多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)に向けて取り組んでいます。すでに開始している企業も、近い将来デジタルトランスフォーメーション戦略を実施したいと考えている企業においても、ローコードはそのための最良の手段の一つです。

Table of Contents

DXとは

データのDX

ローコードによるDX

ローコードの活用

DXとは

大成功を収めたEnterprise Cloud SoftwareのBox社の共同創業者であるAaron Levie氏は、DXについて次のように述べています。

"過去10年間のITは、人々の働き方を変えてきました。次の10年間のITは、ビジネスを変革するためのものになるでしょう。"

DXとは、ビジネスのあらゆる部分にデジタル技術を導入することです。言い換えれば、技術的なオーバーホール(分解点検)です。企業は、進化するテクノロジーのニーズに対応するために、プロセスをはじめとする企業のあらゆる側面を変革します。

最終的には、DXとは、目標を達成するために最適なテクノロジーを用いて顧客のニーズに合うようにすることで顧客中心の企業になることです。DXは、俊敏性と発展にコミットすることで、企業の運営方法を根本的に変えます。その効果は、企業内の業界を超え、部門を超えたものとなります。あなたがどの業界に属しているかに関係なく。IT、営業、フィンテック、カスタマーサービスなど、業界を問わず、DXはそれぞれに最新の技術的進歩をもたらします。DXの最大の特徴は、高品質なデータとローコードの隆盛です。

データのDX

最新のデータ関連ソフトウェアは、ほぼリアルタイムに分析を更新し、顧客の多様なニーズに迅速に対応し、資産・負債の管理を強化してCM(資本管理)を強化することを可能にします。データベースのビジネスを行うためには、ETL(抽出、変換、ロード)やデータ統合の分野でトップレベルのソフトウェアが必然的に必要になります。

データを効果的に活用しなければ、DXはコストと時間だけがかかるプロセスになりかねません。Gartnerによると、データの質の低さが、あらゆる業界の企業に年間約1,500万ドルの損失をもたらしていると言われています。さらに問題なのは、この問題は今後さらに悪化する可能性が高いとガートナーは考えています。

そのため、ターゲットを絞ったアナリティクスを作成するためには、データを正しくクレンジングして使用することが不可欠です。そうすることで企業はデータを使って過去のパフォーマンスを調べたり、将来起こりうる結果を予測したりすることさえできるようになります。

 GoogleやXplentyなどのソフトウェアリーダーは、あらゆるユーザーが様々なソースからデータを抽出し、クリーンアップし、管理できるようにするためのローコードETLサービスを提供しています。

ローコードによるDX

完全なDXの道を阻む最大の要因の1つは、スピードの欠如です。ローコード開発は、DXに必要なアプリを、ハンドコーディングよりも最大10倍速く構築することができます。

なぜならローコードではドラッグ&ドロップでのプログラミングが可能です。また、ローコードプラットフォームにはテンプレートが組み込まれていることが多く、コードを知らない人にとっては手軽に早く開発できますが、経験豊富な開発者にとっては、簡単すぎるのかもしれません。そこでローコードプラットフォームは、コーディングの自由度を求めるエンジニアや開発者のためにコーディングも可能です。これにより、ローコードは市場で最も汎用性の高いオプションの一つとなっています。 

OutSystems State of Application Development Report 2019/2020によると、41%の企業が何らかの形でノーコードまたはローコードのプラットフォームを使用しており、その数は年々増加しています。これは、ローコードが真のDXによって生み出された自然の結果であると言えます。

ローコードの活用

ローコードソフトのメリットを解説したいと思います。今日、企業がローコードを使用している最もポピュラーな3つの方法は以下の通りです。

主に3つのことを実現するのにローコードを活用できます。

  1. 生産性の向上
  2. モバイルアプリの問題を解決する
  3. 顧客中心主義を新たなレベルへ

1. 生産性の向上

開発者は、ローコードを使用することで、他の形式のアプリ開発に比べて最大10倍の速度でアプリを作成することができます。ドラッグ&ドロップは、複雑なコードを書くよりもはるかに速いだけでなく、デバッグに必要とする時間も短縮されます。 

ローコード開発プラットフォームは、コードを修正するための警告や提案を提供することが多いため、実際に問題が発生してから修正する時間を節約することができます。これはすべて、ITチームが社内のDXに必要なソリューションをあっという間に作成できることを意味します。また、ローコードのデータ統合ソフトウェアを使用することで、企業はデータをより迅速に管理できるようになります。

ローコードが新しいレベルの生産性をもたらす理由は、スピードだけではありません。経験の浅いユーザーでもプロジェクトで共同作業ができるようになります。つまり、IT、営業、管理職など、企業のあらゆる部署の従業員が、これまでにないほど協力して仕事を行えるようになるということです。

ローコードのビジネス関連アプリケーションは、ワークフローを自動化し、リアルタイムの更新を提供し、ビジネス全体の生産性を向上させることができます。

2. モバイルアプリの問題を解決する

SD Timesによると、DXに関して、最大84%の企業でモバイルアプリ開発が本当の弱点になっていると述べられています。多くのアプリやサービスは、モバイル向けに適切に最適化されていません。モバイルの要件は常に変化しており、それに追いつくことは困難と言えます。

自社のモバイル機能を向上させるための最良の方法の1つは、ローコードです。多くのローコード開発プラットフォームは、モバイルアプリ開発に特化しています。また、ローコードソリューションを提供している企業のほとんどが最先端の技術を持っているため、多くの場合、モバイル向けに最適化されています。

3. 顧客中心主義を新しいレベルに

DXの全体的なゴールは、カスタマーエクスペリエンス(CX)の向上であるという点では、多くの方が同意しています。Forbes は、CXに関していくつかの統計を提供しています。CXを優先事項としている企業の84%は、その結果、収益が顕著に増加しています。

CXの分野でトップブランドは、CXを重視していない企業に比べて、5.7倍もの収益を上げることができます。さらに、73%のクライアントが、ブランドを選択する際の主な要因は、優れたCXを提供できるかどうかだと答えています。

ローコードは、さまざまな方法で企業を顧客中心主義にしてくれます。ローコードのデータ統合ソフトウェアを使用することで、企業はデータの品質とデータ統合のスピードを向上させることができます。このようにして、企業は顧客に対して行うすべての施策をデータとアナリティクスに基づき実行することができます。これは、顧客が必要としていること、期待していることを正確に顧客に提供する唯一の方法です。

まとめ

どのようなビジネスでも、クライアントや顧客のニーズを満たすことで成功することがゴールだと言えます。ローコードでDXを実現することができます。 XplentyはクラウドベースのETLデータ統合プラットフォームで、一行もコードを書くことなく、企業のデータソースを簡単に統合することができます。 すぐに、私たちのチームに連絡して、個別のデモとXplentyプラットフォームの無料トライアルを受けてみてはいかがでしょうか?日本語でのデモ予約はこちらのページから「はじめよう」をクリックし、申し込むことが可能です。