Talend、MuleSoft、Xplentyの主な違い:

  1. コーディングスキル:TalendとMuleSoftはローコード環境で、ユーザーは基本的なコーディングスキルを必要とします。Xplentyはコードをほとんど必要としません。
  2. サポート:Talendは有料ユーザーへサポートを提供していますが、MuleSoftはEnterpriseプランを使用する顧客に無料サポートを提供しています。Xplentyは、すべてのユーザーに無料サポートを提供しています。 
  3. 価格:Xplentyはデータ量/レコード数ではなく、コネクタで課金します。Talendはケースバイケースの価格設定です。MuleSoftは価格を公表していません。 
  4. アーキテクチャ:TalendはESB、APIゲートウェイ、iPaaS、ETL機能を持ち、MuleSoftはETL機能を持つiPaaSプラットフォームです。XplentyはETL/ELTに力を入れています。 
  5. ユーザーの満足度スコア:XplentyとMuleSoftは、G2.comのユーザー満足度スコアが最も高い(それぞれ/5点中4.4と4.5)製品です。Talendは4点のスコアを持っています。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 14 days. No credit card required.

Octopus
 

最近の調査によると、企業のデータ量は毎月63%増加しています。企業の20%は1,000以上のデータソースからデータを取得しています。これらの企業は、どのようにしてこれらすべてのデータを抽出し、ビジネス分析のために集中管理された場所に移動させるのでしょうか?ご存知のように、抽出、変換、ロード(ETL)はこのプロセス全体を合理化します。しかし、小規模な企業では、実装を成功させるために必要なコーディングスキルが不足しています。 

Talend、MuleSoft、XplentyはETLを提供していますが、方法は異なります。私たちは、これらの3つのツールを比較して、どれが最も優れているかを確認しました。このブログではその結果について紹介します。 

Table of Contents

  1. Talend vs. MuleSoft vs. Xplenty: 最も優れているETLは?
  2. 各製品の概要
  3. データソースと統合対象
  4. サポートとトレーニング 
  5. 価格設定
  6. まとめ

Talend vs. MuleSoft vs. Xplenty 機能比較

Talend

MuleSoft

Xplenty

トライアル期間

14 days

30 days

14 days

ユーザー評価 G2.com

4/5

4/5/5

4.4/5

全てのユーザーへの無償サポート

No

No

Yes

データ変換

ESB, API gateway, iPaaS, ETL

iPaaS/ETL/ELT

ETL/ELT

必要なスキルレベル

Low code

Low code

No code

統合対象

Less than 100

Less than 100

100+ integrations and pre-built connectors

カスタマイゼーション

Yes

Yes

Yes

SaaS 統合

Yes

Yes

Yes (over 100 SaaS sources)

データレイク

Yes

Yes

Yes

SLAへの対応

Yes

Yes

Yes

各製品の概要

Talend 概要

Talendは、はるかに大きなフレームワークの一部としてETLを使用しています。Talendの様々なサービスを1つの製品にまとめ、その機能にETLを組み込んだのがTalend Data Fabricです。このレビューでは、Talend Data Fabricを対象にしています。 

Talendはデータ統合ジョブを高速で実行し、分析のためのタイムクリティカルな情報でデータウェアハウスを更新します。その結果、ユーザーはビジネスを動かすリアルタイムのトレンドを特定することができます。 

ETLはTalendのフォーカスエリアではありません。このプラットフォームは、ここであげる他の2つのツールよりもはるかに大きなフットプリントを持っており、データ統合とデータ整合性のためのさまざまなアプリケーションを提供しています。ESB、APIゲートウェイ、iPaaS、ETL機能を備えたTalendは、「何でも屋」と表現することもできます。しかし、企業によっては、よりターゲットを絞ったETLソリューションを好むかもしれません。 

より詳細なTalend vs. Xplentyのレビューは、こちらをクリックしてください。

MuleSoft 概要

MuleSoftは、Talendと同様にETL以外にも多くの機能を持っています。MuleSoftは、まず第一にiPaaSプラットフォームとしての役割を果たしますが、ETL機能を提供しています。ここでも、企業はETLのみに特化したソリューションを好むかもしれません。

MuleSoftは、Anypoint Exchangeを介してETLを実行します。これにより、さまざまな場所に保存されているデータの傾向を特定したり、ビジネス上重要な意思決定を行ったりすることが容易になります。便利な機能の1つに、異なる言語に対応したカスタムデータ統合があります。 

SalesforceはMuleSoftを所有しており、AT&T、Spotify、Verizon、Mastercardなど、世界で最も成功しているブランドがこのプラットフォームを使用しています。

MuleSoft vs. Xplentyの詳細なレビューは、こちらをクリックしてください。

Xplenty 概要

TalendやMuleSoftとは異なり、XplentyはETL/ELTに特化しており、一般的なデータ統合の問題にターゲットを絞ったソリューションを提供します。このクラウドネイティブETLプラットフォームには、100のすぐに使える変換、カスタマイズ、機能が搭載されています。様々なソースからデータを収集し、適切なフォーマットに変換し、安全な場所に配置します。つまり手間をかけずに、強力な分析が可能です。

TalendとMuleSoftはコード集約型ではありませんが、ある程度のスキルが必要です。Xplentyはコードを必要とせず、社内のデータエンジニアリングチームをサポートしていない大多数のビジネスに最適です。

Xplentyはまた、ユニークなSalesforceからSalesforceへの統合機能を持っています。 

データソースと統合対象

Talend

  • Talendには様々なデータ統合コネクタがあります。 
  • 人気のある統合には、Amazon S3、Amazon SQS、Bonita、Elasticsearch、Google Driveなどがあります。

MuleSoft

  • ユーザーは、MuleSoftのAnyPointコネクターを介して、データベース、アプリ、標準的な統合プロトコルを統合します。 
  • 人気のある統合には、Oracle、Salesforce、Derby、SAP、Amazonなどがあります。  

Xplenty

前述したように、Xplentyには100以上のアウトオブボックスの変換機能があります。

  • データベースの統合には、Amazon Aurora、Amazon Redshift、Google BigQuery、Google Cloud Spanner、Microsoft Azure SQL Database、MongoDB、Snowflakeなどがあります。
  • BIツールの統合には、Periscope Data(現 Sisense for Cloud Data Teams)、Looker、Chartioなどがあります。
  • クラウドサービスの統合には、Amazon Kinesis、Base CRM、Close.io、Elasticsearch、Google My Business、Marketo、NetSuite、HubSpotなどがあります。
  • Salesforce-to-Salesforce の統合。 

サポートとトレーニング 

Talend

  • コミュニティフォーラム
  • ナレッジベース 
  • チュートリアル 

MuleSoft

  • ビデオとウェビナー
  • eBookとホワイトペーパー
  • アナリストレポート

Xplenty

  • デベロッパーリソース
  • eBook
  • ガイド
  • ウェビナー
  • ドキュメント 
  • 全てのお客様に無料でご利用いただけるカスタマーサービスサポート

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 14 days. No credit card required.

Octopus
 

価格設定

Talend

Talendでは、企業規模や必要なリソースに応じてユーザーに課金するケースバイケースの料金体系を採用しています。Talendには無料版(Talend Open Studio)がありますが、このオプションにはカスタマーサポートはありません。  

  • ユーザーはTalendにカスタム価格を確認する必要があります。
  • その他にも費用がかかります。ユーザーは、アプリケーションやワークフローを作成するためのサポートや、プラットフォームを維持するための追加人員が必要になる場合があります。

MuleSoft

MuleSoftはオンラインで価格を掲載していないので、XplentyやTalendとコストを比較するのは難しいでしょう。しかし、2つの異なるプランがあります。Community (Kernel)とEnterpriseです。  

Xplenty

Xplentyの定額制の料金体系は、コネクタの数に応じて課金されます。 (※日本では、ノード時間による課金方式あり)

  • データ量やデータパイプラインの数には料金はかかりません。 
  • 価格は毎月定額です。
  • Xplentyは、コネクタの数や会社の規模に関係なく、すべてのユーザーに無料のサポートを提供しています。

まとめ

上記のツールを使えば、ユーザーは様々な場所からデータを抽出し、変換し、最終的に1つの目的地にロードすることができます。しかし、企業が考慮しなければならない違いがあります。TalendとMuleSoftはローコードとはいえ、コーディングスキルを必要とするため、チームによってはこれらのツールを使用するのが難しい場合があります。これら2つのプラットフォームは、iPaaSのような他のタスクも扱っており、さらに物事を複雑にしているかもしれません。

XplentyはETLに特化しており、ノーコード環境です。さらに、すべてのユーザーに無料サポートを提供しており、成長中のビジネスに有利な価格設定になっています。豊富な統合と様々なトレーニングリソースもまた、Xplentyを堅実な選択肢にしています。

Xplentyは、コードを必要としないクラウドベースのETLソリューションであり、あらゆるサイズのビジネスに最適です。オンラインデモに申し込みいただき、ぜひトライアル環境で、Xplentyのプラットフォームをご自身で体験してみてください。