「世界で最も価値のある資源は石油ではなく、データです。」エコノミストは、世界のデータウェアハウジング市場が年間186億1千万ドルの収益を上げていた2017年にそう述べました。

2025年までに、データウェアハウジングの収益は346億9,000万ドルになると予測されています。

データウェアハウス業界が活況を呈しているだけでなく、データウェアハウスを使用している企業は金銭的な見返りを享受しています。

  • ユナイテッド航空は、顧客の行動データを分析して、年間収益を15%増やしました。
  • デルタは、データテクノロジーを使用してスマートフォンアプリから自社の預入荷物追跡システムに接続できるようにしました。これは、顧客にとって紛失した荷物をすぐに見つけるのに役立っています。
  • EasyJetは、機械学習分析を使用して、フライトの座席価格を自動的に調整することにより、利益を最適化しています。

全ての成果はこちらより確認いただけます。

しかし、このような収益はデータウェアハウスだけでなくそれ以外のものに依存しています。また、内部のデータ活用に使用しているツールにも依存しています。今回の記事では、収益性を高めるために最も重要なデータウェアハウスツールであるビジネスインテリジェンスプラットフォームに焦点を当てたいと思います。

以下では、我々がピックアップしたビジネスインテリジェンスソリューションの機能、ユーザーレスポンス、および自社に適しているかどうかを試すべき理由について解説します。

まず最初に:ビジネスインテリジェンスプラットフォームとは何ですか?

Gartner は、ビジネスインテリジェンス(またはBI)プラットフォームを次のように定義しています。

「ビジネスインテリジェンス(BI)プラットフォーム」は、オンライン分析処理(OLAP)などの分析、レポートやダッシュボードなどの情報配信、BIメタデータ管理、開発環境などの統合プラットフォームの3つのカテゴリの機能を提供することにより、企業がBIアプリケーションを構築できるようにします。」

言い換えると、BIプラットフォームは、企業がデータウェアハウスに含まれるデータのクエリ、分析、および理解に使用するアプリケーションです。 BIプラットフォームを使用して、複雑なSQLクエリ、機械学習アルゴリズム、人工知能ツールを展開し、データからインサイトを抽出できます。 BIプラットフォームは、リアルタイムのレポート、グラフ、およびその他のメトリックを介してこの分析を提示し、ビジネス上の意思決定や戦略に組み込むことができます。

最新のBIソリューションの最も魅力的な要素の1つは、直感的でカスタマイズ可能なグラフィカルユーザーインターフェイスです。通常、GUIには、グラフ、円グラフ、およびインタラクティブな視覚要素を備えたダッシュボードが含まれます。また、これらのBIプラットフォームを使用したり、利益を得るのにあなたは統計学者やデータサイエンティストである必要はありません。ほとんどの場合、コーディング方法さえ知る必要がありません。

しかし、それで終わりではありません。 2014年から2018年にかけてAIアルゴリズムによる予測分析の利用が270%増加した市場において、ビジネスインテリジェンスシステムは年々進化しており、企業はこれらの進化を活用したいと考えています。最新の開発には、ビジネスでの直感の使用を改善する「Artificial Intuition"」が含まれます。企業はBIチャットボットとNLP(Natural Language Processing)で実験を行っており、いつの日かコンピューターに明確で簡潔な英語で質問することでデータウェアハウスにクエリできるようになっています。

Diginomica (ネットメディア)は、まだ最高のものではないことを認めていますが、我々はビジネスインテリジェンステクノロジーの「第三の波」に足を踏み入れていると主張しています。

「データ分析の振り子は、過去40年間で大きく揺れ動きました。1980年代および90年代、データを処理するために使用されたソフトウェアは、企業IT組織の厳格な管理下にありました。
しかし、時間の経過とともに、このモデルはユーザー主導の「参加自由型」に変わり、「エクセル地獄」のアナリティクスバージョンと例える人もいます。

BIの "エクセル地獄"時代は、煩雑で矛盾したインサイトをもたらし、結果は信頼できるものではありませんでした。しかし、私たちが現在参入している「第三の波」は、両方の長所を提供しています。:コンプライアンスと信頼に値する結果のための集中管理と初心者ユーザーがほとんどもしくは全くトレーニングすることなくインサイトレポートを実行できるようにする使いやすいGUI。 Diginomicaによれば、「適切なデータに基づく分析の高速化は、新しいビジネスインサイトをもたらし、その結果、新しいビジネスチャンスをより速く得ることができる。」とのことです。

幸いなことに、収益性を高めるBIのインサイトから利益を得るために新しいテクノロジーを待つ必要は全くありません。以下で紹介するBIソリューションのいずれかを使用することで、すぐにより良いビジネス上の決定を下すことができます。

ビジネスインテリジェンスプラットフォーム

今回はChartio、Periscope Data、Tableau Server、およびAmazon QuickSightについて紹介したいと思います。

1. Chartio

undefined

Chartioは、非コーダーおよび高度なSQL開発者向けに構築されたWebベースのビジネスインテリジェンスソリューションです。このサービスは、ダッシュボードと便利なビジュアライゼーションを作成するためにドラッグアンドドロップのグラフィカルユーザーインターフェイスを提供しています。また、より強力なクエリとカスタム分析を開発したい上級ユーザー向けのSQLエディターも含まれています。

Chartioは、Azure、Amazon Redshiftのような様々なデータウェアハウスソリューション、ソーシャルメディアプラットフォーム、Google Dataなど容易に統合できます。 Chartioは、最大10ユーザーで月額400ドルから、限られた予算で小規模な企業に最適なソリューションです。

あるChartioユーザーは、プラットフォームの優れた概要を紹介してくれています。

「ChartioのSQL GUIを使用すれば、エンドユーザーはセルフサービスで行うことができ、他のプロジェクトにアサイン可能な膨大なエンジニアリソースを開放することができます。ChartioはGoogleスプレッドシートをデータソースとしてサポートします。これにより、エンドユーザーは、1回限りの使用や、データを継続的に更新する必要があるプロジェクトでカスタムデータソースを構築でき、多くの1回限りのETLプロジェクトを削減することができます。ビジュアライゼーションは鮮明で、ユーザーはChartioの使用を楽しんでいます。Chartioは、実際に重要かつパフォーマンス/ユーザーエクスペリエンスに影響を与える機能 を更新し続けています。 Chartioのカスタマーサポートは、レスポンスの速さと提供されているヘルプの品質において卓越しています。」

2. Sisense (Previously Periscope Data)

undefined

Sisense は、ユーザーがデータから機械学習のインサイトを抽出できる高度な機能を提供します。 SQL、R、およびPythonの機能を単一のプラットフォームに組み合わせることにより、チームはPeriscopeを使用して、シンプルなビジネス統計、機械学習予測モデル、およびAIの深いインサイトを明らかにするダッシュボードとメトリックを構築することができます。

ビルトインのすぐに使用できる多数のデータ統合機能により、Periscope Dataは、頼ることのできるBI開発チームを持たない中小企業に最適です。とはいえ、このソリューションは、ビジネスの成長に合わせて拡張することができます。

製品に満足しているユーザーからのPeriscope Dataの優れているサマリは次のとおりです。

「このツールにより、関係者に共有する必要のあるビジュアライゼーションを簡単に作成できます。特に、SQLクエリを記述し、ビジュアライゼーションのためのデータがクエリ結果から得られるという事実が気に入っています。特定のテーブルを指定するだけのものよりもはるかにビジネスインテリジェンスを柔軟にしてくれます。他のBIツールでは、特定のテーブルを指定する必要があります。行の取得を制限したり、結合処理を行う場合は、複数のドロップダウンをうまく使いこなす必要があります。そのアプローチだと非常に遅くなるため、Periscopeでは、そうしなくても良いので非常に気に入っています。」

3. Tableau Server:

undefined

Tableau Serverは、2003年から利用可能となった主要なビジネスインテリジェンスソリューションの1つです。最も人気のあるBIおよびデータ分析プラットフォームの1つとして、Tableauは、コーディングをしたくないユーザーにグラフィカルインターフェイスを提供します。また、すぐに使用できるさまざまなデータ統合機能、インタラクティブなダッシュボード、美しいビジュアル、優れたスマートフォン機能を備えていることでも知られているため、インターネットに接続されたスマートデバイスがあればどこからでもデータやメトリックにアクセスできます。

レガシーなエンタープライズレベルのソリューションであるTableauは、大規模組織向けの優れたBIの選択肢ですが、月額70ドルから個人ユーザー向けのオプションも提供しています。このソフトウェアを最大限に活用するには、高度な専門知識が必要となることを気に留めておくことが重要です。

幸せな顧客からのTableauの素晴らしい説明は以下のとおりです。

「Tableau Serverはグローバル企業にわずか数か月で簡単に導入できます。これは非常に使いやすいWebベースのアプリケーションであるため、どんなユーザーでもトレーニングを必要としません。アナリストまたはデータサイエンティストは、サーバー上でレポートを公開できます。ユーザーはInternet Explorerまたはモバイルデバイスからサーバーにログインし、非常に今風な方法でダッシュボードを直接表示できます。3ステップでFortune 500の企業は、5,000人以上のユーザーにダッシュボードと予測分析を迅速に提供できます!」

4. Amazon QuickSight:

Quicksight.png

Amazon QuickSightはビジネスインサイトのラインナップに新しく追加されたものであり、一部のユーザーは、QuickSightがTableauなどのより確立されたBIプラットフォームと競合するにあたって成熟する必要があると主張しています。ただし、QuickSightは、特に美しいビジュアルプレゼンテーション、直感的でグラフィカルなユーザーインターフェイス、およびインタラクティブなダッシュボードで高い評価を得ています。

QuickSightは、他のAWSソリューションとの優れた統合により、非常に正確な機械学習インサイトを提供していることでも知られています。さらに、QuickSightのセッション単位の料金設定は、コスト重視のユーザーにとっては優れた選択肢となります。 Amazon Redshiftデータウェアハウスを使用している場合は、この費用対効果の高いBIソリューションをテストしてみてください。

G2CrowdレビュアーによるAmazon QuickSightの優れたサマリは以下のとおりです。

「この非常に高速なセッション単位課金のクラウドベースのサービスは驚くべきものです。QuickSightを使用すると、デバイスからアクセスしたり、アプリケーションに組み込むことができるさまざまなダッシュボードを作成することができます。セッション単位課金が決め手となり、QuickSightを選びました。これにより、実際に使用した分を支払うだけで済みます。初期費用も年会費も必要ないので、彼らは無敵です。」

Good Business Intelligence Needs Good Data

結局のところ、高品質のインサイトを作り出すために必要なデータを取り込むことができなければ、データウェアハウスやBIプラットフォームは良いと言えるでしょうか? Xplentyのデータ統合プラットフォームは、数百のソースから自動的にデータをデータウェアハウスに統合します。Xplentyには、すぐに使用可能なデータ統合機能が含まれます(以下、ほんの数例を紹介します)

  • MySQL
  • PostgreSQL
  • MongoDB
  • Amazon Redshift
  • Oracle
  • Snowflake
  • Google Drive
  • Oracle
  • MailChimp
  • Salesforce
  • Slack
  • LinkedIn

Xplentyのパワーを体感するために、以下のユーザーは優れた概要を紹介してくれています。

「期待を超えている:Xplentyは素晴らしいです。Xplentyについて私が最も気に入っていることを1つ説明するとすれば、それは直感的に使うことができる接続の多さです。私はDBA(データベース管理者)ではありません。私はさまざまな理由によって自分の役割をデータ管理の一部まで担う必要のあるBIアナリストであり、Xplentyを使えば簡単かつ自在にそれができることが分かりました。」

Xplentyについて詳しく知りたい場合、またはデータウェアハウスやBIソリューションとのデータ統合の課題に直面している場合は、こちらをクリックしてデモをスケジュールしてください。