ガートナー社は、2023年までに、データ共有を推進している企業は、ほとんどのビジネス価値指標において同業他社を凌駕すると予測しています。ガートナー社のリサーチ・バイス・プレジデントであるデブラ・ローガン氏は、「データ共有は、ビジネス上の課題や目標を解決するために、より質の高いデータとより堅牢なデータおよび分析を最適化する方法です。」 と述べています。これらの数字を考えると、企業がアプリケーション統合を中核的な企業戦略として採用する必要があることは明らかです。この戦略にはいくつかの長所と短所がありますが、以下の要素を慎重に評価することで、自社にとって最適な情報統合のアプローチ方法を決定することができます。 

Enjoying This Article?

Receive great content weekly with the Xplenty Newsletter!

Octopus

Table of Contents

  1. データ統合のタイプ
  2. アプリケーション統合のメリット
  3. アプリケーション統合のデメリット
  4. さいごに

データ統合のタイプ

情報を統合するにはいくつかの方法がありますが、いずれの方法も、情報に基づいた意思決定を行うためにビジネス情報を必要とする人々に提供するという点では同じです。

Consolidation

統合について語るとき、多くの人が思い浮かべるのが「Consolidation」です。Consolidationとは、複数のソースから情報を収集し、それを一箇所にまとめる作業です。

Propagation

Consolidationのように情報を結合するのではありません。代わりに、Propagationは情報を必要とする可能性のあるシステム間で情報をコピーします。 

Federation

Federationは、表面的にはConsolidationと似ています。しかし、Federationは、複数のソースから情報を取得し、1つの中央の場所からアクセスできるようにする仮想化技術です。情報はあくまで統合されるのではなく、ユーザーが要求するまで別々に保管された状態です。

Xplentyのアプリケーション統合のスイートは、お客様の主要なビジネスシステムの様々な情報を簡単にマージし、Propagateし、共有することができます。 

アプリケーション統合のメリット

ガートナー社の同様の調査では、「データ共有は重要なKPIであり、ビジネス上必要なものである。それはデジタルビジネスの変革を加速させる。」と述べられています。ビジネスに直結したKPI(重要業績評価指標)を持つ企業は、明確なビジネス価値を一貫して生み出す効果の上がる確率が1.7倍になります。以下では、統合のさらなるメリットをご紹介します。

生産性の向上

アプリケーションを統合することで、従業員の生産性を向上させることができます。1つのシステムに情報があれば、従業員は同じ情報を複数のシステムに再入力する必要はありません。また、業務を遂行するために必要な情報を探すために、常に別々のシステムを操作する必要もありません。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 14 days. No credit card required.

Octopus

顧客サービスの改善

顧客データ統合(CDI)とは、さまざまなソースから顧客の行動を収集し、すべての部門で簡単に共有できるようにそれらを組み合わせることです。その結果、より良いカスタマーエクスペリエンスを提供するためのデータソース(360度カスタマービューとも呼ばれる)が得られます。統合顧客情報戦略は、企業に以下のようなメリットをもたらします。

  • よりターゲットを絞ったマーケティングが可能となる。
  • 将来の販売の可能性を予測するインサイトを得ることができる
  • ロイヤリティーの高い顧客の特定
  • 顧客サービスの向上

意思決定のためのより意味のある情報

持続的な競争優位性を生み出すために、CEOは企業内の中核的な能力としてアナリティクスに投資する必要があります。これには、各ビジネスシステムから信頼性の高いデータを収集するという確固たるコミットメントが含まれます。情報は1つのシステムに集約されることでより意味を持ち、傾向を分析してより早く結論を導き出すことができます。

データ精度の向上

ガートナー社の調査によると、不良データがあると、平均して企業の収益の30%以上が失われると言われています。従業員が複数のシステムでデータを複製することを強いられると、ヒューマンエラーのリスクが高まります。そして、ヒューマンエラーには不正確さがつきものです。情報を1つのビューに統合することで、データの重複や不正確さのリスクを減らすことができます。 

Xplentyは、SalesforceZendeskHubSpotMailChimpなど、いくつかの主要なビジネスツールとの統合を通じて、正確性を促進し、意味のある意思決定をサポートします。

アプリケーション統合のデメリット

統合には多くのメリットがありますが、無視できないデメリットもいくつかあります。これらの項目には課題がありますが、これらは管理可能であり、アプリケーション・ソフトウェア統合戦略の成功を妨げるものではありません。

セキュリティリスク

複数のシステムのデータを統合すると、新たなセキュリティの脆弱性が生まれます。データがシステム間の新たなゲートウェイを通過すると、ハッカーに悪用される可能性のある弱点が生まれます。企業は、転送中のデータを保護するために、さらなる措置を講じる必要があります。

アップグレードの課題

複数のシステムを統合しても、単に1つのシステムになるのではありません。単に結びつけるだけなのです。アップグレードやメンテナンスは、それぞれのシステムで行う必要があります。すべてのシステムを自社で管理している場合、アップグレードのプロセスは複雑で時間がかかります。

コスト

サードパーティのシステムと統合している場合は、各システムにアクセスするのに料金がかかる場合、個別に支払う必要があるでしょう。システムの数にもよりますが、そのコストはすぐに膨れ上がってしまいます。

Enjoying This Article?

Receive great content weekly with the Xplenty Newsletter!

Octopus

さいごに

Xplentyは、マーケティング、製造、販売管理、サポートなどの様々なビジネスツールとの統合機能を持つ、アプリケーション統合のリーダーです。オンラインデモに申し込んで、Xplentyでお使いのソフトウェア統合作業がどう効率化できるかをご覧ください。