多くの開発者は、ローコードがアプリ開発の未来であること、少なくともハンドコーディングに代わる重要な選択肢であることを認識し始めています。さらに、企業はビジネス関連のソフトウェアのためにローコードソリューションに目を向けています。ローコードは本当に最善の方法なのでしょうか?もしそうだとすると、どのようにしてあなたのビジネスに適したプラットフォームを見つけることができるでしょうか?

ローコードのメリット

ローコードとは、ブロックベースのプログラミングを用いたアプリ開発の一形態ですが、必要に応じてユーザーがハンドコーディングを行うこともできます。これにより、使いやすく、非常に汎用性の高い機能が生まれます。これは、ビジネスの世界に多くの重要なメリットをもたらします。

  • アプリ開発のハンドコーディングよりも最大10倍速い
  • より安価なアプリ開発と従業員のコスト削減
  • 非常に使いやすい
  • エラーの余裕が少なく、デバッグがしやすい
  • アプリの開発数を何倍にも増やす
  • アプリのメンテナンス費用が少なくて済む
  • 開発者がマニュアルコーディングで作成できるものなら何でも作成できる汎用性の高さ

ローコードとノーコードのいずれかを選択しようとされている方は、ぜひこの2つを比較した記事も読んでみてください。

ローコード開発プラットフォーム ベスト11

ここでは、ローコード開発にも、既存のビジネスシステムとの統合にも最適な11のローコードプラットフォームをご紹介します。

1. OutSystems

2. Xplenty

3. Oracle APEX

4. Quick Base

5. Appian

6. Kissflow

7. DWKit

8. Salesforce Lightning

9. Microsoft PowerApps

10. Mendix

11. Google App Maker

1. OutSystems

OutSystemsは、ローコードのアプリ開発のためのカスタマイズされたソリューションです。これは、開発者がアプリケーションを作成して管理することを目的としたRAD (Rapid App Development) プラットフォームです。OutSystemsはデプロイが簡単で使いやすいです。

Platform Features:

  • フルスタックビジュアル開発
  • 完全なDevOpsの自動化
  • アジャイル開発のネイティブサポート
  • リアルタイム監視
  • シングルクリック・デプロイメント
  • アプリ内フィードバック(アプリでユーザーのフィードバックを収集)
  • スケーラブルアーキテクチャ

Rating:

OutSystemsに関する全体的な好感度は非常に高いです。OutSystemsは、数百のレビューで平均4.5つ星を獲得しています。一つ星のレビューを見つけることはありえません。

Pros:

  • ブロックベースのコーディングでコードの書き方やデバッグが簡単にできる
  • 高度なエンタープライズ機能
  • 最速でアプリを開発するためのテンプレートを提供
  • トレーニングとドキュメントの提供
  • 開発を加速させるために自動生成された「アクセラレータ」が含まれている
  • 汎用性の高い統合機能

Cons:

  • コーディング経験が必要
  • クラウドホスト型オプションでインフラの管理がしにくい
  • オフラインアプリではデータの同期が難しい場合がある

2. Xplenty

Xplentyは、ローコード/ノーコードのETL(抽出、転送、ロード)データ統合プラットフォームです。それは、小規模で非技術サイドのビジネスユーザーと、技術力のある開発者やエンジニアの両方のために作られています。ユーザーは、100以上のデータソースとデスティネーションとの間でデータパイプラインを簡単に構築することができます。Xplentyは、データ変換プロセスを簡素化するために、汎用的な機能、カスタマイズ、および事前に構築された統合機能を提供します。

Platforms Features:

  • ドラッグ&ドロップインターフェース
  • パワフルでコードフリーなデータ変換
  • 24時間365日対応のサポートチーム 
  • シームレスなデータ移行機能
  • ノーコードとローコードの両方のオプション
  • Rest APIコネクタ - Rest APIを持つ任意のソースからデータを取り込みます。
  • スケーラブル

Rating:

Xplentyは、ビジネスソフトウェアのレビューサイト「G2」での評価が4.4/5つ星で、2020年のベストETLツールにランクインしています。

Pros:

  • 他の様々なソリューションと統合するためのREST APIコネクタ
  • 事前に構築された統合機能により、驚くほどの時間の節約が可能
  • Salesforceを使用しているビジネスに最適 
  • 高度にカスタマイズ可能
  • 使いやすく直感的な操作性
  • 安定しており、メンテナンスが少ない

Cons:

  • 完全なデータレプリケーションのユースケースをサポートしていない (最短15分単位でのレプリケーションをサポートしている)
  • コーディングのバックグラウンドがないユーザーにとって、やや紛らわしいエラーメッセージが表示されます。

3. Oracle APEX

Oracle Application Expressの略であるOracle APEXは、重要な機能と優れたレビューを持つもう1つのRAD(Rapid App Development)です。さらに、Gartnerは、Oracleを2019年11月のGartner Peer Insights において顧客が選ぶ エンタープライズ向けローコードアプリケーションプラットフォームに選出しました。

Platform Features:

  • ブロックベースのコーディング
  • セキュアなエンタープライズアプリを作成するために使用
  • スケーラブル
  • どこでもデプロイ可能
  • 多くのコミュニティ・リソースやイベントを提供
  • チュートリアルとドキュメントを提供

Rating:

Oracle APEXは全体的に優れたレビューを受けており、5つ星のうち平均4.5となっています。OutSystemsほどレビュー数は多くありませんが、ユーザー満足度は90%前後です。

Pros:

  • すでにOracle Databaseをお持ちの場合は、無料でOracle APEXを追加することが可能
  • テストが簡単
  • ワンクリックでのページ実行
  • 管理が容易
  • カスタマイズ性が高い

Cons:

  • オンサイトのデータベースとともにデプロイするのが困難な場合がある
  • 特に複雑なアプリを構築する場合、ある程度のプログラミングスキルが必要です。

4. Quick Base

Quick Baseは、世界で最も愛されているローコードプラットフォームであると自称しています。クラウドベースのRADやデータベースソフトとして広く利用されており、フォレスター社からはトップローコードツールとして認められています。

Platform Features:

  • データの集中化
  • エンドツーエンドのプロセス自動化
  • 複数のレベルでの支払いプラン
  • 企業の複数の異なる部分に対応する包括的なソリューション

Rating:

Quick Baseにはたくさんのレビューがあり、そのほとんどが肯定的なものです。ほとんどのプラットフォームでは、平均4.5つ星です。

Pros:

  • 自動化されたデータ管理
  • 非常に速い
  • 優れたCRMソリューションとして活躍
  • 優れたサポート
  • Live アップデート

Cons:

  • カスタマイズの欠如
    一部のユーザーは、完全にモバイル用に最適化されていないと不満を述べている

5. Appian

Appianは、一般的なハンドコーディングよりも最大20倍速いアプリ開発を提供しています。さらに、BPM(ビジネスプロセス管理)プラットフォームです。非常に一般的に使用されており、その信頼性を証明する多くのケーススタディを提供しています。

Platform Features:

  • プラットフォームのセキュリティ
  • ドラッグ&ドロップコーディング
  • リアルタイムプロセス監視
  • 簡単に共有できる

Rating:

数百件のレビューのうち、平均して4つの星がついており、大手企業数社にも利用されています。

Pros:

  • 優れたUI(ユーザーインターフェース)
  • リアルタイムデータ更新
  • カスタマイズが簡単
  • デバッグが非常に簡単

Cons:

  • 3ヶ月ごとのアップグレードスケジュールに対応するのは難しいかもしれません。
  • 難しい統合テスト

6. Kissflow

Kissflowは、g2.comが認めたデジタルワークフォースソフトウェアのリーダーです。Kissflowは、RAD用のドラッグ&ドロップ式のインターフェースを提供しています。

Platform Features:

  • モバイルアクセス
    ドラッグ&ドロップコーディング
    また、ハンドコーディングを可能にし、優れた汎用性を提供します。
    データセキュリティとデータ同期

Rating:

Kissflowには何百ものレビューがあり、平均すると5つ星のうち4.5くらいです。

Pros:

  • フレキシブル
  • チケットの全履歴アクセス
  • 優れたトラッキング機能
  • クラウド型なので簡単にインターネットができる
  • 価格の割にはお得感がある

Cons:

  • オフラインオプションなし
  • あまりカスタマイズできない

7. DWKit

DWKitは、ローコードアプリ開発プラットフォームとしても機能するBPMソフトウェアです。比較的新しく、あまり知られていませんが、多くのユースケースを提供しています。

Platform Features:

  • フリーでオープンソースのオプションを提供
  • ビデオチュートリアル
  • 技術サポート
  • セルフホスティングとクラウドベースの両方のオプション

Rating:

このソフトに対する評価はまだほとんどありません。しかし、このソフトを使っているユーザーからは非常に好かれています。 

Pros:

  • ユーザーがアプリを4倍速くローンチできる
  • 総所有コストを30%削減
  • ソースコードへのアクセスを提供します(究極のライセンス保有者向け)
  • 簡単なカスタマイズ
  • ドラッグ&ドロップによるコーディング機能
  • データベースサポート

Cons:

  • 使い勝手の悪いウェブサイト
  • 非常に新しいということは、すでに確立されたブランドよりも信頼性が低いことを意味しています。

8. Salesforce Lightning

Salesforce Lightningソリューションは、データとRADを組み合わせたものです。Salesforce Lightning Platformは、App Builder、Lightning Flow、SalesforceDX、Herokuなどのツールをオールインワンのユーティリティに統合し、ソフトウェア開発プロセスを劇的に高速化します。 

Platform Features:

  • ローコードアプリ開発
  • 様々な業種のビジネスソリューションを簡単に統合
  • スタイルガイドを含む
  • 24時間365日のサポート

Rating:

Salesforce LightningはG2で星4.1/5の評価を得ており、ローコード開発プラットフォームの分野では「リーダー」と称されています。

Pros:

  • 高度にカスタマイズ可能
  • 失ったオポチュニティと獲得したオポチュニティを記録
  • 優れたレポートダッシュボード
  • 簡単なデータトラッキング

Cons:

  • かなり一般的な不具合
  • やや急な学習曲線

9. Microsoft PowerApps

PowerApps は、Microsoft が提供するローコード RAD ソリューションです。他の製品ほど有名ではありませんが、他の便利なサービスの中でも、データソリューションを提供する堅牢な選択肢です。

Platform Features:

  • キャンバス、モデル駆動型、ポータルアプリの作成に使用可能
  • 30日間の無料トライアルを提供
  • 2つの異なる手頃な価格設定のオプションを提供
  • カスタマイズされたブランディング
  • アプリ開発を早くするためのアプリテンプレート

Rating:

Microsoft PowerAppsは平均して4つ星の評価を受けています。さらに、ある情報源によると、顧客満足度は97%とのことです。

Pros:

  • 非常にユーザーフレンドリー
  • 費用対効果が高い
  • ユーザーはモバイルアプリとデスクトップアプリを同時に作成することができる
  • 簡単に学べる

Cons:

  • ソフトウェア自体がモバイルに最適化されていない
  • 時々不具合がある

10. Mendix

MendixはクラウドネイティブのRADプラットフォームです。IBM CloudまたはSAP Cloudプラットフォームを使用し、Mendixはハンドコーディングに比べて最大10倍のスピードでアプリを配信することができます。

Platform Features:

  • コラボレーションツール
  • 互換性テスト
  • ソースコントロール
  • アナリティクス

Rating:

Mendixは、ガートナーやフォレスターからも高く評価されています。この分野のリーダーとして認知されています。ユーザー評価は通常4.5つ星です。

Pros:

  • 優れたユーザー体験を提供
  • 非常に安全
  • ほとんどのアプリの作成にコーディングは不要
  • サポートが良い

Cons:

  • 大企業をターゲットにした高額な費用
  • プロの開発者にとっては特に柔軟性がない

11. Google App Maker

当然ながら、GoogleもRADのローコードソリューションを提供しています。Google App Makerは、ローコードソリューションのトップに最近入ってきたものです。それは2018年にベータ版がリリースされ、40ものGoogleサービスへのアクセスを提供しています。

Platform Features:

  • ドラッグ&ドロップのユーザーインターフェース
  • アプリを作成するためのテンプレート
  • 宣言的データモデリング(何をするかという目的のみ)
  • Cloud SQLのビルトインサポート

Rating:

Google App Makerは4.5つ星で最高評価です。サービスに対して不満を持っているユーザーはほとんどいません。

Pros:

  • カスタマイズされたアプリケーションを数分で構築
  • 非常に使いやすい
  • アクセス性の高い
  • チュートリアルを提供

Cons:

  • 高度なアプリを開発するためには、高度なコーディングの知識が必要になる場合がある
  • カスタマイズ可能なテンプレートがない

最後に

これらの多くは、ローコードのアプリ開発プラットフォームだけでなく、データソリューションやその他の包括的なビジネスソリューションです。より多くの企業がローコードのトレンドに参加するようになると、それらの企業が必要とするソリューションを用意することが特に重要になってきます。

そのため、Xplentyは、ニーズに応じてローコードまたはノーコードのETLソリューションを提供しています。Xplentyがあれば、専門家の開発者を雇うことなく、データの抽出、転送、ロードを迅速かつスムーズに行うことができます。ローコードまたはノーコードのデータ変換プロセスを始めるために、以下のリンクよりオンライン相談をお申し込みください。 

Xplentyのオンライン相談に登録して、無料トライアルでプラットフォームを試してみよう!

Xplentyの機能概要や実際の操作感を見てみたい方は、定期的に開催している製品紹介セミナーがおすすめです。

Xplentyのオンラインセミナーに申し込む。