Xplentyでは、企業内のデータ統合にHeroku ConnectとXplentyを併用しているお客様が数多くいらっしゃいます。 XplentyとHeroku Connectは、どちらもSalesforceに対して双方向のデータ接続を提供しているため、どちらか一方だけをを使用しなければならないと思われるかもしれません。しかし、私たちの経験から見ると、それぞれのツールが特定の強みを持っており、全体のソリューションを補完することができます。 このブログを通して、XplentyソリューションとHeroku Connect、さらにそれらが連携させることでSalesforceのデータ統合における課題にどのように対処できるのかを見ていきましょう。

Table of Contents

 

Heroku Connect

Heroku は、複数の言語、データベース、その他のソフトウェアをサポートするクラウドコンピューティングプラットフォームです。Heroku Connectは、Herokuプラットフォーム上に構築されたSalesforceコンポーネントであり、SalesforceインスタンスとHeroku Postgresデータベース間でのリアルタイムの読み取り/書き込み接続を実現します。 Heroku Connectデータベースの各テーブルは、Salesforceの各オブジェクトに対応しています。 Salesforceのオブジェクトデータがデータベースに格納されると、インテグレーションが可能になります。

  • データベース読み込み処理は、対応するオブジェクトの最新のコピーにアクセスします。オブジェクトインスタンスがSalesforceで作成または更新されると、Heroku ConnectのUPDATEまたはINSERTコマンドが、データをほぼリアルタイムでPostgresに送信します。
  • Heroku Postgresデータベースにデータを更新するか挿入すると、Heroku Connectは、Postgresデータベースのレコードに対応するSalesforceオブジェクトに対してデータを更新したり挿入します。繰り返しになりますが、これはほぼリアルタイムで発生します。 

SalesforceデータのPostgresコピーにアクセスする機能は、Salesforceと直接通信しないさまざまなインテグレーションツールにデータを開放してくれます。 Postgresをサポートしているプログラミング言語またはインテグレーションツール(およびそのほとんどすべて)を使用する事で、企業内のSalesforceデータにアクセスすることができます。 Postgresのインターフェースは独自のSalesforce APIではなく、標準SQLなので、開発者は使い慣れたクエリ言語を使用してSalesforceにアクセスすることができます。

Heroku ConnectはSalesforceインテグレーションへのドアを開放してくれます。開発リソースがいる場合は、Salesforceと企業内システムがほぼリアルタイムにデータを交換することができます。しかし、開発者がいない場合はどうなるのでしょう? こういう場面で、Xplentyはフィットします。

Xplenty

Xplentyは、Herokuプラットフォーム上のPostgresを含む 100 以上の様々な統合対象をサポートするデータ統合ツールです。 Xplentyは、ドラッグ&ドロップインターフェイスを提供しており、プログラマーでなくてもXplentyがサポートしている色々なシステムに接続し、データパイプラインを作成することができます。 Xplentyのパイプラインでは、さまざまなデータクレンジングおよび変換をサポートしているため、開発者の助けを借りずに、データを標準化したり、低品質のデータを除いたりすることができます。また、 Xplentyは幅広く利用されているREST APIを使用するシステムをサポートしているため、Postgresに対して直接のインターフェースを持たないシステムでも、Xplentyデータパイプラインを介してHeroku Connectデータにアクセスすることができます。

xplenty_pic.png

Xplentyは、オンプレミスシステムとクラウドデータの統合を妨げるセキュリティ問題にも対処できます。 Xplentyセキュリティソリューションにより、ファイアウォールの背後にあるシステムがSalesforceデータに安全にアクセスできるようになります。そしてそのシステムがインターネットに公開されることはありません。 SOC 2認定かつHIPAA準拠のツールを活用することで、オンプレミスシステムへの独自のインターフェイスに関わるセキュリティと開発タイムラインの両方のリスクを排除することができます。

Xplentyインターフェースの習得に興味がない場合には、我々のデータエンジニアがHeroku Connectデータベースとオンプレミスまたはクラウドシステム間のインテグレーションを迅速に構築することもできます。

アプリケーション

Heroku Connectのお客様でよく見られるいくつかの一般的なユースケースは次のとおりです。

分析:Heroku Postgresデータベースは同期とトランザクションには最適ですが、分析には最適化されていません。 Xplentyを使用すると、Snowflake、Amazon Redshift、Google BigQueryなどの高性能DWHシステムにデータを迅速かつ簡単に転送できます。 Xplentyは、最短1分単位で任意のタイムラインでの抽出をスケジュールできます。データパイプラインツールを使用すると、分析のためにデータ品質基準(たとえば、電話番号とメールアドレスを持つリード)を満たすレコードのみを選択し、結果セットをSalesforceにPublishすることができます。 

アプリケーション統合:顧客向けアプリケーションを別のプラットフォームでホストしている場合、Xplentyは、Salesforceシステムからその顧客データをフィードすることができます。顧客情報がアプリケーションデータベースに事前に共有されているため、アプリへのサインアップがはるかに簡単になり、スムーズなエンドユーザーエクスペリエンスを実現します。また、Xplentyを使用すると、顧客向けアプリ用に特定の顧客(B2CではなくB2Bなど)のみを選択できます。様々なデータベースをサポートしているため、顧客データをデータベースに直接挿入できます。または、アプリケーションのREST APIを使用して、システムからデータをプッシュおよびプルすることができます。¥

マーケティング:Salesforceにも強力なマーケティングツールはありますが、企業はすでに別のマーケティングプラットフォームにコストと時間を投資している場合があります。 Xplentyは一部のマーケティングプラットフォームをネイティブコネクタでサポートしており、それ以外でもほとんどパイプラインを介してサポートしているため、Xplentyを使ってSalesforceからマーケティングシステムにデータを転送することができます。また、地理的な場所や購入した製品など、Salesforceが保持していた条件を使って顧客を選択することができます。

バックアップ:Xplentyは、Amazon S3やGoogle Cloudなどの安価なクラウドストレージソリューションをサポートしているため、パイプラインを使用してデータをクラウドストレージにプッシュし、堅牢なバックアップを実現できます。 

これらは、Heroku Connectの機能を強化するためのXplentyの使用例のほんの一部です。

Salesforceネイティブコネクタ

Heroku ConnectのSalesforceへのほぼリアルタイムの接続は、多くのアプリケーションにとって強力で説得力のある機能ですが、Salesforceデータの一般的な用途として、そこまで求めていない企業もあるでしょう。  

たとえば、組織によって毎月または四半期ごとに分析されるデータを保存するSalesforceカスタムオブジェクトがあるとします。 Heroku Connect Postgresデータベースでそのデータを「ライブ」状態で保持する代わりに、SalesforceからXplentyを使用して直接簡単にデータを抽出することができます。カスタムオブジェクトがHeroku Connectに保存されている他のデータと関連している場合、XplentyはPostgresデータベースに保存されているデータに同時並行でアクセスし、そのデータを分析データベースにプッシュすることができます。これにより、Heroku Connectを常時分析に使用するデータのみに使用し、ほとんど使われない情報のためにHerokuとSalesforceを稼働させているコストを節約することができます。

最後に

XplentyがHeroku Connectの機能を拡張し、より強力にしてくれるツールだと感じていただいた方は、製品デモや7日間無償トライアル、さらには無料でセットアップセッションにお申し込みいただければと思います。是非こちらのリンクよりお申し込みください。

XplentyはG2 Crowdにて2020年冬のETLツールカテゴリにおいて「Leader」に選ばれています。(G2 Crowdのレビューページでは、ユーザーの声がビデオで紹介されており、変換の多様性、すぐに使えるコネクタの豊富さ、サポートのレスポンスの良さ、学習が容易といった点を評価していただいてます。)