、新たに遠隔地にいる従業員がデータリソースを利用できるようにしようと躍起になっていますが、クラウド・データマネジメントプラットフォームはこのプロセスを合理化します。クラウド・データマネジメントプラットフォームは、いつでもどこからでもアクセスできるように設計されているため、リモート・ユーザーのユースケースは想定されており、推奨されています。
  • 企業全体の一貫性の醸成と、コンプライアンスの向上: データが一元管理されたプラットフォームを経由すると、サイロを削減するだけでなく、コンプライアンスの維持に役立つ基準を導入することができます。2つのクラウドストレージサービスを相互に通信させることに苦労しなくて済むため、コラボレーションがはるかに容易になります。
  • ディザスタリカバリをベンダーにアウトソーシング:定期的なバックアップや復旧プロセスなどの一般的なディザスタリカバリ機能は、プラットフォームに組み込まれており、ベンダーが処理します。それらの機能は自動化されたプロセスを通して行われるため、通常状態への復旧にかかる時間を短縮することができます。
  • インクリメンタルで継続的なアップデート: アップデート後にクラウドデータマネジメントプラットフォームを再導入する必要はありません。多くの場合、更新はバックグラウンドで中断することなく行われます。システムを更新するためにユーザー側で何かをする必要はなく、多くのプラットフォームでは、今後何年にもわたって新しいアップデートがリリースされます。これらの更新は、新しいデータソースやテクノロジーが出てきた場合、別のプラットフォームに移動する必要がないことを意味します。
  • 専門的な技術サポート:ベンダーの技術サポートチームは、データ管理プラットフォームと同社が開発したその他のソリューションにのみ焦点を当てています。彼らは、プラットフォームと複雑なクラウドエコシステムの中で問題を解決する方法についての深い専門知識を持っています。困難な作業になりがちな社内チームのために、自前で多くのクラウドコンピューティングの専門家を調達する必要はありません。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 14 days. No credit card required.

クラウドデータマネジメント戦略がなぜ必要か?

クラウドデータマネジメントプラットフォームの調達は、この旅の最初の一歩ではありません。企業のクラウドエコシステムに最適な技術を導入し、選択したシステムを最大限に活用するためには、しっかりとした戦略が必要です。

すでにデータマネジメント戦略を持っている場合は、それをクラウド環境に適応させることができます。このような状況で対処する必要がある最も一般的な変更点は、リモートユーザーアクセス、異なるデータ・タイプに必要なセキュリティ・レベル、規制要件、データの標準化などです。

クラウドデータマネジメント戦略をゼロから構築する場合、最も重要な質問には以下のようなものがあります。

  • 企業のビジネス目標は何ですか?
  • これらの目標をサポートするために、どのようなデータを管理する必要がありますか?
  • どのようなタイプのデータを使用していますか?
  • どのようなデータソースを使用していますか?
  • 今後、どのようなデータソースを使用する予定ですか?
  • データに対する規制コンプライアンス要件をどのように満たしますか?
  • 誰がこのデータにアクセスする必要がありますか?
  • このデータを保護するためには、どのようなサイバーセキュリティ対策が必要ですか?
  • どのような災害復旧オプションがありますか?
  • どのようにデータを収集していますか?
  • データをどのように分析しますか?
  • データをどのように変換しますか?
  • データをどのようにクリーンアップしますか?
  • どのようなデータプライバシー対策が必要ですか?
  • データマネジメントの透明性をどう実現しますか?

クラウド・データ管理戦略を確立すると、これらの要件をすべて満たすことができるように、ソリューションをより適切に評価することができます。組織の求めるデータ・エコシステムに適していないプラットフォームや、ビジネス目標を達成するための重要な機能を提供できないプラットフォームから、コストのかかるリソースの浪費を避けることができます。

クラウドでのデータマネジメントにおける選択肢

クラウドデータマネジメントプラットフォームには、大きく分けて以下の3つのカテゴリーがあります。

Extract Transform Load (ETL) 

XplentyのようなETLソリューションは、アプリケーション間のデータ移動に関連する多くのプロセスを自動化します。このカテゴリの製品は、データ統合と変換の管理に重点を置いているため、効率的なデータリポジトリを構築することができます。

ETLソリューションを通じて、大量のデータ統合と管理の要件を迅速に処理することができます。ノーコードのETLソリューションでは、多くのエンドユーザーが必要なデータへのアクセスを得るために必要なデータパイプラインを設定することができます。これらのユーザーのために、各リクエストを処理したり、パイプラインを設定したりするデータ統合の専門家は必要ありません。

ETLクラウドデータマネジメントプラットフォームの最大のメリットは、企業がスケールアップするための優れた方法を提供してくれることです。組織の目標をサポートするために、データを効果的に管理、変換、解釈、分析することができます。ETLプラットフォームは、特に営業、マーケティング、開発、カスタマーサポートのアナリティクスなど、あらゆる分野に幅広く利用することができます。

Integration Platform as a Service (IPaaS) 

IPaaSソリューションは、データ統合だけに焦点を当てるのではなく、企業のアプリケーションを様々な方法でリアルタイムに接続する方法を提供します。組織内で一般的に使用されているアプリケーションを接続するプロセスを合理化し、オンプレミスのアプリケーションが互いに通信したり、クラウドベースのアプリケーションと通信したりするのを支援します。

IPaaSソリューションには様々な形態や複雑さがあり、接続できるリソースを決定する独自の統合ライブラリがあります。結局のところ、扱うデータ量は全体的に少なくなります。IPaaSソリューションでは、ローコードまたはノーコードのオプションはかなり限られているため、データ統合の専門家が必要となります。

カスタム開発

専門性の高いクラウドデータマネジメントのニーズを持つ大企業や組織では、完全にカスタム化されたソリューションを検討することもあります。このアプローチのメリットは、完全に独自の専用プラットフォームを持つことですが、多くのデメリットもあります。カスタム開発の最大の問題は、必要なコストとリソースです。複雑なソフトウェアの開発に資金が必要なだけでなく、それを作成してサポートするための十分な専門家が必要です。

こういったプロジェクトに多くの労力を投入してしまい、本質的に他のクラウドデータマネジメントプロバイダーですでに提供されているソリューションを自前で再開発することになってしまうかもしれません。また、利用しているクラウドストレージサービスのAPIにも制限があり、カスタムソリューションではやりたいことができない場合があります。多くの組織では(たとえ大規模な組織であっても)、すでに確立されたクラウドデータマネジメントプラットフォームを利用した方が単純に理にかなっています。

クラウドデータマネジメント 使用例

クラウドストレージサービスで大量のデータを扱う場合、マネジメントプラットフォームとしてはETLソリューションの方が適しています。IPaaSは組織の他の部分でも活用できますが、代わりに専門性の高いデータ統合ツールを使用することで、多くの強力なユースケースが開けます。ここでは、組織のさまざまな部分でクラウドデータマネジメントプラットフォームとしてETLを使用する例をいくつか紹介します。

マーケティング

該当するすべてのソースからのデータを統合することで、マーケティングキャンペーンの完全な可視化を得ることができます。クラウドデータを活用することで、オーディエンスが自社の取り組みをどの程度受け止めているか、他のキャンペーンと比較して改善しているかどうか、どのソースが最もエンゲージメントを生み出しているか、データの正確性を維持しているかどうかをよりよく理解することができます。

必要なデータを探し回る時間を無駄にしないため、より頻繁な更新が可能になります。予想をはるかに上回る成果を上げているキャンペーンがあれば、その場でそのキャンペーンに多くのリソースを割り当てることができます。同様に、戦術がうまくいっていない場合は、予算を食い荒らす前に問題をトラブルシューティングすることができます。この統合により、データを充実させ、顧客をセグメント化し、パーソナライズされたアウトリーチ活動を展開することができます。

営業

顧客のことを知れば知るほど、顧客への売り込みが上手になります。今日の消費者は、ビジネスを運営するブランドとの関連性が高く、パーソナライズされたインタラクションを求めています。ETLクラウドデータマネジメントツールを使用することで、最新の見込み客情報を入手し、セールスメトリクスを簡単にチェックし、新たな機会を見つけ、アップセルのチャンスを発見することができます。

あなたは、見込み客とのより良いコミュニケーションのために、カスタマージャーニーとあなたの販売ファネルのステージをトラックすることができます。適切なタイミングで適切なコンテンツを提供することで、見込み客を販売に近づけることができます。利用可能なすべてのデータから全体像を把握することができれば、見込み客のターゲティングと販売数の向上がはるかに容易になります。

カスタマーサポート

最近ではカスタマー・エクスペリエンスがすべてであり、カスタマー・サポートの取り組みは大きな成果を上げる必要があります。堅牢なクラウドデータマネジメントと統合により、品質に妥協することなく、このエクスペリエンスをスケールすることができます。カスタマー・サポート・スタッフは顧客の完全なプロフィールを把握しており、顧客の満足度を維持するために必要な支援を迅速に提供することができます。彼らは各ステップをパーソナライズし、ロイヤルティとリピート売上の向上を支援することができます。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 14 days. No credit card required.

クラウドデータマネジメントの選択肢として:Xplenty

クラウドデータ管理を迅速に開始できるノーコードのETLソリューションを手に入れましょう。オンラインデモと 14日間のトライアルを利用して、当社のプラットフォームの可能性を確認してください。