前世紀の多くのテクノロジーは、今では時代遅れになっていますが、フラットファイルデータベースは、現在でも非常によく使われていますし、これからもずっと使われ続けるでしょう。フラットファイルデータベースは40年以上もの間、試練に耐えてきましたが、様々な理由で今もなお健在です。

Table of Contents

  1. すべてのレコードを一箇所に保管できる
  2. 多様かつ標準的なオフィスアプリケーションを使って、ファイルを理解し、設定可能
  3. 小規模なデータベースには最適な選択肢である
  4. ハードウェア、ソフトウェア構成が最低限で済む

フラットファイルは今も不可欠

フラットファイルデータベースは、70年代にIBMが開発したもので、長い歴史を持っています。データ統合において、フラットファイルは、その軽量さと、収集・転送できるデータ量の多さから、現在でも非常に効率的です。

internal-cta-form

フラットファイルとは?

フラットファイルとは、データを保存する最もシンプルな方法の一つです。データをプレーンテキストファイルに保存し、テキストの各行に1つのレコードが含まれます。レコード内のさまざまなフィールドをタブやカンマで区切ることができます。各レコードは、顧客の注文、従業員の情報、製品などを表すことができます。各セクションにはフィールド名を入れ、コンマで区切られた値や区切り線としての属性を追加します。

リレーショナルデータベースとは異なり、フラットファイルデータベースは固定長の情報を1つのテーブルにしか格納できません。しかし、複数のフラットファイルがある場合は、通常、RDBMSなどのデータベースプラットフォームにインポートし、リレーショナルデータベースに追加することで、複数のテーブルを含み、スタック可能にすることができます。

フラットファイルデータベースとは、単にファイルの保存方法を指す場合もあることを覚えておいてください。ここでは、ファイルは階層化されておらず、仮想のファイルキャビネットにフラットファイルとして保存されているので、簡単に見つけることができます。

フラットファイルは、ユーザー名やパスワード、連絡先、音楽コレクション、商品説明など、あらゆるものの保存に使用することができます。フラットファイルは非常に柔軟で、単一または複数の属性を持つレコードに対応できます。以下では、企業がデータ管理計画の一部としてフラットファイルを採用する理由について解説します。

1. すべてのレコードを一箇所に保管できる

階層化されたファイルフォルダーの中に記録が埋もれていると、記録を引き出すのが困難になることがよくあります。しかし、フラットファイルであれば、記録を検索するのはとても簡単です。一箇所にまとめられているので、自分の好きなように分類することができます。簡単な検索キーワードを使って、必要な情報を調べたり、見たり、取り出したりすることができます。 また、フラットファイルの基本的な性質は、データウェアハウスのエンジニアがデータを迅速にインポートすることを容易にしてくれます。

あなたの仮想ワークスペースは、必要最小限のストレージで、きれいに整頓されます。

2. 多様かつ標準的なオフィスアプリケーションを使って、ファイルを理解し、設定可能

2. 標準的なオフィスアプリケーションを使って、ファイルを理解し、設定することができます。

internal-cta-form

複数のデータベースアプリケーションでフラットファイルを利用・作成できます。ファイルテーブルはテキストエディタで作成でき、データ形式の指定は必要ありません。区切り文字で各セクションを分けます。

一般的なオフィスアプリケーションには、以下のものがあります。

  •  Microsoft Access
  •  FileMaker Pro
  •  Berkeley DB
  •  Borland Reflex

また、Microsoft Excelのようなソフトウェアを使って、フラットファイルを構成・操作することもできます。実際、Excelで作成されたほとんどのスプレッドシートはフラットファイルのようなものです。Excelは、データをより制限された方法で入力することができるだけです。Excelでは、他のソフトウェアからインポートしたファイルを開くこともできますし、フラットファイルをSQLにインポートすることもできます。

3. 小規模なデータベースには最適な選択肢である

多くの情報を1つのフラットファイルにまとめたり、一連のファイルにまとめたりすることができます。基本的な情報しか必要としない小規模なデータベースには、フラットファイルが最適です。1行に1つのレコードしか入らないので、冗長化したデータになってしまう嫌いがあります。しかし、小さなデータベースでは、これは大きな問題ではありません。

ほとんどの小規模データベースでは、特定のデータタイプを扱うため、ファイルタイプが特に有効になります。CSVファイルでもXMLファイルでも、フラットファイルであれば小規模ビジネスのニーズに対応できます。

4. ハードウェア、ソフトウェア構成が最低限で済む

Windows、Macintosh、Linuxなど、多くのOSがフラットファイルデータベースを採用しているのには理由があります。フラットファイルデータベースは、大量のデータを格納することができるため、煩雑になりがちですが、他の方法に比べて効率的です。

多くのソフトウェアは、このシンプルなテキストファイルを使用します。多くのソフトウェアでは、これらのシンプルなテキストファイルを使用しています。Microsoft AccessでもCSVまたはTSVファイルを開くことができます。

CSV、TSVファイルは非常に軽いので、データ転送にも適しています。最小限のハードウェアで、クラウドとの間で簡単に転送することができます。また、Xplentyのようなサービスを利用すれば、コストも抑えられます。

まとめ

ご覧のとおり、フラットファイルデータベースは、ファイルストレージとして今でも非常に重要です。データを転送するにしても、単に保存するにしても、これらのファイルは比較的少ないストレージスペースで済みます。 テキストファイルはすぐに廃れるものではありませんし、小さなデータベースを必要としている人は、自ずと使うことになるでしょう。

フラットファイルをXplentyで処理しよう

internal-cta-form

フラットファイルデータベースの使用を自分で試す準備はできていますか?Xplentyがお手伝いします。Xplentyのファイルストアは、あなたのビジネスのやり方を変えます。まずはオンラインデモでご相談ください。