クラウドETLは、データを扱うための現代的な方法です。顧客からのSMSメッセージ、ウェブサイト上のクリックスルー、既存のデータベースなど、あらゆるソースからビジネスのデータを組み合わせて、1つのデータウェアハウスにまとめることがETLの目的です。これはあなたにとって何を意味するのでしょうか?ハイエンドのETLツールは、どんな場合に移り変わりの激しいビッグデータの世界においてメリットをもたらしてくれるのでしょうか?

Table of Contents

  1. クラウドETLの基礎
  2. クラウドETL ユースケース
  3. XplentyとクラウドETL

クラウドETLの基礎

ETLとは、Extract(抽出)、Transform(変換)、Load(ロード)の略です。これは、さまざまなソースからデータを取得し、クリーニングし、変換してからデータウェアハウスとして知られる集約化されたデータベースにロードするプロセスのことです。

Related Reading: What is a Data Warehouse?

クラウドETLは、物理的なストレージや無限のマニュアル作業に頼ることなく、処理プロセスをオンラインで行うことを意味します。2022年までには、ビジネス分析の90%がクラウドサービスを介して実行される可能性があります。 クラウドETLに今すぐ取り組むのは、どんなベンチャー企業においても将来を見据えた理想的な方法です。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 7 days. No credit card required.

クラウドETL ユースケース

ETLは、必要な全てのデータパイプラインのために手動でコーディングしていたかもしれない従来の方法よりもはるかにスムーズにデータを処理してくれます。しかし、実際、どのような場合、クラウドETLはみなさんのビジネスにメリットをもたらすことができるでしょうか?ここでは、クラウドベースのETLツールの利点に関するアイデアを持ってもらうため、いくつかのクラウドETLの使用例を紹介したいと思います。

あらゆるソースを簡単に管理

現代のビジネスでは、データはあらゆるソースから流入してきます。データウェアハウスは、顧客の詳細な情報だけが蓄積される場所であるというのをいったん忘れてください。あなたのソーシャルメディアチャンネル、Eメール、クライアントや顧客からのSMSメッセージについて考えてみてください。あなたの最新のブログとその閲覧数、そしてそれらのうちの何人があなたの製品やサービスを購入するに至ったかを考えてみてください。また、適切なパフォーマンスを発揮できていないウェブサイトのプロモーションについても考えてみましょう。

さて、これらすべてを管理するデータパイプラインを想像してみてください。コンテンツ制作者は、成功したブログスタイルを複製することができます。マーケティング担当者はプロモーションを切り替えることができます。貴重な顧客のコメントを記録し、それらに対応したり、改善のために利用したりすることができます。

IBMによると、良いデータウェアハウスとは、「...企業全体のパフォーマンスを長期的に評価できる意思決定支援システム(DSS)環境」です。データウェアハウスは、関連するすべてのソースから可能な限り多くの利用可能なデータをつなぐことによってのみ、このような仕組みを実現します。また、それにより、ビジネスで何が起こっているのかを長期間にわたって把握することができます。

コストを削減し、スペースを確保する

あらゆるタスクをクラウドに移行することは、物理的なサーバースペースを必要としなくなることを意味します。クラウドETLツールやクラウドベースのデータウェアハウスが登場する以前は、データの保管は社内で行われていました。これは、ビジネスデータを管理するためだけに、サーバー専用の部屋やストレージスペースを必要としていたことを意味します。また、このストレージを管理し、メンテナンスや技術的な問題に対処するために、個人やチームを雇う必要がありました(ビジネスの規模や関係するデータ量によって異なります)。クラウドベースのETLは、クラウドベースのデータウェアハウスソリューションと組み合わせることで、従来のデータ管理のこうした側面を取り除くことができます。

他のクラウドベースのサービスと一緒に作業する

その点、マニュアルでのデータ管理では、Amazon Redshiftのようなオンラインデータウェアハウスに複数のデータパイプラインを設定するのは大変だったことでしょう。完全クラウドベースのETLツールは、オンラインサービスを念頭に置いて設計されているため、互換性がないという心配はありません。クラウドETLは通常、物理的なソースやその他のソースだけでなく、クラウド上のあらゆる場所からの複数のデータ入力を管理し、さらにクラウドベースのさまざまな宛先に出力するため、企業はデータ管理を安全かつ将来においても有効なものに保つことができます。

自動化

これは、おそらく最も強力なクラウドETLのユースケースの1つです。過去には、データ管理は手作業で行われていました。手作業でコーディングされたデータパイプラインをマニュアルで実行しなければならず、その場合でも、多くの修正やコンフリクトを一度に処理しなければなりませんでした。専用のETLツールを使用することで、誰かが常にデータフローを監視する必要がなくなります。 完全に自動化されたデータ・パイプラインは、担当者を解放して、自分のビジネスに集中することができ、さらにデータはより速く必要な場所に届きます。これにより、より迅速な分析、インサイトが可能になり、競合他社より一歩先を行くことが可能になります。すべてのビジネスデータを取得し、最初のデータパイプラインを設定するだけで、自分の手を介さずにSalesforceに直接データを取り込むのを想像してみてください。膨大な量のダークデータ(収集されたが活用されなかったデータ)の代わりに、従来のデータ処理方法では不可能だったインサイトの機会を得ることができるようになります。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 7 days. No credit card required.

XplentyとクラウドETL

Xplentyは、現代のクラウドのために設計されたETLとELTツールです。Xplentyは、MongoDB、Amazon Redshift、Salesforce、QuickBooksなど、信じられないほど様々なソースからのデータをリンクすることができます。データパイプラインを作成するためのユーザーフレンドリーなドラッグ&ドロップシステムは、直感的に理解でき、高度なコーディングに精通していない人でも使うことが可能です。

Xplentyとのオンラインデモをスケジュールして、クラウドETLがみなさんの会社をどのようにしてデータ管理の次のステップに進めるのに役立つのか、デモを通して詳細をご覧ください。