今日のインターネット技術の世界では、様々な情報に瞬時にアクセスする必要性があり、企業は様々なソースから、様々なフォーマットで、これまでにない量のデータを常に受け取っています。この大量のデータを整理してパターンや実用的なインサイトを見つけることは、ほぼ不可能です。そこで、抽出、変換、ロード(ETL)のプロセス、特にクラウドETLツールが非常に重要になってきます。

Table of Contents:

  1. クラウドETLプロセス
  2. クラウドETLのメリット
  3. ベストなクラウドETLツール

クラウドETLプロセス

クラウドETLツールは、膨大な量のデータを迅速かつ正確に処理するために世界中で使用されている標準的なツールです。ETLプロセスには3つの機能があります。

1) Extract

最初の段階は、データの抽出です。このプロセスでは、データベース、セキュリティアプライアンス、ネットワークアプライアンス、セキュリティハードウェアなど、さまざまなソースからデータを取得します。この膨大な量のデータは、デジタル・ネットワークを電光石火のようなスピードで流れてきて、速やかに収集されます。

2) Transform

ETLプロセスの変換段階では、統合された情報の流れは、企業が使用できるデータに変換されます。同時に、データは浄化され、無駄なデータや重複したデータを排除することで量が削減されます。この重要なデータは、必要に応じて使用または分析できるように標準化され、フォーマット化されます。また、次のステップに進む前に、データはソートされ、検証されます。

3) Load

ETLプロセスの最後のフェーズは、ロードと呼ばれています。このステップでは、データを必要な場所に転送します。これには、分析ツール、クラウドベースのデータベース、コールドネットワークデータベース、または企業が必要と判断した他の様々なアプリケーションが含まれます。

ETLの概念自体は、実はそれほど新しいものではありません。何年も前からあるものです。しかし、すべてのものがそうであるように、それは進化し、成長してきました。今では、ETLはデータを使用可能なビジネスインテリジェンスに変えるだけでなく、より包括的なクラウドテクノロジーへの道を切り開いてくれます。

効率化されたETLツールは、クラウドETLプロセス全体に不可欠です。ETLプロセスをマニュアルでコーディングすることを好む企業が依然ありますが、これは一般的に、大幅な非効率性と途方もないフラストレーションにつながります。さらに、時間とお金などの貴重なリソースに過度の負担がかかります。

言われているとおり、マニュアルETLにも、いくつかの利点があります。手動でデータの抽出、変換、およびロードを制御することで、企業はソリューションを完全にカスタマイズすることができます。しかし、これは通常、収集した情報を維持したり、スケーリングしたりすることが困難になります、つまり、はるかに信頼性の高いETLツールを使用した場合の利点と比較すると、手動システムのデメリットが上回ってしまうことを意味しています。

クラウドETLのメリット

ETLプロセスをクラウドで実行することは、多くのメリットがあります。

1) スケーラビリティ

明らかに、マニュアルでコーディングしたり、ETLプロセスを管理したりすることは、短期的にはいくつかのメリットがありますが、時間の経過とともに、膨大な量のデータとソースに加えて、豊富な複雑さが増していきます。リソースが増加すると、スケーリングと管理のプロセスは非常に困難になります。クラウドETLツールは、拡大するニーズすべてを満たすようにスケーリングするため、これらの困難を取り除いてくれます。

2) シンプルさ

クラウドETLツールは、すべてを1つの簡単にアクセスできる場所に保持します。プロセスの一部をオンサイトで、他の部分を別の遠隔地で、残りの部分をクラウドに置くと、統合を管理していく上で悪夢のような結果になります。ETLツールは、プロセス全体を1つの場所で管理することができ、余分なタスクの必要性を減らすことができます。

3) リアルタイム

通常の業務を中断することなく、マニュアルでリアルタイムETLプロセスを組み込むことは非常に困難です。ETLツールがこれを処理し、ボタンを押すだけで組織全体のソースからリアルタイムのデータを提供することで、プロセス全体がはるかに簡単になります。

4) メンテナンス

マニュアルのシステムでは、開発チームは常にエラーの修正やバグの修正を行っています。クラウドETLツールは、すべてのメンテナンスを自動的に処理します。すべてのパッチやアップデートはシームレスかつ自動的に適用され、高度なETLテストツールは、すべてのデータが完全で正確であり、完全性を維持していることを保証します。

5) コンプライアンス

データの収集、保存、使用は、以前のように自由に行えるものではありません。GDPRやHIPAAのような複雑な法律や規制は、曖昧なラインの中に留まることを非常に困難にします。クラウドETLツールは、常にコンプライアンスを担保してくれます。

次の章では、あなたのビジネスに最適なソリューションを見つけるのに役立つ最高のETLツールに関する比較を行います。

ベストなクラウドETLツール

クラウドETLツールは、合理化されたデータ処理、統合、リアルタイムでのスケーラビリティを提供します。多くのクラウドETLの選択肢がありますが、ここではトップ3をご紹介します。

1) Xplenty

Xplentyは、様々なソースおよびデスティネーションを横断したデータの自動フローのためのシンプルで視覚的なデータパイプラインを提供するクラウドETLソリューションです。強力なリアルタイム変換ツールにより、顧客はベストプラクティスの法規制に準拠しながら、すべての企業データをクリーンにし、安定化させ、変換することができます。

Xplentyは、カスタムAPIをコーディングなしでETLデータに変換する機能を持っています。これは多くの企業にとって、特に会社があまりポピュラーではないAPIに接続する必要がある場合に、多くの企業が求めているソリューションです。Xplentyは、これができる数少ないノーコードアプリケーションの一つです。また、非常に柔軟性が高く、このタスクを実行するための優れたユーザーインターフェースを提供します。

2) Fivetran

Fivetranは、データパイプライン、設定、メンテナンスを必要とせずに、すべてのビジネスデータを迅速かつ効率的に複製し、データウェアハウスに転送します。コーディングの必要がなく、望むデータに簡単に接続することができます。

利点:セットアップは迅速かつ簡単です。すべてのデータを自身で保存できるため、ソースアプリケーションが閉じていても、情報へのアクセスを失うリスクはありません。アナリティクスはリアルタイムで常に最新の状態になっています。カスタマーサポートチームも優れています。

欠点:詳細なログや進捗状況のレポートが取得できない。進捗状況を監視することしかできません。

3) Blendo

Blendoは、コーディングやメンテナンスを必要とせず、複雑なETLスクリプトを使わずに、すべての企業データを迅速かつ効率的に統合する機能を提供します。このシステムは非技術者を念頭に置いて設計されており、ユーザーはクラウド上のあらゆるサービスからデータを収集し、データウェアハウスにデータをロードし、必要に応じてデータを最適化してソートすることができます。データをどのくらいの頻度でソースから引っ張ってくるかを決め、利用状況を監視します。

利点:スピーディで簡単なセットアップ。カスタマーサポートが充実している。Xeroの会計ソフトウェアからのデータ統合のの良い選択肢。

欠点:15分ごとに自動更新のため、最初のステップであるインポートの進捗状況が表示されない。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 7 days. No credit card required.

XplentyのクラウドETLツールがどのようにあなたのビジネスのニーズと目的に役立つかをもっと知りたい場合bは、 以下のリンクよりオンライン相談にお申し込みください。

Xplentyのオンライン相談に登録して、無料トライアルでプラットフォームを試してみよう!

Xplentyの機能概要や実際の操作感を見てみたい方は、定期的に開催している製品紹介セミナーがおすすめです。

Xplentyのオンラインセミナーに申し込む。