MuleSoft Anypoint Platformは、幅広い統合ユースケース(ESB、iPaaS、API Gateway、APIマネージャ、ETLプラットフォームなど)に対応する包括的なソリューションです。Xplentyは、マーケットで最もパワフルで使いやすいETLソリューションであるという部分に焦点を当てた、ターゲットを絞ったクラウドネイティブソリューションです。 

MuleSoftとXplentyの最大の違いは、使いやすさとコストです。MuleSoftユーザーがプラットフォームを使いこなすには、広範なトレーニングと経験が必要です。対照的に、Xplentyのユーザーは、強力なETLパイプラインを数分で構築するためにトレーニングや経験を必要とせず、1つのサービス(ユーザーフレンドリーなETL)で最高であることにフォーカスしているため、Xplentyの方がはるかに手頃です。

問題は、MuleSoftのようなより高価な競合製品ではなくXplentyを選ぶとき、Xplentyのユーザーは何かしらの機能やサービスを諦めているのでしょうか? 

このガイドでは、価格、ユーザーインターフェース、機能、カスタマーサポートなど、多くの比較ポイントからMuleSoft vs. Xplentyを見ていく事で、この質問に答える手助けをします。また、双方のプラットフォームのユーザーからのレビューもご紹介します。 

ブログをナビゲートするためにリンクをご利用ください。

Overview of MuleSoft vs. Xplenty 

まずはMulesoftとXplentyの簡単な概要から見ていきましょう。

MuleSoft Overview

undefined

MuleSoft Anypoint Platformは、Salesforceが所有するソリューションで、幅広い統合機能、サービス、機能を提供しています。これらには以下のようなものがあります。  

  • アプリ統合(ESB/iPaaS):MuleSoftは、ESB(Enterprise Service Bus)とiPaaS(Integration Platform as a Service)を提供しており、アプリケーション間で少量のデータを移動させる接続を確立するのに役立ちます。これらの機能により、アプリケーション、マイクロサービス、クラウドサービス、IoTデバイスなどを接続することができます。 
  • データ統合(ETL/ELT):MuleSoftにはETL/ELTツールが含まれており、異なるソースとデスティネーション間で大量のデータを抽出、変換、ロードすることができます。統合を容易にするために、MuleSoftには「Anypoint Exchange」が含まれており、一般的なソースとデスティネーションに対応した多数のコネクタがあらかじめ用意されています。これらのコネクタは、さまざまなメッセージプロトコルやフォーマットを抽出、変換、ロードすることができます。AnyPointプラットフォームは、Python、Ruby、Java、Groovyなどのさまざまなプログラミング言語もサポートしているため、開発者はカスタムでの統合を自由にコーディングすることができます。 
  • Salesforce 統合:Salesforceが所有する製品として、Mulesoftは強力な双方向のSalesforce統合機能を提供します。基本的な作成/読み込み/アップサート/削除操作、大規模データセットの一括操作などを行うことができます。 
  • その他のサービス:Mulesoftには、APIマネージャー、アクセスマネージャー、ランタイムマネージャー、API/アプリケーションビジュアライザー、アプリケーションネットワークモニターなど、目がくらむほどの追加サービスが含まれています。

MuleSoftの多様な機能にもかかわらず、プラットフォームには4つの潜在的な課題があります。

  • 急な学習曲線: AnyPointプラットフォームの使用は難しく、ETL/ELTパイプラインを構築できるのは「MuleSoftエンジニア」だけです。MuleSoftエンジニアになるには、データエンジニアリングの経験と、MuleSoft.U認定プログラムを通じた広範なトレーニングが必要です。 
  • 費用: MuleSoftには数え切れないほどの機能が搭載されていますが、それにはコストがかかります。実際、このプラットフォームは非常に高価なため、中小規模の組織では通常手が出ません。
  • 必要以上の機能: 信頼性の高いETL/ELTソリューションだけを必要としている場合、MuleSoftが提供する複雑なサービスは、必要以上のものになる可能性があります。
  • デスクトップIDEに依存:COVID-19コロナウイルスの大流行により、多くのETL開発者が自宅で仕事をしています。しかし、MuleSoftのWebベースのETLツールの機能は限られており、ほとんどの開発者は、プラットフォームの高度な機能にアクセスするために、デスクトップIDE(Anypoint Studio)に頼る必要があります。COVID-19が大流行している間は、こうしたリモートワークのポータビリティの欠如が、MuleSoftの開発者にとって困難な課題となっています。

要するに、MuleSoftは、大企業がデータ統合やAPI関連のさまざまなユースケースに対応するオールインワンソリューションとして利用できる強力なプラットフォームです。しかし、このプラットフォームに予算のかなりの部分を割く前に、組織のニーズを特定し、MuleSoftの多くのサービスリストが必要かどうかを確認することが重要です。また、MuleSoftよりもはるかに手頃な価格で、より焦点を絞ったソリューションでニーズを満たすことはできないでしょうか。

Anypointプラットフォームは、当初と比べて大幅に成熟しています。現在では、API管理、アナリティクス、ダッシュボード、セルフディスカバリー、複数のデプロイメント・オプションが用意されています。機能セットが増えた分、価格も上がっています。そこで現在は小規模から中規模の顧客を対象とした価格設定を提供し始めてています。

Xplenty Overview

undefined

使いやすさ、質の高いカスタマーサポート、手頃な価格に対してあらゆる努力を惜しまないパワフルなETL/ELTプラットフォームをお探しなら、Xplentyがおすすめです。このノーコード/ローコードのETLプラットフォームは、MuleSoftレベルのETL機能をもたらしてくれます。 

使いやすさとエンタープライズグレードの変換機能が交差する部分において、Xplentyは、直感的なポイントアンドクリックのインターフェイスと強力なETLサービスを組み合わせています。Xplentyは、ETL初心者、マーケティング、BI、BAチームのメンバーが、かつてデータエンジニアを必要としていたような繊細なワークフローを作成することを可能にします。また、Xplentyは上級者を置き去りにしません。このソリューションは、最も洗練された開発者を満足させるための豊富なカスタマイズ機能を提供します。

Xplentyにはもう一つの利点があります。完全なクラウドネイティブ、ウェブベースのプラットフォームであるXplentyは、COVID-19パンデミックの間、避難して自宅で仕事をする必要があるチームにとって特に価値があります。パンデミック後の世界においても、リモートチームへのシフトは今後も続くでしょう。--健康上のメリットやコスト削減だけでなく、ストレスの軽減や生産性の向上にも効果があります。

Xplentyの最も魅力的な機能をご紹介します。

  • 完全なクラウドネイティブ製品
  • 複雑なETLワークフローを作成するためのノーコード/ローコードUI
  • 100以上のすぐに使える変換機能
  • 最も人気のあるソース/デスティネーションに対応した豊富なコネクター
  • あらゆるデータソースと統合するためのネイティブ REST API コネクタ
  • タスク間の依存関係を定義するためのワークフロー作成ツール
  • 最先端のセキュリティとコンプライアンス
  • 詳細なエラーログ
  • 追加設定なしでメールによるアラート
  • 既存のジョブを別のアカウントに複製できるようにパッケージ化した移植性
  • データ処理が動的に作成されたクラスタ上で処理されるため、優れたスケーラビリティを発揮
  • オンコールの電話とビデオチャットによるデータ統合プロセスのサポート
  • 双方向のSalesforceからSalesforceへの統合

XplentyのSalesforceとSalesforceの双方向統合のサポートは、注目に値します。この機能は通常、MulesoftやIBM App Connectのような最も高価な統合プラットフォームでしか利用できません。Xplentyは、Salesforceからデータを取得してきて変換し、Salesforceにロードしなおすことができ、大規模なプラットフォームで高額なコストをかけずにSalesforceのデータを変換(クロスジョイン、ランキング、ソート、処理の分岐、アサート(データの品質管理)、行数のサンプリング、集計など)できるようにしてくれます。このようにして、Xplentyはこれまで多くの企業を高価格で機能が多い統合プラットフォームから解放してきました。

「市場に出回っているETL as a Serviceには、主に以下の2つのタイプがあります。1つは超簡単に使えて、サービスやデータベース間でデータを移行できるが、変換機能がないもの、もう1つはフルタイムのデータエンジニアが必要だが、プログラムでカスタマイズしたソリューションが利用できるものです。Xplentyはその中間に位置し、アナリストやエンジニアが複数のデータソースに基づいていても数分でカスタムの変換ジョブを構築しリリースできるようにしています。」

MuleSoftとXplentyの概要を簡単に説明したところで、ここからは、いくつかの異なる角度からこれらのソリューションを比較してみましょう。 

価格体系

MuleSoft 価格

MuleSoft Anypointは月単位で課金され、年間契約を求められます。プラットフォームのコストは、抽出・ロードするデータ量に応じて月ごとに異なります。データ量が一時的に急増すると、毎月のコストが急増します。データ量が減少すれば、コストは下がります。つまり、MuleSoftの毎月のコストは予測できず、予算を組むのが難しいということです。

MuleSoftは、現在市場に出回っているETLソリューションの中で最も高価なものの1つです。実際、多くの企業からMulesoft Anypoint Platformに年間数十万ドルを費やしていると聞いたことがあります。中には数百万ドルを費やしている企業もあります。価格追跡ウェブサイトITQlikによると、MuleSoftの価格設定は年間約80,000ドルからとなっています。しかし、ほとんどの企業が支払う価格は、年間250,000ドル近くにもなります。

MuleSoftの高額なプラットフォームコストに加えて、以下のような予備の費用を準備しておく必要があります。 

  • 熟練したMuleSoftエンジニアの雇用: MuleSoft.Uのトレーニングと認定を受けたMuleSoftエンジニアだけが、プラットフォームを使用するために必要な経験を持っています。
  • 長期間の実装: MuleSoftとの連携には学習曲線と複雑さが伴うため、統合プロジェクトによっては、MuleSoft統合戦略を完全に実装するまでに1~6カ月の準備期間を要する場合があります。これはXplentyとは対照的で、1日か2日で立ち上げることができます。   
  • 新しいチームメンバーのためのトレーニングと認定: トレーニングを受けたMuleSoftエンジニアが退職するたびに、代わりのエンジニアを探す必要があります。

Mulesoftは、プラットフォームの30日間の無料トライアルを提供しています。 

ユーザーがMuleSoftの価格について以下のように語っています。

「プラットフォームの成熟度に応じて、コストが増加しているため、一部の中小規模の顧客向けの価格を下げ始めています...ほんの数回のシンプルな統合のために、Anypointプラットフォームは法外に高価になることがあります。」

「素晴らしいが、あまり安くはありません。Mulesoftには多くの機能がありますが、私が欠けていると思うのは使いやすさです。Flow Designerはそれに代わるものですが、機能が非常に限られており、ビジネス・ユーザーが統合を構築するのは非常に難しいです。また、非常に高価で、従量課金制ではありません。」

「Mulesoft Anypoint Platformを使う場合の唯一のデメリットは価格が高いということです。」

「エンタープライズライセンスは非常に高価で、コミュニティ版にはあまり機能がありません。」

Xplenty 価格

Xplentyは、よりシンプルでスケーラブルな価格設定を提供しています。データ量に応じて課金するのではなく、Xplentyはデータ量に関係なく、コネクターごとに課金します。コネクタの数に応じて同一費用で利用する事ができます。

Xplentyの価格設定は、ETLの予算を事前に計画することができることを意味します。もしXplentyを試してみたいのであれば、2週間の無料トライアルがあり、制限はありません。 

Xplentyの価格についてのユーザーの声をご紹介します。

「彼らのサービスのコストは、それが提供する精度、一貫性、時間の節約に見合うだけの価値があります。私は、SalesforceのようなCRMシステムのデータをSQLデータベースに接続したいと考えている方や何かしらの仲介してくれるものを探している人にXplentyをお勧めします。

ユーザーインターフェースと機能

MuleSoft UIと機能

ETLパイプラインを構築する場合、MuleSoftには2つのプラットフォームがあります。Flow DesignerとAnypoint Studioです。

Flow Designer は、ブラウザベースのノーコード/ローコードのプラットフォームで、ETL統合を構築する事ができます。Flow Designerには、グラフィカルなユーザーインターフェイスと、最も一般的なソースやデスティネーションに対応したさまざまなコネクタがあらかじめ用意されています。開発者は、部品をドラッグ&ドロップしてETLフローを構築することができます。Flow Designerはまた、一般的な統合のユースケースに対応した、よく使用されている、すぐに使える変換(Transformers)を複数提供しています。 

Flow Designerの潜在的な欠点は、複雑なETLプロセスを構築する場合の限られたキャパシティに多くの開発者が不満を持っていることです。開発者は、Flow Designerに不満や制限を感じ、プラットフォームにAnypoint Studioのようなカスタマイズ機能があればいいのにと思うことがあります。  

以下は、Flow Designerの動作イメージです。

undefined

(Animation Source: Salesforce)

Anypoint Studio は、データ・エンジニアがデータ・フロー・プラットフォームに不足している複雑なETLプロセスをコーディングするために使用するデスクトップ統合開発環境です。Anypoint Studioは、Flow Designerで利用可能な事前に構築されたコネクタや操作にアクセスできます。また、コードの変更をグラフィカルなキャンバスで表示しながら、コード統合を行うためのXMLビューが含まれています。さらに、上級ユーザーは、MuleSoft独自の表現言語であるDataWeaveを使用して、より高度なデータ変換をプログラムすることができます。XML構成モデルを通じて、DataWeaveは、Groovy、Java、Javascript、Python、Rubyなどのさまざまなプログラミング言語のロジックやカスタムコードを記述することができます。 

Anypoint Studioは、開発者が求めるETLパワーを提供していますが、一部の開発者は、WebベースのUIでも利用できるようにすべきだと不満を持っています。また、エントリの壁が高いことに不満を持つ開発者もいます。Anypoint StudioとDataWeave式言語を効果的に使えるようになるには、広範なトレーニングが必要です。

以下はAnypoint Studioの画面イメージです。

undefined

以下では、Flow DesignerとAnypoint Studioを使用しているユーザーの声をご紹介します。

「Anypoint Studioはより情報量が多いのですが、画面には多くの詳細が表示され、日々の開発ではあまり必要ないかもしれません。私の経験では、企業内で使用されているインターフェースの80%はシンプル〜中程度の複雑さだと思います。もっとシンプルにできれば、もっと良いものになったかもしれません。」

「開発者の視点から見ると、確かにある程度の時間(認定MuleSoft開発者になりたい場合はお金も)を投資する必要があります。Anypoint Platformの利点は、開発者がプロジェクトを迅速に進めるのに役立つ固有のロジックとツールを備えていることです。」

「[MuleSoft] の UI は、ときどき、特にサービスをモックするときに混乱することがあります。最近あったWebアプリケーションのアップグレード後、いくつかの機能が以前のようにうまく機能していないと感じています。具体的には、RAMLエディタの直感性が低下し、コードのエラーを特定するのがときどき難しくなったことが挙げられます。」

Xplenty UIと機能

Xplentyは、初心者を念頭に置いて、その直感的でドラッグ&ドロップ式のインターフェースをデザインしました。ETLについて何も知らなくても、データ統合のスペシャリストと一緒にプラットフォームを一通りウォークスルーした後、XplentyのビジュアルでノーコードのUIをクリックして、数分でカスタムETLパイプラインをセットアップすることができます。コーディングスキルのないユーザーでも、APIパラメータの設定、データフィールドの定義、ヘッダーの名前付け、統合のためのプライマリキーの設定、統合間隔のスケジュールを設定することができます。これにより、どのチームメンバーでもプラットフォームの全社的な使用が可能となり、これまで専任だったソフトウェアエンジニアが日常的なETL作業から解放されます。 

ビジネスアナリストやマーケティングチームが特定の要件に合わせて独自のETLパイプラインを構築できるようにすることで、Xplentyを使う事で個々の部署やチームにおいて変化していくニーズに素早く対応することが可能になります。またXplentyは、時間と労力を節約するための無数のすぐに使える変換機能を備えています。 

Xplenty UIを使った変換ワークフローの作成がいかに簡単かをご紹介します。

  1. Go to the main menu and click “Packages.”
  2. Click “New Package.”
  3. Click the Workflow option you want from the dropdown.
  4. Select the transformations you want.
  5. Identify conditions that trigger the transformations.

何よりも、もしあなたが行き詰ってしまったり、接続の設定方法や変換の設定方法がわからなかったりした場合、Xplentyのサポートがやり方や手順を教えてくれます。Xplentyの統合スペシャリストが、最も一般的ではないデータソースやディスティネーションへの接続をサポートします。

undefined

以下はXplenty UIに対するユーザーのコメントです。

「10社ほどのETLプロバイダーを評価した後、Xplentyは比較的シンプルなGUIを持っており、かなり洗練されたレベルの設定も可能なため、Xplentyを選びました。ほとんどの場合、GUIで十分ですが、少しスクリプト化したり、カスタムSQLを追加して、奇妙なエッジケースを処理したり、大規模な転送をより効率的にしたりすることもできます(例えば、カスタムの日付フィールドを使用するなど)。パイプラインの一部としてデータ変換を行うこともできます。」

「私のETLニーズの多くに適した唯一のソリューション。我々の場合、あまり一般的ではないAPIに接続する必要があり、Xplentyはこれを可能にする唯一の(ほぼ)ノーコードプラットフォームでした。Xplentyは非常に柔軟で、このタスクを実行するための良いUIを持っています。」

「Xplenty "のUIは直感的ですが、いつでもSQLを使ってソースをフィルタリングしたり、スケジュールされたパッケージで新しいセットを作成したりすることができます。また、ビルトイン機能も豊富に用意されています。ランニングコストは、HerokuやGoogleのクラウド上で独自のサービスを実行する場合には比較になりませんが、その直感的な機能により、多くのエンジニアリング時間を節約することができます。私は、データアナリストがインサイトを提供するためにカスタムデータセットを頻繁に必要とするようなデータソースを複数持つアジャイルチームにXplentyをお勧めします。」

「Xplentyはエンタープライズレベルのツールと遜色ありません。」

カスタマーサポート

MuleSoft カスタマーサポート

もし、MuleSoft Enterpriseプランを契約されていない場合、カスタマーサポートへのフルアクセスはできません。カスタマ サポートサービスは部分的にしか受け流事ができません。MuleSoftは、「MuleSoft Help Centerのすべての機能にアクセスするには、エンタープライズアカウントの設定が必要です」とWebページにて公開しています。 

MuleSoftプラットフォーム上での最初の統合のセットアップをサポートしてくれる人がいないため、統合とワークフローの立ち上げと実行を支援するために、認定MuleSoftエンジニアを雇う必要があります。 

カスタマーサポートにアクセスできるMuleSoftユーザーであっても、必ずしもいい印象を持っているとは限りません。

「MuleSoftのサポートは今のところ十分ではありません。問題に直面した場合はケースを登録する必要がありますが、MuleSoftの担当者の平均的な応答時間は期待しているほど速くありません。私のオフィスでも何度かこの問題に直面したことがあります。」

「私はリアルタイムのデータ統合を実現するために、多くのビジネスプロセスでBatch Processingを幅広く活用しています。何度もバッチ処理がLoadフェーズでスタックしてしまう問題に直面しましたが、Muleからのタイムリーなサポートはありませんでした。」

Xplenty カスタマーサポート

すべてのXplentyのお客様は、サービスレベルのコミットメントに関わらず、Xplentyの応答性の高いサポートチームによる無制限の電話、ビデオ会議、電子メール、テキストチャットサポートを受けられます。プラットフォームの使用中にトラブルに遭遇した場合、接続設定のプロセスを誰かにガイドして欲しい場合、またはいくつかの質問がある場合、Xplentyのクライアント担当者は、課題が解決するまで、いつでもあなたと一緒に仕事をします。 

以下では、オンラインのレビュアーがXplentyの素晴らしいサポートチームをどのように表現しているかをご紹介します。

「Xplentyで一番気に入っているのは、チームから得られるほぼリアルタイムのサポートです。Xplentyの差別化ポイントは、私たちが受けれるカスタマーサポートです。製品自体は良いです。高いレベルで使いやすいです。そしてXplenty社員が違いを生んでいます - これはクラウドサービスとしては珍しいことです。顔の見えない機械を扱ってたことからの素敵な変化です。」

「カスタマーサポートは、私が経験した中で最高のものの一つです。彼らは、私がXplentyを使う上で問題が発生するたびに、とても迅速に対応してくれました。さらに、開発チームも非常に速く、私が使用していたAPIのページネーションを2日以内に実装してくれました。」

「XplentyはETLとELTのプラットフォームで、私のデータチームを非常に助けてくれました。全体的に最も優れているのは、彼らが私の会社をクライアントとしてどれだけ評価してくれているかということです。多くのETL会社ではお目にかかることができません。私は他の多くの会社を探しましたが、Xplentyを選んで良かったと思っています。」

まとめ MuleSoft vs. Xplenty 

最後に例え話でこのブログを終わりにしたいと思います。あなたが100個の箱を開かないといけないシーンを想像してみてください、あなたはスイスアーミーナイフとボックスカッターのいずれかを選択することができます。ボックスカッターを選ぶ理由は、(1)箱を開けるために特別に作られている、(2)値段が安い、(3)コルク抜き、レザーパンチ、缶切りを必要としないときに追加料金を払う理由がない、ということです。

MuleSoftとXplentyはそんな感じです。MuleSoftは、スイスアーミーナイフのようなツールがぎっしり詰まっています。もしあなたがそれらの高額な機能のすべてを必要としているのであれば - もしそれらを使う余裕があり、それらを使うのに必要なスキルを持っているのであれば - MuleSoftはあなたに適したプラットフォームかもしれません。 

一方で、手頃な価格で使いやすいパワフルなETLソリューションが必要な場合はどうでしょうか。もしそうであれば、Xplentyを選んだとしても何も諦めることはありません。MuleSoftに代わるパワフルでより手頃な価格で使いやすいソリューションとして、Xplentyユーザーは多くのメリットを得ることができます。特に、COVID-19の影響で在宅で仕事をする人が増えている今、Xplentyのような完全なウェブベースのソリューションは、これまで以上に重要だと考えています。  

Xplentyのオンラインデモに登録して、無料でプラットフォームを試してみよう!