クラウド統合のメリットはよく知られるところですが、それに伴う課題についてはどうでしょうか?

現在のダイナミックで絶え間なく進化するビジネス環境では、IT リーダーはクラウドテクノロジーの利便性、パフォーマンス、コスト効率の高さから、クラウドを採用することを選択しています。しかし、クラウドサービスの柔軟性と拡張性は、導入や導入時に直面するであろう課題と照らし合わせて考える必要があります。

明るいニュースとしては、クラウドに移行する際に、これらの課題は決して解決できないものではないということです。以下では、最も重要なクラウド統合における7つの課題と、それに対処し、克服するために必要な手順について解説します。

クラウド統合における一般的な課題 Top7

1. セキュリティ

かつては珍しい概念だったクラウドコンピューティングは、今では本格的なベストプラクティスとなっています。クラウドコンピューティングの革命は、あらゆる規模や業界の企業にとって、セキュリティの大幅な改善なしには起こりえませんでした。2019年の調査によると、3分の2の企業が、クラウド・アプリはオンプレミスのアプリと同等かそれ以上のセキュリティを備えていると考えています。

しかし、これは企業が常にクラウドセキュリティのベストプラクティスに従っていることを意味するものではありません。同じ調査では、クラウドのデータ損失防止のためのソリューションを採用している企業はわずか20%にすぎないことがわかりました。また、ITセキュリティ専門家を対象とした2019年の別の調査では、84%の企業が、クラウドサービスをまたぐセキュリティ構成を維持するのが「非常に難しい」または「やや難しい」と感じていることがわかりました。

ソリューション:クラウドはオンプレミスよりも安全性が高いとされていますが、企業はクラウドのリスクとコンプライアンスを管理するための予防策を講じる必要があります。堅牢なクラウドセキュリティソリューションには、ユーザー認証や権限設定、データの暗号化、データのバックアップやリカバリなどの機能が必要です。業種によっては、企業がデータセキュリティのベストプラクティスを満たすことを保証するHIPAASOC 2などの規格に準拠したXplentyのようなツールを選択する必要があるかもしれません。

2. ネットワーク遅延

クラウド環境がオンプレミスよりも好まれる理由は、その拡張性にあります。しかし、ネットワーク・レイテンシが高すぎると、クラウド環境をスケーリングしても効果は限定的で、実行するデータ統合ワークロードには大きな制限がかかってしまいます。

ハイブリッド・クラウドでは、ローカル・エリア・ネットワーク(LAN)の代わりに広域ネットワーク(WAN)を利用します。しかし、リモート・データベース接続で圧縮されていない小さなデータ・パケットを送信しすぎると、WANが詰まってしまい、ネットワークに過剰な負荷がかかってしまう可能性があります。

ソリューション:ネットワーク遅延の課題を解決するのに、企業には複数の選択肢があります。第一に、限られたネットワーク・リソースの中で効率的に動作するようにクラウド・データ統合アーキテクチャを設計することで、待ち時間の課題のほとんどを回避することができます。第二に、ソフトウェア「エージェント」、もしくはデータベース・サーバにインストールされた小さなアプリケーションを使用して、送信前にデータを圧縮し、通信回数を制限することで、ネットワークへの負担を軽減することができます。

3. 適切なアーキテクチャを選択する

クラウド環境に適したアーキテクチャの選択は不可欠です。ほとんどの企業では、3つのオプションから選択することができます。

  • Amazon Web ServicesやMicrosoft Azureなどのサードパーティ製のクラウド・プロバイダーが提供するパブリック・クラウド
  • 1つの企業だけが利用するプライベート・クラウド
  • パブリック・クラウドとプライベート・クラウドの両方の側面を組み合わせたハイブリッド・クラウド

さらに、多くの企業は、複数のクラウドベンダー(例:クラウドコンピューティング、ストレージ、ソフトウェアの異なるベンダー)のサービスを利用する「マルチクラウド」戦略を追求しています。パブリック、プライベート、ハイブリッド、マルチクラウドのすべてが組み合わさって、あらゆる可能性を提供しています。

ソリューション: 2 つ以上のクラウドソリューションを使用する場合、異なるプロバイダー間でデータやサービスをシームレスに結合し、単一の首尾一貫したクラウドエコシステムを形成する必要があります。また、独自のソリューションを構築する必要があるかどうかも含めて、クラウド・アーキテクチャの選択に必要なAPIや統合機能について理解しておく必要があります。

Xplentyのようなツールは、パブリッククラウドとプライベートクラウドの両方で動作し、100以上の事前に構築された統合機能を備えているので、異なるクラウドオプションを簡単に組み合わせることができます。

4. データガバナンスの問題

クラウド統合では、大量のデータをやり取りしています。ITのプロトコルや手続きを遵守しつつ、データの品質を高く保つにはどうすればよいのでしょうか。 "データガバナンス"とは、組織のデータの高い可用性、完全性、ユーザビリティを確保するためのデータ管理ポリシーのことです。

残念ながら、クラウドへの移行に伴い、多くの組織がデータガバナンスのための堅実な計画を実行に移すのに失敗しています。異なるシステム間で新たな統合が行われるたびに、新たな問題や障害点が発生する可能性があります。さらに、クラウド環境の規模が大きくなるにつれて、これらの統合ポイントを手動で監視することはますます不可能になってきています。

ソリューション:クラウドへの移行を提案する場合は、データガバナンスのための強固な計画を伴う必要があります。例えば、多くの組織のデータガバナンス戦略では、統合の潜在的な問題を検出するための自動化がますます重要になっています。各レコードには、その資産の品質に責任を持つ「データ所有者」を割り当てる必要があります。また、どのタイプのデータを統合または結合するか、また、その後のセキュリティと完全性をどのように確保するかについてのポリシーを明確に定義する必要があります。

5. クラウド統合のアンチパターン

ソフトウェア開発において、「アンチパターン」とは、一般的な問題に対する解決策のことで、通常は効果がなく、むしろ逆効果になることが多いとされています。クラウド統合でも、パフォーマンスやデータ品質に悪影響を与えるアンチパターンに悩まされています。

オラクルによると、最も頻繁に発生するクラウド統合のアンチパターンは次のようなものです。

  • 実行時間が長すぎるジョブのスケジューリングにより、必要なリソースを他のジョブに奪われてしまう。
  • 開発者がアプリケーションへの接続を独自に作成して時間を浪費し、結果として統合の管理を指数関数的に困難にしている。
  • メモリ内で非常に大きなファイルを読み込んでしまう。
  • ビジネス要件の変化に応じて、統合やワークフローを調整することができない。

ソリューション:上記のアンチパターンのそれぞれについて、以下のクラウド統合のベストプラクティスがあります。

  • 1つのジョブが処理できるファイル数、または実行可能な最大時間を制限する。
  • 重複接続を特定して排除するために「データ管理者」を任命する。
  • メモリ内のファイルを可能な限り完全に読み込むのではなく、セグメント単位でファイルを読み込む。
  • 既存の統合とワークフローを定期的に見直し、必要に応じて調整し、不要なものを統合または削除する。

6. オンプレミスの統合

正しいクラウド・アーキテクチャの選択(上記参照)に加えて、クラウドとオンプレミスのバランスを適切に選択する必要があります。クラウドを全面的に導入したいと考えている企業であっても、レガシーシステムの一部をオンプレミスに残す必要がある場合があります。

もし、データやワークロードの一部をオンプレミスに残すことにした場合、クラウドとオンプレミスの環境をシームレスに接続するにはどうすればよいのでしょうか。

ソリューション: 様々なクラウドアーキテクチャの問題と同様に、クラウドとオンプレミス間の統合という課題は、プロジェクトが始まる前に十分に対処しておく必要があります。パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスのインフラストラクチャに対して接続可能なXplentyのようなクラウド統合ソリューションを選択してください。従業員が2つの環境間をスムーズに行き来できるように、ユーザー認証とアクセスのための安全で十分に構築されたソリューションがあることを確認してください。

7. カスタムとプレビルドソリューションのどちらを選択するか?

84% の企業がマルチクラウド戦略を採用しており、問題はクラウド統合の課題について考えないといけないかどうかではなく、課題に対処するためにどのようなソリューションを使用すべきかということです。

手元にある2つの基本的なオプションは、カスタムビルドとプレビルドのクラウド・データ統合です。しかし、どちらか一方を選択する必要はありません。1つのクラウド環境内で異なる統合を行うために、両方を利用することもあるでしょう。

ソリューション:クラウド統合ソリューションには、カスタムビルドとプレビルドの両方の長所と短所があります。カスタムビルドの統合は時間とコストがかかりますが、非常にユニークなユースケースでは必要な場合もあります。一方、すでに構築済みのソリューションは非常に便利で費用対効果に優れていますが、実行する必要のあるすべての統合に対応できるとは限りません。どこにそれを導入するかを決める前に、両方のオプションの利点と機能を理解しておいて下さい。

まとめ

25 パーセントの企業が、新しいアプリケーションを IT 環境に統合するのに苦労していると答えており、このようなクラウド統合の課題により、多くの企業が年間 50 万ドルのコストを負担しています。幸いなことに、あなたがその一員になる必要はありません。

これまで述べた7つのクラウド統合の課題は重たい課題ですが、決して克服できないものではありません。

  1. クラウド内のデータは、暗号化、バックアップ、ユーザー認証で保護する必要があります。
  2. ネットワークの遅延の問題は、データを圧縮し、より効率的なアーキテクチャを構築することで解決できます。
  3. APIと統合機能は、複数のクラウド・プロバイダー間のシームレスな移行を支援します。
  4. データガバナンス戦略は、クラウドとオンプレミスの両方にデータ資産を組み込む必要があります。
  5. クラウド統合のアンチパターンを回避することで、パフォーマンスとデータ品質を向上させることができます。
  6. クラウドとオンプレミスのシステムを密接に統合する必要があります。
  7. カスタムであってもプレビルドであっても、適切なクラウド統合ソリューションを選択することが非常に重要です。

私たちが推奨するソリューションとベストプラクティスに従うことで、クラウド統合プロジェクトを成功させる可能性が高くなります。

クラウド統合を成功させるもう一つの方法は、Xplentyのような強力で機能豊富なクラウドデータ統合プラットフォームを採用することです。Xplentyは、データベースとSaaSアプリケーション間のデータパイプラインを構築するための100以上の事前に用意された統合機能を含む完全なツールキットを提供しています。

喫緊の課題であるクラウド統合の解決にXplentyがどのように役立つかについて詳しく知りたい方は、是非オンライン相談をお申し込みいただければと思います。

Xplentyのオンライン相談に登録して、無料トライアルでプラットフォームを試してみよう!

また、単にXplentyの機能概要や実際の操作感を見てみたい方は、定期的な製品紹介セミナーがおすすめです。

Xplentyのオンラインセミナーに申し込む。