「データは新しい石油である」という言葉を聞いたことがあるでしょう。今日、データはますます多くのビジネスの原動力となっています。パーソナライズされた顧客体験、自動化されたマーケティングメッセージ、科学に基づくインサイトなど、すべては情報の質と量にかかっています。企業はデータの収集に躍起になっていますが、それは当然のことです。一方、立法機関は、個人のプライバシーとセキュリティを守ることに熱心です。

企業は、欧州の一般データ保護規則(GDPR)やカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)などのデータプライバシー規制の遵守を目指しているため、しばしば課題に直面します。これらの規制では、機密性の高い個人データを保護するために、厳格なアクセス制御が求められます。 

この記事では、データプライバシーとそれを維持することの重要性について詳しく説明します。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 7 days. No credit card required.

Octopus

Table of Contents

  1. データプライバシー
  2. データプライバシーの重要性
  3. データプライバシーに関する法律とGDPR
  4. データプライバシー vs. データセキュリティ
  5. データ漏洩とセンシティブデータ
  6. データ・プライバシー規制を遵守するためにXplentyはどのように役立つか?

データプライバシー

「データプライバシー」とは、通常、重要な個人情報の取り扱いを意味し、「個人識別情報」(PII)や「個人健康情報」(PHI)とも呼ばれます。これらの情報には、社会保障番号、健康記録、銀行口座やクレジットカード番号などの金融データが含まれます。

ビジネスの現場では、データプライバシーは、従業員や顧客のPIIにとどまりません。データプライバシーには、企業の運営に役立つ情報も含まれます。これには、独自の研究、開発データ、財務情報などが含まれます。

データプライバシーの重要性

個人データや機密情報を安全に保つことは、非常に重要です。金融データ、医療情報、その他の個人的な消費者やユーザーのデータなどが誤った人の手に渡ると、危険な状況を引き起こす可能性があります。個人情報へのアクセス制御が行われていない場合、個人が詐欺や個人情報の盗難に遭う危険性があります。

さらに、政府レベルでのデータ流出は、国全体のセキュリティを脅かす可能性があります。また、企業内で発生した場合には、競合他社が自社の機密データにアクセスできてしまう可能性があります。

そこで登場するのが、データ保護法です。私たちの生活や活動の大部分がオンラインで行われるようになり、サイバーセキュリティへの関心はますます高まっています。

データプライバシーに関する法律とGDPR

GDPRは、欧州連合(EU)および欧州経済領域(EEA)におけるデータ保護および情報プライバシーに関する法律です。

GDPRには、EEAに所在する個人(GDPRでは正式にデータ主体と呼ばれる)の個人データの処理に関する規制が含まれています。GDPRは、企業の所在地や規模、消費者の国籍や居住地にかかわらず、すべての企業に適用されます。

GDPRを遵守しない場合、最大2,000万ユーロまたは年間総売上高の4%のいずれか大きい方の金額の重い罰金が科せられます。

Enjoying This Article?

Receive great content weekly with the Xplenty Newsletter!

Octopus

データプライバシー vs. データセキュリティ

企業では、「データプライバシー」と「データセキュリティ」という言葉を区別なく使用している場合がありますが、これらは同じものではありません。データプライバシーは、データセキュリティの一分野で、主にデータの取り扱いに関するもので、同意、データ収集、法規制の遵守などの問題に関連しています。データプライバシーは以下のことに重点を置いています。

  1. 企業が第三者と共有する際にデータを保護する方法
  2. GDPR、HIPAA、GLBA、CCPAなどの規制

データセキュリティは、ハッカーからの攻撃からデータを安全に保つことに重点を置いています。データセキュリティとは、データのライフサイクル全体を通して、不正なアクセスや破損からデータを保護するためのプロセスや行動を指します。

悪意のあるハッキングの脅威は、外部からのものと内部からのものがあります。ITチームは、アプリケーションやプラットフォーム上のデータを保護するために、暗号化、トークン化、ハッシュ化など、さまざまな手法を用います。 

データ漏洩とセンシティブデータ

データ漏洩とは、意図的または非意図的に機密データが公開され、信頼できない環境にさらされることです。他の一般的な用語としては、「意図しない情報公開」、「情報漏洩」、「データリーク」、「データ流出」などがあります。 

データ漏洩は、ハッカー、政治活動家、外国政府による悪意のある攻撃から、コンピュータ機器やその他のデータ記憶媒体を廃棄する際の不注意な処理まで、さまざまな方法や状況で発生する可能性があります。

ほとんどの国・地域では、データ漏洩の通知に関する法律が施行されており、データ漏洩を経験した企業は、漏洩の影響を受けた人々に情報を提供することが義務付けられています。GDPR、California Consumer Privacy Act、Gramm-Leach-Bliley Act、Health Insurance Portability and Accountability Actなどは、データ・プライバシーを規制し、データ侵害を防止するための法律の一例です。 

データプライバシー規制を遵守するためにXplentyはどのように役立つか?

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 7 days. No credit card required.

Octopus

Xplentyは、可視化されたデータパイプラインを備えたクラウドベースのETL(Extract, Transform, Load)ソリューションであり、幅広いソースとデスティネーション間のデータフローの自動化を実現します。 これにより、コンプライアンスのベストプラクティスを遵守しながら、データの変換、正規化、クリーニングを行うことができます。

当社は、最高のセキュリティとデータ保護レベルを維持するために、すべてのウェブサイトとマイクロサービスでSSL/TLS暗号化を使用し、すべてのセキュリティ証明書と暗号化アルゴリズムを定期的に検証して、お客様のデータの安全を確保しています。

Xplentyでは、ファイアウォールを使用してシステムへのアクセスを制限しており、各システムはシステムの機能に基づいて特定のファイアウォールセキュリティグループに属しています。Xplentyのスタッフ以外は、ユーザー名とキーの認証を必要とするオペレーティングシステムにアクセスすることはできません。データプライバシーを確保するための対策については、こちらをご覧ください。 

データプライバシーとデータマネジメントにおいてXplentyがどのように役立つかに興味がある方は、オンラインデモにご登録ください。