革新的なテクノロジーの急速な進化の中で、企業は迅速に対応することができなければ滅びてしまいます。企業の成功には、変化に対応する能力が不可欠です。こうした対応するための能力の鍵となるのは、データに基づいた意思決定を可能にするリアルタイムの情報へのアクセスです。従来、データは複数のシステムにまたがって存在しており、それらをまとめて意味のあるものにする簡単な方法はありませんでした。 

しかし、ローコード/ノーコード・ムーブメントの台頭により、技術者ではないユーザーでもIT部門のサポートを最小限に抑えながら複雑なデータ統合を行うことができるツールが登場しました。こうしたユーザーは、シチズン・インテグレーターと呼ばれ、より迅速に対応可能なビジネス環境を育むために、企業がデータ統合を行う方法を変ています。

Enjoying This Article?

Receive great content weekly with the Xplenty Newsletter!

Octopus

Table of Contents

  1. シチズン・インテグレーターとは?
  2. シチズン・インテグレーターが求められる背景
  3. シチズン・インテグレーターの価値
  4. ビジネス・ドメイン・エキスパート > シチズン・インテグレーター
  5. 最後に

シチズン・インテグレーターとは?

シチズン・インテグレーターとは、最小限のITサポートでアプリケーションとデータを接続する必要があるビジネスユーザーのことです。彼らは通常、開発者ではなく、プログラミングの知識もありません。しかし、自分の業務に関しては強力な専門知識を持っているため、データ統合を行うのに理想的な人材です。このような人材の特徴として以下が挙げられます。

  • ビジネスプロセスに関連する深い専門知識を持っている
  • ユーザーのニーズを理解している
  • データ要件を理解している
  • 多少の技術的知識を持っている

例えば、マーケティングキャンペーンを計画しているマーケティングマネージャーを想像してみてください。彼らは、どのようなデータが必要で、データがどのように意思決定に役立つかを知っています。しかし、データは複数のシステムにまたがって存在しています。マーケティング担当者に、データを統合するために必要なツールを提供することで、マーケティングキャンペーンの意思決定を迅速に行うことができます。

シチズン・インテグレーターが求められる背景

従来、アプリケーション開発やデータ統合はIT部門の仕事でした。しかし、ITチームは既存のシステムやユーザーのサポートに最大で60%もの時間を費やしており、新しいプロジェクトに割く時間はほとんどありません。

その結果、IT部門は統合プロジェクトのボトルネックとなり、各部門はリソースが利用可能になるのを待たなければならなくなります。この問題を解決するために、Xplentyのようなツールは、ビジネスユーザーがIT部門を介さずにアプリケーションとデータの統合を行うことを可能にします。  

シチズン・インテグレーターの価値

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 14 days. No credit card required.

Octopus

Project Management Instituteの報告書によると、92%の経営者がビジネスの成功にはビジネスアジリティが不可欠だと考えています。調査対象となったエグゼクティブの41%は、アジャイルフレームワークを採用してから収益が50%向上したと述べています。 

ビジネス・アジリティの原動力は、変化に素早く対応する能力です。企業は、データに基づいた意思決定を行うために、重要な情報に素早くアクセスする必要があります。シチズン・インテグレーターは、アジャイル文化を支える統合機能の構築に貢献しています。 

より効果的なデータとアプリケーションの統合

残念ながら、多くの企業では、企業が求めるものと、最終的に提供されるソリューションとの間にギャップがよく発生します。ユーザーは不満を感じ、ソリューションは彼らのニーズを満たしません。 

ドメインエキスパートはユーザーに近い存在であり、ユーザーが何を必要とし、何を期待しているかを明確に理解しています。データ統合を行うシチズン・インテグレーターに権限を与えることで、その視点をより正確に反映したソリューションを提供することができます。 

生産性の向上

ドメインエキスパートがカスタムな統合機能を構築できるようにすることで、ビジネスをサポートするための合理的なワークフローを開発することができます。その結果、ユーザーが複雑なタスクを簡単に実行できるようになり、生産性が向上します。

サービス提供時間の短縮

市場の変化に伴い、企業は競争力を維持するために瞬時に対応する必要があります。シチズン・インテグレーターは、このような環境変化の中で、しばしば「最初の応答者」となります。彼らは、ビジネス上の課題に迅速に適応するためのツールを必要としています。インテグレーターを抱える企業は、このような変化に迅速に対応することができます。

ビジネス・ドメイン・エキスパート > シチズン・インテグレーター

IT部門を中心とした社内の環境の中で、ドメイン・エキスパートをシチズン・インテグレーターへと育てるのは困難を伴います。多くの企業において、IT部門は、ノーコード/ローコードの動きを脅威とみなしています。ドメイン・エキスパートをサポートする環境を構築するには、データ統合プロジェクトに新しいアプローチを採用する必要があります。

カルチャーシフトの必要性

ローコード/ノーコードの流れは、ITとビジネスの境界線を曖昧にしています。その結果、インテグレーターは、IT専門家の協力を受けられるかどうかという問題に直面しています。IT部門の関与がないため、組織的な障壁が強化され、進歩が妨げられています。企業は、ドメイン・エキスパートを受け入れ、彼らが必要とするソリューションの開発をサポートする新しい文化的環境を育成する必要があります。

適切なツールを提供する

Xplentyのようなツールを使えば、ドメインエキスパートは、データに基づいた意思決定を行うために必要なアプリケーションとデータを簡単に統合することができます。 

高度なアナリティクスのトレーニングを増やす

前述の通り、シチズン・インテグレーターはビジネス・ドメイン・エキスパートです。彼らには、データ分析技術に関する高度な知識がないかもしれません。データ・アナリティクスの高度な知識は必須ではありませんが、非常に有益です。さらにトレーニングを受ければ、ドメインエキスパートは、より複雑な統合を行うために必要なスキルを身につけ、最終的にはビジネスにより高い価値を提供することができます。 

最後に

Enjoying This Article?

Receive great content weekly with the Xplenty Newsletter!

Octopus

Xplentyのノーコード・ローコードツールを使えば、データ統合やデータパイプラインの構築が簡単に行うことができます。データアナリスト、マネージャー、ビジネスユーザーのいずれであっても、技術的な経験に関係なく、簡単な統合から高度な統合まで作成することができます。 

完全なツールキット

Xplentyには、複雑なETLまたはELTデータパイプラインを構築するために必要なすべてのものが含まれています。直感的なポイント&クリックインターフェースにより、シンプルなレプリケーションパイプラインから複雑なデータ抽出および変換タスクまで、あらゆるものを作成することができます。 

100以上のデータソースを統合

オンプレかクラウドかにかかわらず、Xplentyには様々なアプリケーション、データベース、ファイル、データウェアハウスと統合できるデータコネクタが付属しています。

スケーラブルで弾力性のあるインフラ

数件のレコードを処理する場合でも、数十億件のレコードを処理する場合でも、迅速かつ容易にスケールアップできることは、ビジネスのレスポンスタイムにとって非常に重要です。データ処理のスケールアップやスケールダウンは、スライダーを動かすだけで簡単に行うことができます。 

シチズン・インテグレーターは、ビジネス・アリジリティの土台です。彼らの専門性は、重要なデータ統合を構築するために必要な情報を迅速かつ容易に特定できる独自の知識を与えてくれます。その結果、迅速な意思決定をサポートし、生産性を高め、部門間の障壁を取り除くことができます。Xplentyがお客様のシチズン・インテグレーターをどのように役立つか興味のある方は、ぜひオンラインデモにお申し込みください。