FivetranとXplentyは、異なるソースからデータを取得し、最も一般的なデータウェアハウスやデータベースシステムに送信するクラウドベースのデータ統合プラットフォームです。FivetranとXplentyはどちらも、ビジュアルの良いポイントアンドクリックのインターフェースと、事前に構築されたコネクターの豊富なラインナップを特徴としています。しかし、これらのプラットフォームの間には大きな違いがあります。

ここでは、最も重要な3つの違いをご紹介します。

  • ELT vs. ETL: Fivetranは、デスティネーションに情報をロードした後にデータ変換を行うELTプラットフォームです。一方、Xplentyは、ロード前またはロード後にデータ変換を実行するETLおよびELTプラットフォームです。
  • 消費ベースの価格設定と定額制の価格設定:Fivetranは、データ消費量に応じて課金する消費ベースの価格設定モデルを採用しています。Xplentyは接続ごとに課金される定額制の価格設定モデルを採用しているため、データ量に関係なく毎月の費用が一定で予測可能です。
  • スキルレベル要件:Fivetranは抽出/ロード操作が簡単ですが、データ変換の設定にはSQLの知識が必要です。Xplentyでは、コーディングスキルのないユーザーでも自動化された変換処理を開発することができ、会社全体(マーケティング、ビジネスアナリスト、開発者)でプラットフォームを利用することができます。また、Xplentyは、よりきめ細かい変換操作のためのネイティブスクリプト言語とSQLエディタも提供しています。

今回の詳細な比較を通して、FivetranとXplentyの先述した違いやその他の違いを理解し、どちらの統合プラットフォームがあなたのニーズに最も適しているかを判断いただければ幸いです。

このガイドをナビゲートするには、以下のリンクを使用してください。

FivetranとXplentyの概要

それではFivetranとXplentyについて概要から見ていきましょう。

Fivetran

fivetran logo.png

Fivetranは2014年にクラウドネイティブのデータ統合ソリューションとしてスタートし、一般的なデータソースとデスティネーション間の統合を容易にするための抽出/ロード機能を提供しました。2019年半ばには、Fivetranはデータ変換ツールを追加し、「EL」のみだったソリューションから本格的なELTプラットフォームへと昇格しました。Fivetranは、まだロード前のETL変換を実行することはできませんが、優秀なELTソリューションであることに変わりはありません。

「使いやすい」ELTプラットフォームとして、Fivetranは、ETLの経験があまりないユーザーでも、基本的な抽出/ロードプロセスを迅速かつ費用対効果の高い方法で設定することができます。しかし、Fivetranの変換機能を利用するためには、ユーザーはSQLコーディングのスキルを持っておく必要があります。

後ほど、さらに詳しく説明しますが、Fivetranは消費ベースの価格設定モデルを使用しています。また、データ変換を実行するために、デスティネーションデータウェアハウスの処理能力にも依存しています。こうしたことから、Fivetranは、シンプル、複雑ではないELTパイプラインを開発しようと考えている、少量のデータ需要を持つ企業に最適です。

Xplenty

Xplenty logo.png

Xplentyは、使いやすいノーコード、ポイントアンドクリックのユーザーインターフェースを備えたクラウドネイティブETLプラットフォームとして2011年に登場しました。Xplentyの使いやすさは、高度なETLプロセスを設定するための熟練した開発チームを必要としません。それと同時に、このプラットフォームは、エンタープライズグレードのETLソリューションのパワーと機能を犠牲にすることはありません。

Xplentyの豊富なコネクター、SalesforceからSalesforceへの双方向のデータ統合、ドラッグ&ドロップ変換ツール、そしてコネクターごとの定額制の価格構造は、非常に競争力のある価格でお客様の正確なデータ統合要件を満たすことができることを意味しています。同様の機能を持つETLプラットフォームとは異なり、Xplentyはデータエンジニアの雇用やホスティング費用、追加のコンピューティングパワーの購入などの追加費用を必要としません。

Fivetranが少量のデータ要件を持つ企業向けに設計されたのに対し、Xplentyは複雑なパイプライン内でのデータ変換を行いながら、様々なソースから大量のデータを連携する必要がある企業向けに構築されました。また、Xplentyは、広範なトレーニングの必要性、技術的なハードル、および同等のソリューションの補助的なコストをなくすために作られました。

この次は、FivetranXplentyの違いについて比較する際に最も重要な部分をさらに深く掘り下げてみましょう。

すでに用意されたコネクター/データ統合

FivetranXplentyは、似たような範囲で構築済みのコネクターを提供しています。違いは、一般的ではないソース/デスティネーションになると、Xplentyのサポートチームがいつでもあなたが接続を確立し、必要な変換処理を設計するのをサポートしてくれることです。

Fivetran: 100+ コネクター

Fivetranは、事実上あらゆるソース/デスティネーションに対応する100以上の既製の統合機能を提供しています。また、「Function connector」も含まれているので、開発者はカスタムデータコネクターをコーディングすることができます。これは、Fivetranの既製コネクターのリストにない独自のREST APIに接続したい場合に便利です。

Here’s a sample of Fivetran’s pre-built connectors:

Fivetranconnectors-min.gif

Xplenty: 100+ Connectors

Xplentyは、最も人気のあるデータウェアハウスシステムのすべてを含む、ソースとデスティネーションに対して100以上の事前に構築されたコネクターを提供しています。ネイティブのREST APIコネクターも提供しているので、一般的ではないソース/デスティネーションとの間でデータを統合することができます。

Here’s a sample of Xplenty’s pre-built connectors:

undefined

もしあなたが珍しいソース/デスティネーションに悩んでいるなら、Xplentyの統合スペシャリストチームはいつでもREST APIコネクターを使ったカスタム統合のデザインをお手伝いします。実際、Xplentyチームは、以前に作成されたカスタム接続のリストから、類似のソースと接続する必要がある場合には、それらを複製することができます。

Salesforce データインテグレーション

FivetranXplentySalesforceコネクターの違いは、Fivetranは一方通行のSalesforceコネクターを持ち、Xplentyは双方向のSalesforce-to-Salesforce統合を持っている点です。

Fivetran: 一方向 Salesforce コネクター

Fivetranの最も有名なコネクターの1つは、ネイティブのSalesforce統合です。この簡単に設定できる統合は、Salesforceアカウントから効率的にデータを抽出し、分析のためにデータウェアハウスにロードします。多くの使いやすいELTプラットフォームと同様に、FivetranSalesforce統合は「一方通行」であるため、Salesforceデータをパイプライン内で変換してSalesforceにロードし直すことはできません。

Xplenty: 双方向 Salesforce-to-Salesforce コネクター

Xplentyの最も人気のあるコネクターの一つが、Salesforce同士の双方向コネクターです。この機能は、Fivetranには含まれていませんが、Salesforceの情報を抽出し、Xplentyのデータエンジン内で変換し、Salesforceにロードし直すことができます。通常、SalesforceからSalesforceへの統合を実行できるのは、MuleSoftTalendのような大規模な企業で最も高価なデータ統合プラットフォームだけです。Xplentyは、これらのタスクをコストの一部として簡単に設定することができます。

価格体系

Fivetranは消費ベースの価格設定方法を採用しているのに対し、Xplentyは定額制のコネクターベースの価格設定方法を採用しています。

Fivetran: 消費量に応じた料金プラン

Fivetranは消費量に応じて課金するため、消費するデータ行数が多ければ多いほど、プラットフォームの利用コストは高くなります。これはデータの需要が少ない企業には適していますが、大量のデータを扱う領域に規模を拡大すると、Fivetranの消費ベースの高額な料金はすぐに非現実的になってしまいます。

また、消費ベースの価格設定は、予算編成の課題にもなります。データ消費量は月ごとの要件に応じて増減するため、データ統合コストが月ごと、年ごとにいくらになるのかを予測することは不可能です。

Xplenty: 固定料金, コネクター数での料金プラン

Fivetranとは違い、Xplentyはコネクターごとに月額定額料金を請求します。Xplentyは、データ量(またはデータ行数)に基づいて課金することはなく、また、インパイプライン変換を行う際の追加の処理能力にも課金しません。これは、大規模なデータセットや複雑な変換ワークフローを扱う際のコスト管理に役立ちます。

FivetranのようなELTソリューション(負荷後の変換を実行するためにデスティネーションの計算能力に依存する)と比較して、Xplentyは追加料金なしで処理能力を提供します。さらに、Xplentyの定額制の価格設定は、1ヶ月間の大量消費の後に法外な請求書を突きつけられることはありません。最後に、コネクターの数を変更しない限り、請求書は同じままなので、予算編成はより予測しやすいでしょう。

Click this link to try Xplenty’s no commitment 2-week trial program (no credit card required).

ETL vs ELT

FivetranELT専用のソリューションですが、Xplentyは必要に応じてELTプロセスも管理できるETLソリューションです。

Fivetran: ELT Only (パイプライン内でのデータ変換はサポートしない)

Fivetranは、複雑で大容量の変換を処理できる最新のデータウェアハウスが備える膨大な処理能力を活用しています。Fivetranは、独自のデータエンジンで変換を実行するのではなく、ロード後にSQLでコード化された変換を実行するのに、クラウドのデータウェアハウスを使用します。

ロード後の変換は、小さなデータセットを扱う場合には問題ありませんが、これらの変換を実行するために必要な処理能力にコストを支払う必要があることを覚えておくことが重要です。

Red Pill Analyticsによると

"FivetranSQLステートメントは、"プッシュダウン"テクニックを使って実行され、ターゲット・ウェアハウスにSQLを送信し、ターゲット・ウェアハウスが提供する処理能力を使ってSQLステートメントを処理できるようにしています。Fivetranは、顧客のクラウドデータウェアハウスへの投資を活用しています。"

Fivetranは、お客様のデータウェアハウスから処理能力を借りてくることでデータ変換を行います。本質的には、あなたのデータウェアハウスに負荷をかけています。そして、これこそがFivetranが低価格を提供できる唯一の方法です。彼らはデータウェアハウスの請求書を増加させることで、コストを転嫁します。これは、あなたが少量のデータ取り込みを扱っている場合は、問題ありません。しかし、データの需要が「ビッグデータ」の領域にまで拡大すると、Fivetranの消費ベースの価格設定とデータウェアハウスの処理コストは、手の届かないレベルにまで急上昇します。

Xplenty: ETLと ELT (パイプライン内でのデータ変換をサポート)

Xplentyは、データが転送先に転送されている間に、その強力なデータエンジン内でパイプライン内での(プリロード)変換を実行するETLプラットフォームです。プラットフォームはロード後の変換(ELT)も管理できますが、Xplentyの真のメリットは、追加コストなしで大容量変換のための処理をプラットフォームで行う場合に認識することができます。

Xplentyの定額制の価格設定により、追加の処理費用なしで、複雑なパイプライン内変換を実行することができます。それにより、プラットフォームは大規模データセットの統合を管理する場合、非常にコストパフォーマンスが高いものとなります。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 7 days. No credit card required.

スキルレベル要件

FivetranとXplentyはどちらも直感的で使いやすいように作られています。主な違いは、Fivetranは変換を行うためにSQLのスキルを必要とすることです。Xplentyは、柔軟性を求める開発者のためにSQLコーディングツールを提供していますが、プラットフォームとしてはユーザーにコーディングの知識を全く必要としていません。 

Fivetran: SQLコーディングスキルが必要

Fivetranで自動データ変換を設定する場合、開発者は変換をSQLでコーディングする必要があります。Fivetranでは、カットアンドペーストのSQLコードスニペットを提供しており、コーディングプロセスを大幅に高速化・簡略化しています。

SQLのスキルを持っているユーザーは、トランスフォームを開発する際にFivetranのUIを簡単に操作することができるでしょう。とはいえ、プラットフォームをうまく操作するためにはSQLの知識が必要になります。 

以上のように、Fivetranの変換機能は2019年半ばに導入されたばかりです。リリースされて間もない頃にRed Pill Analyticsがこれらの機能をどのように説明していたかについて紹介します。

"新しい変換レイヤーでは、データウェアハウスに対して実行されるカスタムSQL文を作成し保存することができます。もはやデータの抽出とロードだけに焦点を当てるのではなく、変換機能を追加することで、完全な抽出・ロード・変換(ELT)機能を提供できるようになりました。"

Here’s a screen capture of Fivetran’s UI for SQL transformations:

undefined

Source: Fivetran Youtube Channel

Xplenty: コーディングスキル不要、ただしSQLエディターを使えます

ETLの経験や技術的な知識レベルに関係なく、誰もが複雑なデータパイプラインを構築するために使用できるETLプラットフォームであるべきという目標を達成するために、XplentyはエンタープライズグレードのETLソリューションの力と機能を犠牲にすることはありません。 

コーディングスキルなしで複雑なデータ変換を構築するプロセスを容易にするために、Xplentyは100以上のすぐに使える変換(FILTER、SELECT、JOIN、CLONE(処理の分岐に使用)、LIMITなどを含む)を提供しています。これらのノーコーディング変換は、かつてはデータエンジニアだけが扱う領域だったデータ変換とワークフローを誰でも自動化できるようにしてくれます。 

より洗練されたETLエンジニアは、Xplentyがネイティブスクリプト言語により、必要とするすべての高度なカスタマイズの機会を提供していることに気づくでしょう。さらに、Xplentyのすべてのデータウェアハウスとデータベースのデスティネーションコネクターは、データがデスティネーションにロードされる前もしくは後に実行されるSQLを設定できるオプションがあります。これにより、データの洗練度を高め、あなたのETLプロセスを「将来に備えた」ものとして、あなたの会社の将来の継続的な成長をサポートすることができます。

SQLの知識を持つユーザーは、XplentyのSQLエディタが非常に直感的に操作できることに気づくでしょう。それは文字通り、両方の世界での最高のものです。

ここでは、XplentyでSalesforceからRedshiftへのETLワークフローを高速で作成してみましょう。通常のスピードでは、全体のプロセスが約3分ほどで完了します。

undefined

ロード前およびロード後の変換をハンドコーディングするためのXplentyのSQLエディタ:

SQL editor.png

XplentyのノーコードUIについてのレビュアーの評価は以下の通りです。

"マーケットに出回っているサービスとしては、ETLには、ほぼ2種類のタイプがあります。1つは超簡単に使えて、サービスやデータベース間でデータを移行できるが変換機能がないもの、もう1つはフルタイムのデータエンジニアが必要だが、プログラムでカスタマイズしたソリューションが利用できるものです。Xplentyはその中間に位置し、複数のデータソースの場合もアナリストやエンジニアが数分でカスタム変換ジョブをデプロイできるようになっています。

"Xplentyはエンタープライズレベルと同等のツールです"

カスタマーサポート

FivetranとXplentyの両方とも、すべてのサービスレベルのコミットメントに対してユーザーサポートを提供しています。 

Fivetran: 全てのサービスプランに対する無制限のカスタマーサポート

Fivetranは、そのサービスレベルのコミットメントのすべてに無料のカスタマーサポートを提供しています。しかし、サポートの遅延を回避し、より速い応答時間を得るためには、Fivetranの最も高価なサービスプランへのサブスクリプションが必要です。 

数多くのカスタマーレビューを検討した結果、私たちは共通のテーマを見つけました。Fivetranのサポートチームは、ユーザーの懸念事項に対応するのに時間がかかるということです。お客様は、解決策が見つかるかどうか不安に思いながら、暗闇の中に放置されるといったことがよく起こります。

Fivetranのサポートについてのユーザーの声を紹介します。

"Fivetranのカスタマーサポートは、問題に関するアップデート情報を得るのに常に彼らに連絡を取らなければならないので、あまり親切ではありません。場合によっては、スレッドに返信したり、もっともらしいアップデート情報を提供するのに何日もかかることさえあります。Fivetranのセールスチームは、製品を購入するまでの15日間、素晴らしいサポートを提供しました。しかし、契約が成立してからは、サポートのレベルは見る影もありませんでした。カスタマーサポートは、特にFivetranのプレミアム価格でツールを購入する際には欠かせないサービスです。しかし、私たちの経験上、Fivetranはスケーラビリティとカスタマーサポートのフォロースルーを怠っています。

- Administrator in Computer Hardware

"良い。ただ、たまにカスタマーサービスの返信のスピードが遅い。早急に対応してもらえない。"

"サポートの人々は、知識はあるが、忙しいに違いない。緊急の問題が発生することがありますが、対応には何時間もかかります。Fivetran側の何かが原因で問題が発生した場合に問題解決のための消防訓練を実施しましたが、数時間後まで確認が取れませんでした。"

Xplenty: 全てのサービスプランに対して無制限の電話およびビデオ会議サポート

Xplentyには、すべてのサービスレベルのコミットメントに利用可能な応答性の高いカスタマーサポートチームが含まれています。接続数が2つでも1000でも構いません。もしあなたがXplentyの顧客で、統合や自動化された変換ワークフローの作成にヘルプが必要な場合は、Xplentyの統合スペシャリストが対応します。 

実際、Xplentyは、そのサポートチームを、誰もが大量のデータ取得とデータ変換のために使用できるETLプラットフォームを提供するという目標を達成するための鍵だと考えています。あなたがXplentyファミリーに参加すると、市場で最も先進的なETLソリューションにアクセスできるだけでなく、あなたのチームの新しい重要なメンバーとペアになることができます。それはあなたの専用のXplenty統合スペシャリストです。 

Xplentyの素晴らしいサポートチームへの高い満足度は、ユーザーレビューでも際立っています。

"ネイティブコネクタがないときは、REST APIコネクタが私たちがやりたいことを実現してくれますし、必要に応じてサポートチームがいつでも助けてくれます。また、サポートチームと包括的なヘルプドキュメントは、自分のために仕事をするというよりも、やりたいことを達成するための学習を支援することに焦点を当てていることが多いという点についても気に入っています。このおかげで、学んだことを他の用途に活用することができました。"

"Xplentyで一番気に入っているのは、チームから得られるほぼリアルタイムのサポートです。Xplentyの差別化ポイントは、私たちが受けれるカスタマーサポートです。製品自体は良いです。高いレベルで使いやすいです。そしてXplenty社員が違いを生んでいます - これはクラウドサービスとしては珍しいことです。顔の見えない機械を扱ってたことからの素敵な変化です。"

Xplentyのサポートは、電子メール、電話、ビデオ会議でアクセスでき、それは信じられないほどです。あなたの専任のXplenty統合スペシャリストは、あなたが必要とするETLプロセスをリードし、セットアップするためにいつでも利用できるチーム内のメンバーのように感じることでしょう。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 7 days. No credit card required.

モニタリング/ロギング

FivetranはそのUIの中にモニタリングやロギングを含んでおらず、これはXplentyとの大きな違いです。XplentyのUIには、進捗状況の更新やトラブルシューティングのための高度なモニタリングやロギングツールが含まれています。 

Fivetran: UI画面でのモニタリングおよびロギング機能なし

FivetranのUIでは、保留中のジョブや完了したジョブのデータロードの進捗状況の見積もりなど、モニタリング/ログ情報を提供していません。- このため、一部のユーザーはFivetranを「ブラックボックス」と表現しています。このような監視/ロギングの透明性の欠如により、トラブルシューティングが困難になるため、ユーザーはサードパーティ製のソリューションを導入せざるを得なくなります(追加費用が発生する可能性があります)。多くは、Amazon AWSを介してバックエンドのロギングを設定しています。

モニタリング/ログについてFivetranユーザーが以下のように語っています。

"フロントエンドの UI 上では、この更新にどれくらいの時間がかかるかを確認するための進捗状況の見積もりはほとんどなく、Amazon でバックエンドのログを有効にして、同期プロセスのどこにあるかを確認し、完了時間の大まかな見積もりを算出する必要があります。"

"あなたは完全にコントロールできるわけではありません。"Fivetranはブラックボックスであり、問題がある時には、調査が本当に難しい。"彼らのサポートも褒められたものではありません"

"内部ログがない。サードパーティのツールを使用しなければならない。"

Xplenty: UI上での優れたモニタリングとロギング機能

XplentyのUIでは、プラットフォーム内で現在実行中のジョブと以前に実行されたジョブを監視することができます。ダッシュボード、単一のクラスタのページ、webhooksを使用して、またはAPIをポーリングすることで、クラスタ上のジョブを監視することができます。Xplenty UIは、クリックすることで詳細を確認できるインタラクティブなデータを表示します。 

Xplentyのモニタリング/ログ機能画面では、以下のような詳細が表示されます。

  • Job ID
  • Package name
  • Cluster name
  • Data submitted
  • Team member who performed the action
  • Current job status: idle/pending/running/done/failed/stopped/etc.
  • Job progress percentage
  • Job errors/failures
  • Many other details

Xplentyでは、保留中のジョブと完了したジョブのサマリービューが表示され、クリックして詳細を確認することができます。

Jobs.png

Fivetranはどんなユーザーに向いている?

FivetranのELTプラットフォームは、シンプルで少量のデータ統合ニーズを持つ企業に最も適しています。実際、Fivetranはこのようなユースケースに対応するためにプラットフォームが特別に設計されているように見えます。そして、少量のデータ統合が必要とすることを達成するのに特に適しており、費用対効果に優れています。

ここでは、Fivetranがこのユースケースをどのようにサポートしているかをご紹介します。

  • 消費ベースの価格設定:Fivetranの価格設定は、消費する行数に応じて課金されます。しかし、大規模なデータセットにスケールアップしていくと、この価格設定モデルは非現実的になります。 
  • ロード後の変換:Fivetranはデータウェアハウス内でデータ変換を実行します。Fivetranの新しい価格モデルでは、この価格設定は少量の統合に適しています。これは、多くのデータをインジェストしないのであれば問題ありません。しかし、データ量が増え、毎月何百万行ものデータを処理するようになると、Fivetranとウェアハウスの両方の計算コストが急増します。
  • UIの監視機能の欠如:FivetranのUIにはモニタリング/ロギング機能がないため、数時間から数日かかる大規模なアップロードよりも、小規模で高速な抽出/ロード操作に適していることがわかります。データのアップロードが1分で済むのであれば、進捗状況の追跡は必須ではありません。アップロードに何時間もかかる場合は、何が起こっているのかを注意深く監視したいものです。 

結局のところ、大企業や急速に成長している新興企業は、そのボリュームベースの価格構造のために、Fivetranの持つ課題、(1)大量のデータ統合を高価で非現実的なものに、(2)月次予算の予測を不可能にといった課題に直面する可能性があります。。とはいえ、もしあなたのチームにSQL変換をコーディングできる人がいれば、Fivetranは、パイプライン内変換を必要としないデータ要件が少ない企業向けに、堅実で使いやすいELTソリューションを提供しています。

大容量データに対するFivetranの課題について、ユーザーの声をご紹介します。 

"完全なスキーマの更新には2~3日かかり、最新のビジネスKPIの監視、更新された分析の実行などが停滞してしまいます。これは、大量のデータ(テーブルのサイズではなく、カウント(1)の観点から)を持っていることに起因する可能性が高いです。"

"Fivetranは、バイナリログの同期に関しては、大規模なデータセットに対してスケーラブルではありません。1つのコネクターから毎日100GBのデータを同期する必要があるため、初日から問題が発生しています。Fivetran側で問題が最初に確認されてから1ヶ月以上が経過していますが、問題の解決は見えていませんし、問題を解決するためのタイムラインさえもありません。

Xplentyはどんなユーザーに向いているか?

Xplentyは、(1)大量のデータ統合や複雑なデータ変換ワークフローを構築する必要がある組織、(2)技術経験に関係なく誰でも簡単に使えるETLソリューションを求めている企業のために設計されました。

Xplentyがこのユースケースをどのようにサポートしているかをご紹介します。 

  • 定額制の価格設定:Xplentyの定額制の価格設定は、予測可能で予算を立てやすい価格構造を提供しています。 
  • パイプライン内変換:Xplentyの強力なデータエンジン内で、データが転送先にロードされる前にパイプライン内での変換を管理する機能は、お客様側の処理コストを削減します。これらの補助的な処理コストを排除することで、Xplentyはさらに、大量データに対しての費用対効果が高く、予測可能で、予算が立てやすい価格設定モデルをサポートしています。 
  • 高度なモニタリング:Xplentyは、簡単なトラブルシューティングと災害防止のために必要なモニタリング/ロギング情報を備えています。これらのメトリクスは、大規模データ統合の進捗状況や完了予定時間などのリアルタイムデータを提供し、問題をより深く掘り下げるための多くの情報を提供します。 
  • 応答性の高いカスタマーサポート:Xplentyのサポートチームは、常にあなたをサポートするためにそこにいます。これは、チームメンバーがETLに慣れておらず、データ統合についてあまり理解していないケースで特に役立ちます。 

Xplentyのユーティリティ、パワー、柔軟性、使いやすさ、コスト効率は、大量のETLプロセスを管理しており、ただしオーバーヘッド、急な学習曲線、およびMuleSoft、Talend、またはJitterbitのような巨大なETLプラットフォームに付随する大規模な付属のコストを負担したくない場合にこそ輝きます。 

あるユーザーはXplentyについて次のように述べています。

"10社ほどのETLプロバイダーを評価した後、私はXplentyを選びました。ほとんどの場合、GUIで十分ですが、少しずつスクリプト化したり、カスタムSQLを追加して、変わったエッジケースを処理したり、大規模な転送をより効率的にしたりすることもできます(例えば、カスタムの日付フィールドを使用するなど)。パイプラインの一部としてデータ変換を行うこともできます。"

最後に: Fivetran vs Xplenty

この比較を例えで終わらせたいと思います。朝の通勤用に車を買う必要がある場合を想像してみてください。購入する車はあなた自身とあなたの子供たち、そして学校で降ろす近所の子供たち数人を乗せなければなりません。 

あなたは2人乗りのスマートカーと8人乗りのトヨタのSUVのどちらを選びますか? 

undefined

あなたがSUVを選ぶ理由は、(1)子供の人数に対して十分な大きさであること、(2)今後成長していくのも考慮し十分なスペースがあること、(3)より耐久性があり信頼性が高いこと、(4)より簡単で快適な乗り心地のための様々な印象的な機能が付いていること、です。

Fivetranはスマートカーのようなもので、多くのデータを持ち運ぶ必要がない場合には、手頃な価格で効率的なソリューションとなります。XplentyはトヨタのSUVのようなものです。大容量、耐久性、エンタープライズグレードのETLプラットフォームで、無限の成長余地があり、あなたが望むであろうすべての高度な機能と将来性を備えています。 

もしあなたが企業の成長と一緒に拡張することができ、大量のデータ要求をうまく満たすことができる柔軟で使いやすいETLソリューションをお探しなら、Xplentyのデモを予約してぜひ製品を体感してください。

Xplentyのデモ紹介に登録して、無料でプラットフォームを試してみよう!(予約サイトは英語ですが、日本語でデモします)