多くの方はローコードとノーコードの区別がつかないのではないでしょうか。場合によっては、ユーザーが全く同じように説明することもあります。両者の違いは、果たして本当に重要なのでしょうか?両者の違いとは?その答えは、違いは非常に大きく、重要だということです。

Table of Contents:

ローコードとは?

ノーコードとは?

ローコード vs. ノーコード?

企業のためのローコード vs. ノーコード

Low-Codeとは?

ローコードの簡単な定義としては、ブロックベースでドラッグ&ドロップによるコーディング言語であり、最低限のハンドコーディングが必要とされます。様々なコーディング言語に共通するコーディングロジックの基本を利用しているので、コーディング経験がゼロの人には不向きです。しかし、ある特定の言語や別の言語を幅広く理解する必要はありません。

ローコードには様々な形があります。コーディング経験がほとんどなくてもアプリを作成できるローコード開発プラットフォームがあります。これらは、企業がアプリ開発におけるシームレスなコラボレーションを実現するのに役立ちます。手作業でコーディングするよりも早く、低コストでアプリを作成することができます。

さらに、XplentyのETL(Extract, transfer, load)ソフトウェアのようなローコードのビジネスソリューションもあります。これは、通常は高度なコーディングの知識を必要とするソフトウェアを、事実上誰でも使用することができることを意味します。

しかし、ローコードソフトウェアは、一般的にコーディングロジックの理解を必要とします。これがローコードとノーコードの主な違いです。

No-Codeとは?

ノーコードは、多くのビジネスオーナーにとって理想的なソリューションです。ローコードとほぼ同時期に開発が開始されたため、かなり最近のイノベーションだと言えます。ユーザーはコーディングの知識が全くなくても、アプリを作ったり、特定のソフトウェアを使用することができます。ユーザーはコーディングロジックのいくつかの形式を適用する必要がありますが、ノーコードプラットフォームは、こうした開発を誰でもアクセス可能にするためのロジックとプロセスをシンプルにします。

ノーコードを使用して、ローコードと同じようなアプリをたくさん作ることができます。ほとんどのプラットフォームは、ノーコードをビジネス利用に最適化しています。専門性の高い開発者にお金を払ってアプリを作成する代わりに、企業は経験の浅いコーダーに、通常必要とされるよりも短い時間でアプリを開発してもらうことができます。

ローコードとノーコードが混同されているため、ノーコードに特化した統計を見つけるのは困難です。 2018年には、世界規模の開発者の23%がアプリ開発にローコードソリューションを使用していました。この数字は今後数年で大幅に増加すると予想されており、ノーコードもそのトレンドの一部です。

ノーコード開発プラットフォーム(NCDP)は、アプリ開発に好まれるツールになりつつあり、多くの場合、企業はローコードよりもノーコードを選択しています。NCDPにはいくつかの制限があるかもしれませんが、プロバイダは日々ノーコードのユースケースを増やしています。ノーコードプラットフォームは、圧倒的に使いやすいソリューションです。しかし、ノーコードは本当にローコードよりも優れているのでしょうか?

ローコード vs. ノーコード?

Low-Code

Pros:

  • 非常に汎用性が高い
  • ハンドコーディングの基本的な理解があれば誰でも直感的に操作可能
  • スケーラビリティ 
  • 制御と機能性 
  • ローコードは通常、開発者、時間のない小規模から大規模なビジネス、ビジネスコンサルタント、小規模なデータエンジニアリングチームのためのものです。

Cons:

  • コーディング言語の知識が必要な場合があります。
  • ノーコードよりも複雑
  • プラットフォームを使用するために従業員へのトレーニングが必要

No-Code

Pros:

  • 組織内の誰にでも使いやすい
  • プラットフォームに関する新入社員への教育が不要 
  • 大幅に簡素化されたインターフェース
  • ノーコードは通常、データエンジニアリングチームや開発者のいないビジネス、ビジネスコンサルタント、データアナリスト、中小企業のためのものです。 

Cons:

  • 限定的な機能
  • 主に、または業務上の使用のみを目的としている

では、ローコードとノーコードの間では、どちらが良いのでしょうか?正直なところ、それはすべてあなたのビジネスのニーズによって異なるということです。

ノーコードプラットフォームは、誰でも使えるように特別に設計されています。 主な欠点は、ノーコードは一般的にアプリ開発者が単純に求めている機能が実現できない場合にコーディングを利用できないということです。

対照的に、ローコードは、ユーザーが必要に応じてコーディング言語を使用して、事実上何でも作ることができます。しかし、これはローコードが常に優れているということではありません。全くの未経験者にとっては、ノーコードが必要かもしれません。

Related reading:ローコード開発プラットフォーム ベスト11

ETLソフトウェアまたは類似のビジネスソリューションを使用するとなると、企業によっては、コミュニケーションやコラボレーション面で問題が発生することのない完全にシームレスなプロセスを好むでしょう。これを実現するための最良の方法は、ノーコードプラットフォームを使用することです。しかし、いくつかのビジネスは、ローコードプラットフォームが提供する機能と制御のその余分な層を必要としています。 

企業のためのローコード vs. ノーコード

ノーコードは誰もが見落とすことのできない重要なビジネスソリューションです。様々なタイプのビジネス関連のソフトウェアに関しては、ノーコードを使って重要なソリューションを構築することができます。しかし、ローコードは、はるかに優れた汎用性を提供してくれるため、価値があります。ユーザーはより急な学習曲線に直面することを覚悟しなければなりませんが、プロの開発者は、通常はハンドコーディングで行うようなことを事実上何でもローコードで行うことができます。また、ローコードプラットフォームは、企業やビジネスの成長に合わせてデータとともにスケールすることができます。

これこそが、Xplentyがあなたのビジネスニーズに応じてローコードとノーコードを可能にするETLソリューションを開発した理由です。あなたのビジネスにローコードまたはノーコードのプラットフォームを実装するために、以下のリンクよりオンライン相談に申し込んでみてはいかがでしょうか?

Xplentyのオンライン相談に登録して、無料トライアルでプラットフォームを試してみよう!

Xplentyの機能概要や実際の操作感を見てみたい方は、定期的に開催している製品紹介セミナーがおすすめです。

Xplentyのオンラインセミナーに申し込む。