サマリー

項目

説明

CloudFactoryについて

CloudFactoryは、人とテクノロジーを組み合わせて、機械学習データのエンリッチメントのためのクラウドワークフォースソリューションを提供するグローバルリーダーです。

業界/会社規模

  • Technology outsourcing
  • 130人以上の正社員と3,000人以上のパートタイム

課題

  • 労働力の生産性を最大化する。ただし、ばらばらに散らばっている重要なパフォーマンスデータを集約して分析するのに苦労している。
  • API、CSV抽出、クエリ言語、SaaSアプリケーションなど、さまざまなクライアントやサービスからデータをまとめて取得できるETLプラットフォームを探し出す
  • パフォーマンスデータの精度と信頼性を向上させることでアナリストはこれまで以上に豊かで生産性を高めるインサイトを引き出すことができる。
  • クライアントデータのパイプラインを自動化し、チームリーダーやアナリストの時間を奪っている退屈な手動プロセスを取り除く。

ソリューション

  • Xplentyをデータ統合プラットフォームとして導入することで、CloudFactoryは社内外の複数のソースからパフォーマンスデータを収集・変換し、チーム全体の生産性とアウトプットを向上させることを実現。
  • Xplentyの独自のREST APIコネクタと変換レイヤーにより、CloudFactoryは、エンジニアが自身でコネクタをプログラミングする負担がなく、自動化されたデータフローを構築し、複数のデータソースを集約することが可能。

結果

  • Xplentyは信頼性の高いデータを提供し、チームリーダーやアナリストのプロセスを効率化しました。
  • データの品質が向上し、バックエンドでのデータの可視化と活用が非常に簡単になったため、アナリストはチームのパフォーマンスに関するより豊かなインサイトを引き出し、より良いキャパシティ・プランニングを行うことができました。その結果、クライアントの利益はさらに大きくなりました。
  • Xplentyでどこからでもデータをソースとして取り込み、複雑な変換を行い、簡単にターゲットにロードすることができました。XplentyはCloudFactoryが必要とする条件を全て満たしていました。

事例

一般的な高成長企業と同様に、CloudFactoryは従業員の生産性と仕事の質を最大化することを決めました。そのためには、彼らのクライアントからの外部データを引き出すだけでなく、従業員がどれだけ迅速かつ効果的に仕事をしているかを示す内部データを統合する必要がありました。

現状では、必要なデータは異なるソースに分散しており、正確に統合して分析するには手作業でのタスクが必要でした。信頼性の高いデータを収集し、キャパシティプランニングとチームのパフォーマンスを向上させ、すべてのクライアントに最大の価値を提供し続けるための豊富なインサイトを引き出す方法を切実に必要としていました。

様々なタイプのパフォーマンスデータを統合し、顧客プロジェクトのデリバリーを強化

CloudFactoryは、信頼性の高いパフォーマンスデータを確保することが、優れたビジネスを運営するための生命線の一部であることを知っていました。しかし、Xplentyを導入する前までは、それは日常的な課題でした。

収集しなければならないデータが、社内外の複数のソースやサイロに分散していました。

社内では、従業員のスループットと品質に関する重要なデータを収集するために、手動での作業とありふれたプロセスに依存していました。まず、作業員自身がタスクに費やした時間などのデータをGoogleシートに記録し、チームのリーダーがUIを通じて手動でアップロードする前に、CSVファイルとして保存していました。当然のことながら、これはデータがヒューマンエラーのリスクにさらされていることを意味しましています。

チームリーダーやアナリストたちは、データの検証、データフィールドのチェック、正確性のダブルチェックに何時間もかけなければなりませんでした。

クライアント側からのパフォーマンスの全体像を明らかにすることは、さらに困難な作業でした。API、CSV抽出、GraphQLなど、CloudFactoryにデータを提供するために様々なサービスを使用している様々なクライアントが存在するため、データを収集し、変換し、CloudFactoryのデータウェアハウスにロードするために膨大なエンジニアリング時間が必要でした。そして、他のデータと組み合わせて初めてインサイトを導き出すことができるのです。

また、データがソースからデータベースに移っても、その信頼性には不確実性の要素が残っており、正確で有意義な分析を行うことができませんでした。

CloudFactoryは、パイプラインを自動化し、データ収集を簡素化できるETLソリューションを切実に必要としていました。それは、より優れたパフォーマンス分析を可能にするデータ品質を提供し、より多くの社員を付加価値の高いタスクに集中させることができ、最終的にはクライアントの成果を向上させ、継続的な成長を促進することができるものでした。

ツールチェストを見てみると、ETLを目的としたツールは何もありませんでした。私たちは、パフォーマンスデータを取得するために手動プロセスに頼っていましたが、それは明らかに正確ではありませんでした。

BILL HEFFELFINGER, PMP
HEAD OF CLIENT TECHNOLOGY SOLUTIONS, CLOUDFACTORY

なぜXplentyを選んだのか?

Billはいくつかの選択肢を評価し、すぐに彼のビジネスに最適なETLプラットフォームはXplentyしかないと判断しました。

それは、競合他社と比べて優れたものでした。なぜなら、CloudFactoryがデータを集約するために必要とするアプリやサービスの広大なエコシステムのために既に用意されたコネクタをXplentyが持っていたからです。

Xplentyのハンズオンでのステップバイステップのサポートを通して、統合が迅速かつシームレスであることを確認できました。最初に、BillはXplentyのセールスエンジニアと協力して、製品で彼が必要とする複雑な統合、変換、機能をすべて提供できることを確認しました。

契約後は、Xplentyの専任のサクセスエンジニアがBillにトレーニングを提供し、Billと彼のチームと協力してデータフローを作成し、必要な基準をすべて満たしていることを確認するためにテストを行いました。

カスタマーサポートとXplentyのシンプルで使いやすいインターフェースの組み合わせにより、Billはわずか数日で何も自動化されていなかったところからクライアントデータパイプラインを動かすETLツールを持つことができました。

Xplentyの行き届いたサポートは、契約してからも長く続きました。Billがインクリメンタルロードの問題など技術的な質問をした時、Xplentyはすぐに対応し、24時間以内に解決策を提供してくれました。

CloudFactoryがXplentyを使い始めたところ、多くの歓迎すべきことがありました。XplentyのREST APIコネクタを活用して、複数のクライアントと追加のサードパーティREST APIからシームレスにデータを引き出すことができました。これらのコネクター機能により、CloudFactoryのアナリストが独自のコネクターをプログラムする必要がなくなりました。

Xplentyの変換レイヤーによって、CloudFactoryはボタンをクリックするだけで、単純な結合からより複雑なフィルタまで、あらゆる種類のデータ変換を行うことができました。変換先側では、変換されたデータをすべてSnowflakeデータウェアハウスに確実にロードすることができました。

CloudFactoryは、すぐに自動化されたデータフローと複数のデータソースを確実に集約することができました。Xplentyのコネクタと変換機能がなければ、どれもシンプルで再利用可能なものにはならなかったでしょう。

これまでのところ、8つの大口顧客をXplentyを使った自動パイプラインに移行させています。その中で、28の異なる外部データをシームレスに統合しています。

パフォーマンスデータが共通のターゲットに統合されたことで、アナリストや意思決定者は、タイムリーに価値のあるインサイトを得ることができます。より効率的に人員配置を計画し、優れたスループットと品質の高いアウトプットの魔法のような組み合わせを持つ従業員を特定し、チーム全体のベストプラクティスを推進するためにそれを使用することができます。

私たちを担当してくれたサクセスエンジニアは、一緒に仕事をしていく上で素晴らしいものでした。また、Xplentyのサポートウィジェットも活用していますが、このウィジェットには、本当に賢くてエネルギッシュなチームメンバーがいます。

データ品質の向上、時間の短縮、生産性の向上を実現

CloudFactoryが新しく手にしたデータを自動的に抽出し、変換し、ロードする信頼性の高いパイプラインを作成するため機能により、CloudFactoryは、手動でデータを検証したり追跡したりする貴重な時間を無駄にしなくて済みます。

これによりチームリーダーやアナリストの仕事量が毎週何時間も削減され、貴重な時間を成長にフォーカスした優先事項に投資することができるようになったことをBillは知っています。

データの品質が向上し、バックエンドでの可視化と活用が非常に容易になったことで、アナリストはチームのパフォーマンスに関するより豊かで価値ある洞察を得ることができ、キャパシティ・プランニングの改善とチーム全体の品質向上を実現しています。その結果、クライアントのプロジェクトは以前よりも早く、良い形でデリバリーされ、クライアントの収益はさらに向上します。

Xplentyによりどこからでもデータソースとして取り込み、複雑な変換を提供し、データを簡単にターゲットにロードすることができました。このプラットフォームはCloudFactoryが必要とする条件を全て満たしています。

さらに、BillはXplentyから得られるサポートの「素晴らしい」レベルについて非常に高く評価しています。担当のサクセスエンジニアは、彼のチームの一部のように感じており、これまでの手動によるフラストレーションをXplentyで自動化された安心感に変えてくれたことに感激しています。

Xplentyの自動化されたデータパイプラインを採用したチームは、もはや手動でデータを取得して追跡する時間を無駄にする必要はありません。これは素晴らしいことです。 Xplentyは、最新のコネクターを備えた最先端のツールであり、非常に柔軟性が高く、拡張性があり、使いやすい製品です。

Xplentyについてより詳しく知りたいと言う方は、ぜひ以下のリンクより、デモを予約ください。

Xplentyのデモ紹介に登録して、無料でプラットフォームを試してみよう!