すべてのビジネスデータを出来る限り労力を使わずに統合することは、多くの現代企業の目標です。 ETL(Extract, Transform, and Load)は、さまざまなタイプの複数のデータソースを、データパイプラインを介して1つのデータウェアハウスにロードする方法の1つです。これにより、企業は利益を高める重要なインサイトをより早く得ることができます。このようなデータを使用可能なフォーマットにまとめる方法は数多くあります。今日は、REST APIコネクタの利点について見ていきたいと思います。

Table of Contents

  1. REST APIとは?
  2. REST APIコネクターとは?
  3. REST APIコネクターのユースケース
  4. XplentyのREST APIコネクターを利用する
  5. Xplentyですべてに接続

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 14 days. No credit card required.

REST APIとは?

REST APIまたはRESTful APIは、Representational State Transfer API (Application Programming Interface)の略です。APIは、あるアプリケーションが他のアプリケーションと対話することを可能にするルールやメソッドのセットで、多くの場合、特定のフォーマットでデータを特定し返すことを目的としています。

最も簡単に言えば、RESTはクライアントが使用できる形式でデータを提供することに焦点を当てています。RESTは、データ全体の完全なコピーではなく、関連するデータへの参照により、デジタルシステムのコミュニケーションをより効率的にするために設計されたプログラミングアーキテクチャのスタイルです。

REST はそのアーキテクチャの多くで HTTP リクエストを使用しています。これは、多くの開発者が REST APIを利用していることを意味します。RESTful アーキテクチャを使用して開発するということは、Web 自体のアーキテクチャを有効利用することを意味します。これが、多くのサービスがREST APIを利用している理由です。

RESTは標準やプロトコルではないので、すべてのREST APIが助けを借りずに相互に通信するわけではありません。これはデータの照合や統合を行う際に問題となる可能性があり、特にデータの共有や転送の面で開発者が最も指摘している制限の1つです。

そこで便利なのがREST APIコネクターです。

REST APIコネクターとは?

REST API コネクターを使用すると、ユーザーは既存の任意のREST APIに柔軟に接続し、必要なデータを手軽に抽出することができます。コネクターの唯一の仕事は、関連するAPIに接続して必要な情報を表示することです。これにより、開発者やデータアナリストが独自のコネクターをプログラムする必要がなくなります。(特に複数のRESTソースに接続してクエリを行う場合には、手間と時間がかかります。)もちろん、すべての企業に現場の開発者がいるわけではありません。だからこそ、企業のデータマネジメントパートナーシップが非常に重要になるのです。

REST APIコネクターのユースケース

REST APIコネクターの最も一般的で人気のある用途の1つは、多数のREST APIからのデータを照合し、Amazon RedshiftやGoogle BigQueryなどのクラウドベースのデータストレージシステムにマージすることです。

リーディングETLプラットフォームとして、Xplentyは、RESTful APIサービスを他のデジタルおよびクラウドベースのサービスと統合することを可能にします。ここでは、いくつかの例をご紹介します。

  • Shopify
  • BigCommerce
  • Hubspot
  • MailChimp

コネクタの主な利点は、ほぼすべてのRESTデータソースへのリンクを実現し、ビジネスのニーズにぴったり合った効果的なデータパイプラインを作成できることです。

また、データソースを常に更新することができるので、新しいプラットフォームやアプリケーションも、RESTful アーキテクチャを使用している限り、すべて簡単に接続することができます。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 14 days. No credit card required.

XplentyのREST APIコネクターを利用する

いくつかの基本的な指示により、Xplentyに対してどのようなデータを取得したいか、どのような形式で取得したいかを設定することができます。APIの主要な部分は以下の通りです。

  • Method :(例 どのタイプの接続を行うか?)
  • URLもしくはエンドポイント
  • Header : 関連情報を保持
  • Body : 受信するデータに関する情報
  • Credentials : データへのアクセス権を持っていることを証明

データを取得する際に使用する主なMethodは、データを取得する「GET」です。他のコマンドには、データの作成と更新を行う "POST"、部分的な変更を行う "PATCH"、APIを宛先として使用する場合は "PUT "などがあります。

コネクタは通常、基本のXplenty APIのURLと希望するエンドポイント専用のサフィックスを組み合わせたURLを使用します。ヘッダー情報には、取得するデータに関するより詳細なリクエストを含めることができます。

Xplentyですべてに接続

REST APIを使用するほぼ全てのサービスは、当社のREST APIコネクターを使用してアクセスできます。データパイプラインを構築する際には、ビジネスインテリジェンスツールで必要とする重要なビジネスデータへのアクセスが可能になります。ユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えた専用のETLサービスを持つことで、高価でフラストレーションがたまる可能性のある自社のデータマネジメントサービスと格闘するストレスを取り除くことができます。

Related Reading: In-House ETL vs Xplenty: Comparison and Overview

Xplentyは、現代のクラウドと多様なデータソースとの連携についてのすべてを提供しています。それはもはや単に顧客データベースや電子メールアドレスのリストだけではありません。ソーシャルメディア上でのオンラインチャット、クリック、共有、アプリとのインタラクション、ウェブサイトのヒットは、ビジネスに不可欠なデータに関しては氷山の一角に過ぎません。Xplentyを使用して、Salesforce、QuickBooks、MongoDBなどの様々なデータソースやビジネスツールに接続し、詳細で正確なデータがもたらす驚くべきインサイトと分析を発見してください。 

Xplentyのオンラインデモを予約して、すべてのビジネスデータを効果的に接続するために我々がどうサポートできるかを確認してみてください。