SimilarWeb(シミラーウェブ)という製品をご存知でしょうか?

デジタルのマーケットとそこでの競合他社のスタッツについて調査し、意思決定に必要な情報を提供してくれる製品です。SimilarWebのサイトでは「SimilarWebはデジタル世界の地図です。これで主要な競合他社を迅速に特定し、トレンドを正確に掴み、業界トップのパフォーマンスに対して自社をベンチマークすることができます」とあります。SimilarWeb(シミラーウェブ)を使うことで競合サイトとの比較やあるキーワードで他社は自社と比較してどれくらいの流入を取れているか?などの質問に回答することが出来ます。

今回は、XplentyからSimilarWebのAPIを利用して、どのようにデータを取得し、加工することができるかについてご紹介します。

1. SimilarWeb APIについて

2. Xplentyでパッケージを作成する

3. まとめ

1. SimilarWeb APIについて

まずAPIの仕様について、こちらのサイトから確認しました。

今回の記事で利用するAPIは以下の2種類です。

Desktop Keyword Analysis > Keyword Competitors (Organic)

Desktop Keyword Analysis > Keyword Competitors (Paid)

サイトには取得されるJSONのサンプルデータがあり、上記のAPIで取得できる項目は以下のようなものがある。

{
      "search_term": "wooden door",
      "share": 0.00004544731546152074,
      "visits": 190.59609562344377,
      "change": -0.4384225611154365,
      "volume": 0,
      "cpc": 0,
      "url": "N/A",
      "position": 0
    },
項目 説明
search_term 検索キーワード
share シェア
visits 訪問回数
volume 検索ボリューム
cpc クリックあたりの単価
position 掲載順位

2. Xplentyでパッケージ作成

ここからは、Xplentyを使用して実際にパッケージを作成する手順について紹介します。

Step1 データ接続:Rest APIコンポーネントを使用する

Rest APIコンポーネントを使用し、今回使用するAPIのエンドポイント(Desktop Keyword Analysis > Keyword Competitors (Organic))のURLを設定画面に入力します。

その際、分析するサイトおよびAPIキーを含むパラメータをセットします。

例)Xplentyのサイトのキーワードやシェアを取得する場合

https://api.similarweb.com/v1/website/xplenty.com/traffic-sources/organic-search?api_key=xxxxx&start_date=2019-01&end_date=2019-01&country=jp&limit=100000&main_domain_only=false&format=json

undefined

プレビューを見ると、データは以下のような構造で取得できました。

今回のブログで使用するのは、「meta」と「serach」になります。

「meta」は、指定した条件が格納されたメタ情報です。主にmeta>requestに必要なメタ情報が格納されています。

「search」には、流入キーワードやシェアや訪問回数が多いもの順に配列データとしてBAG形式で取得できます。

undefined

Step2 変換:Selectコンポーネントを利用し、取得されたデータを加工する

加工する際のステップとしては2段階で行います。

1. meta > searchに格納されたデータを項目ごとにそれぞれ取得する

undefined

2.searchに格納された検索キーワードやシェアを取得する

undefined

Step3 ロード:Amazon S3にCSVファイルとして出力する

今回はS3に出力します。(S3への出力の設定方法については、今回は割愛します。)

最終的なパッケージは以下のようになりました。

undefined

Step4 データ確認

プレビューで結果を確認します。

添付の画像はマスキングしているためわかりにくいですが、メタデータおよび数値データの両方を取得できました。

undefined

3. まとめ

様々なクラウドにおいてAPIで提供される標準的なデータフォーマットとしてJSONは一般的ですが、Xplnetyを使えばJSON形式のデータもプログラミングせずに少しの関数を利用するだけで簡単に加工することが出来ます。

Xplentyではこちらのページで紹介されている統合対象のデータソース以外にも様々なデータに接続可能です。もしお探しの統合対象が見つからない場合は、こちらのリンクよりメールでお問い合わせいただくか、開発をご依頼ください。