セールスフォースは、ほぼすべての指標において、クラウド型CRM(顧客関係管理)ソフトウェアのトッププロバイダーの1つです。IT調査・アドバイザリー会社のIDCは、Salesforceプラットフォームを6年連続でCRMプロバイダの第1位に指名しています。フォーブス誌は、Salesforceが現在、世界のCRM市場シェアの20%を占めており、最も近い競合他社の2倍以上のシェアを占めていると推定しています。Salesforceが人気のCRMプラットフォームであるのには、さまざまな理由があります

Salesforceの「組織」(略して「org」と呼ばれる)は、Salesforceソフトウェアとその関連データの顧客の特定のバージョンに対応する識別子です。生産、開発、テスト、およびトレーニングなどの目的のために割当てられた特定の組織で、単一の企業内で複数のSalesforceの組織があるかもしれません。

(Salesforceがソフトウェアプラットフォーム内でどのようにデータを保存しているのか興味がありますか?技術的な詳細については、Salesforceデータベースに関するXplentyの記事をご覧ください)。

Salesforceにはそれ自体にも多くの利点がありますが、プラットフォームの有用性の多くは、Salesforceのデータを必要とする人やソフトウェアと共有できることにあります。多くの場合、これには 2 つの異なる Salesforce 組織間でのデータ共有が含まれます。

この記事では、Salesforce to Salesforce 統合について知っておくべき点についてすべて説明します。Salesforce to Salesforce 統合を実行する理由について説明した後、データを共有するためのすべてのオプションとベストプラクティスについて説明します。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 7 days. No credit card required.

Table of Contents:

  1. なぜSalesforce間でデータを共有するのか?
  2. Salesforceプラットフォームでデータを転送しシェアするための4つのステップ
  3. Salesforce to Salesforceデータ共有のベストプラクティス
  4. Salesforce to Salesforce統合をXplentyで
  5. まとめ

1. なぜSalesforce間でデータを共有するのか?

Salesforceの顧客がSalesforceをデータソースまたはデスティネーションとして利用する理由はさまざまです。

多くの場合、Salesforceユーザーはプラットフォームからデータを抽出し、Amazon Redshiftなどの外部データウェアハウスに転送します。これにより、自社のデータに対する自由度が高まり、コントロールが可能になります。データがこの外部データウェアハウス内にあると、とりうる選択肢は実質的に無限になります。Tableau などのビジネスインテリジェンスツールを使用して分析を実行したり、Salesforce データを他のエンタープライズデータソースと組み合わせたりすることができます。

Salesforce をデータソースとして使用するもう 1 つの一般的な理由は、Salesforce プラットフォーム内に保存されたデータをバックアップすることです。Salesforceのデータ統合ツールは、Salesforceおよびサードパーティの両方で複数用意されています。Salesforce自体はData LoaderSalesforce APIなどのツールを提供していますが、Xplentyなどのサードパーティ製のデータ統合ソフトウェアを使用することもできます。

逆に、企業データの保存先として Salesforce を使用することもよくあります。企業がSalesforceプラットフォームの外で関連するCRMデータを生成するときはいつでも(例えば見込み客との電話での会話など)、そのデータをSalesforce内の適切なリードやアカウントに簡単に保存することができます。プロセスを合理化するために、Xplentyのようなツールは、REST APIを持つあらゆるサービスからSalesforceにデータを保存することができます。

しかし、Salesforceに対して、もしくはSalesforceからデータを転送するのではなく、2つの異なるSalesforce組織間でデータを転送したい場合はどうでしょうか?

前述したように、2つの異なる社内のSalesforce組織間でデータを共有することは、開発からテスト、本番まで情報を移動させるなど、重要なユースケースです。しかし、社内の Salesforce 組織と、ベンダーやパートナーが所有する外部の Salesforce 組織などの間でデータを共有したい場合もあるでしょう。

外部からSalesforceからSalesforceにデータを転送することは、次のような状況で役立つ可能性があります。

  • お客様の会社が合併または買収の最中で、両当事者のSalesforceデータを統合する必要がある。
  • 販売およびマーケティングデータを、将来の買い手や投資家と共有したい。
  • 販売データへのアクセスを必要とする代理店やサプライヤーと協業している。

2. Salesforceプラットフォームでデータを転送しシェアするための4つのステップ

1. Salesforce to Salesforceの有効化 (S2S)

手始めに、Salesforce to Salesforce  (S2S) 接続を許可するようにSalesforceを設定する必要があります。そのためには、以下の手順に従います。

  1. Salesforce のクイック検索ボックスに「Salesforce to Salesforce 設定」と入力します。
  2. 「Salesforce to Salesforce 設定」を選択します。
  3. 「編集」をクリックします。
  4. 「有効にする」を選択します。
  5. 「保存」をクリックします。

データ共有を開始する前に、両方の組織でS2Sを有効にする必要があることに注意してください。

S2Sを有効にすると、Salesforceで接続のタブが利用可能になります。次のステップでは、このタブを使用して作業を開始します。

2. S2S接続の作成

S2S 接続を作成する前に、Salesforce の 2 つの組織がお互いを連絡先として追加する必要があります。そのためには、以下の手順に従ってください。

  1. Salesforceの「取引先責任者」タブをクリックします。
  2. 「新規取引先責任者」をクリックします。
  3. Salesforce組織用に新しい取引先責任者を作成し、有効なメールアドレスを追加します。

取引先責任者を新規作成した後:

  1. Salesforce インタフェースの「タブのカスタマイズ」ボタンをクリックし、利用可能なタブに「接続」を追加します。
  2. 「接続」タブに移動し、「新規接続」をクリックします。
  3. 新しい取引先責任者にインビテーションを送信するには、[取引先責任者] で正しい組織を選択します。次に、接続の所有者 (つまり組織) を選択し、[アカウント] または [テンプレート] オプションを選択します。
  4. インビテーションを送信します。

3. オブジェクトとフィールドのパブリッシュ

S2S接続を確立したら、共有したいオブジェクトとフィールドをパブリッシュする必要があります。Salesforceオブジェクトをパブリッシュするには、以下の手順に従います。

  1. Salesforceの「接続」タブをクリックします。
  2. 関連するS2S接続を選択します。
  3. 公開されたオブジェクト関連のリストで、Publish/Unpublishをクリックします。
  4. 公開するオブジェクトを選択し、「保存」をクリックします。

S2S 接続に対してパブリッシュできるのは、特定の Salesforce オブジェクトのみです。パブリッシュ可能な S2S オブジェクトのリストには、以下のものがあります。

  • 取引先
  • ファイル(暗号化されていないもの)
  • ケース
  • ケースコメント
  • 取引先責任者
  • リード
  • 商談
  • 商談商品
  • 商品
  • タスク
  • カスタムオブジェクト

Salesforceオブジェクトを公開すると、S2Sの担当者にメールで通知されます。

より詳細な制御を行うには、Salesforce オブジェクトのどのフィールドを公開するかを選択することもできます。Salesforceオブジェクトのフィールドを公開するには、以下の手順に従います。

  1. Salesforceの「接続」タブをクリックします。
  2. 関連するS2S接続を選択します。
  3. 公開されたオブジェクト関連のリストで、公開されたオブジェクトの横にある「編集」をクリックします。
  4. 公開するSalesforceフィールドを選択および/または選択解除します。編集権限のあるフィールドのみをパブリッシュすることができます。
  5. 「保存」 をクリックします。

Salesforceは、デフォルトで以下のフィールドを公開しています。 

  • 取引先: Account Name, Last Name
  • ファイル: Body, Content Type, File Name
  • ケース: Subject
  • ケースコメント: Body, Published
  • 取引先責任者: Last Name
  • リード: Last Name, Company
  • 商談: Name, Closed Date, Stage
  • 商談商品: Quantity, Sales Price
  • 商品: Product Name
  • タスク: Subject
  • カスタムオブジェクト: Name

4. Subscribe to Objects and Fields

S2S接続は一方通行ではありません。Salesforceパートナーからデータを受け取りたい場合は、以下の手順でSalesforceオブジェクトをサブスクライブします。

  1. Salesforceの「接続」タブをクリックします。
  2. 関連するS2S接続を選択します。
  3. サブスクライブされたオブジェクト関連のリストで、「サブスクライブ/アンサブスクライブ」をクリックします。
  4. オブジェクトをサブスクライブするには、Salesforce組織内でマップするオブジェクトを選択します。
  5. 「保存」をクリックします。

オブジェクトに接続した後のプロセスは、オブジェクトの 1 つ以上のフィールドに接続する場合と非常に似ています。

  1. Salesforce の「接続」タブをクリックします。
  2. 関連するS2S接続を選択します。
  3. サブスクライブされたオブジェクト関連のリストで、関連するオブジェクトの横にある「編集」をクリックします。
  4. ドロップダウンリストで適切なフィールドを選択し、独自のSalesforce組織内の適切なフィールドにマッピングします。
  5. 「保存」をクリックします。

3. Salesforce to Salesforceデータ共有のベストプラクティス

S2Sデータの統合を設定することは1つの問題ですが、最も効率的かつ効果的な方法でそれを行うにはどうすればよいのでしょうか?このセクションでは、Salesforce to Salesforceのデータ共有について知っておくべき3つのベストプラクティスについて説明します。

Salesforceのベストプラクティスの全容については、Salesforceの記事 「Best Practices for Mapping Fields in Salesforce to Salesforce」と 「Guidelines for Using Salesforce to Salesforce to Salesforce」をご覧ください。

1. データプライバシー・セキュリティを優先

Salesforce のデータを共有する際には、セキュリティとプライバシーが最優先されなければなりません。GDPR や CCPA などの法律は、企業が顧客の個人情報を共有する方法に厳しい制限を設けています。

たとえば、欧州連合の一般データ保護規則では、「個人データは、個人との関係において合法的、公正、透明性のある方法で処理されなければならない」と規定されています。さらにGDPRでは、企業が情報を処理する際には、"個人データの適切なセキュリティを確保する方法で、不正または違法なアクセスや偶発的な損失、破壊、損傷からの保護を含む "ことが求められています。EU 市民および居住者の個人データを保存するすべての企業は、GDPR を遵守しなければ、厳しい金銭的な罰則を受けるリスクがあります。

SalesforceからSalesforceにデータを共有する際には、関連するすべてのデータプライバシーおよびセキュリティに関する法律や規制を必ず遵守してください。 Xplenty は GDPR、CCPA および HIPAA データセキュリティおよびプライバシー規制に準拠しています。 

2. 共有権限を理解する

Salesforce 管理者は、任意の Salesforce オブジェクトを共有することができます。しかし、ほとんどのSalesforceユーザは、自分または部下が所有するオブジェクトしか共有できません。

オブジェクトの共有を停止したい場合は、オブジェクトの外部共有関連リストで「共有の停止」をクリックします。この操作は、自分または部下が所有しているオブジェクトに対してのみ実行できます。このアクションを実行すると、自分の組織から相手の組織へ変更の反映が停止されますが、オブジェクト自体は相手の組織から削除されることはありません。

3. 自動承認の利用

デフォルトでは、Salesforce は、S2S 接続を介して共有する各レコードの変更を手動で承認するように組織に求めています。しかし、何百、何千ものSalesforceレコードを共有している大規模な組織では、これは非常に面倒な作業になります。

この手動作業を回避するには、Salesforce の「自動承認」オプションを活用しましょう。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 7 days. No credit card required.

4. Salesforce to Salesforce統合をXplentyで

Salesforce to Salesforceの統合を実行するには、サードパーティのデータ統合ソフトウェアツールとSalesforce社製ツールの両方を含む、複数のオプションがあります。ほとんどの場合、Xplentyのようなサードパーティのデータ統合ツールを選択することは、Salesforceの統合を自分で行うよりもシンプルで費用対効果が高くなります。

単一のサービスからのデータを統合するだけの場合でも、企業全体のデータを統合する場合でも、Xplentyを使用することで、Salesforceとの接続でより多くのことを行うことができます。あなたのビジネスがSalesforceからSalesforceへの統合を実行する必要がある場合、Xplentyは他のETLプロバイダーよりも2つの主な利点を持っています。

  1. ノーコード:コードを一行も書かずに、シームレスに顧客データをXplentyプラットフォームに持ってきたり、データをSalesforceにプッシュバックすることができます。Xplentyの変換レイヤーは、ETLプロセスに合わせ、必要に応じてデータを編集、クリーンアップ、集計、修正することができます。
  2. 完全自動化:Xplentyは、Salesforce、データベース、データウェアハウス、ファイルストア、利用可能なAPIの管理を完全に自動化することができます。

他の多くの競合他社は、Salesforce との統合について喧伝しています。しかし、行間を読めば、彼らのサービスには1つや2つの決定的な欠点があることがわかります。

  1. サービスは、データをある場所から別の場所にコピーすることに限定されており、データの変換を制御することができません。
  2. サービスは、Salesforceデータの取得またはロード(書き込み)のどちらか一方しかサポートしていない、もしくはいずれもサポートしていない。

この2つの条件を満たすサービスが見つかったとしても、柔軟性の問題に対処しなければなりません。選択したソリューションには、CRMと統合を想定している全てのデータソースのサポートが含まれていますか?

Xplentyは柔軟で拡張性のあるETLデータ統合プラットフォームで、お客様のビジネスと一緒に成長することができます。私たちは、統合をサポートするために使用されるコネクタの数に基づいて、定額の価格モデルを提供しています。これは、次のことを意味します。

  • Xplentyでの開発と作業のための無制限のユーザー
  • データは無制限(行やサイズの制限がない)
  • データ処理時間は無制限(コネクターベースのプランを選択した場合)
  • 無制限のパッケージとワークフロー
  • 無制限のスケジューリングと自動化

開発者から非技術的なビジネスユーザーまで、あなたの組織の誰もがXplentyの使いやすいデータパイプラインツールキットを楽しむことができます。Xplentyの特徴は以下の通りです。

  • ノーコードでのデータ変換。
  • シンプルなものから複雑なものまで、フィールドレベルのデータ変換のための150以上の関数。
  • データパイプラインの可視化と構築のためのドラッグアンドドロップコンポーネントを備えたわかりやすいユーザーインターフェース。
  • XplentyへのプログラムAPIアクセスにより、既存のアプリにXplentyを組み込んだり、スクリプトを使用して作業を自動化することができます。

Xplentyのようなサードパーティの統合ツールを利用することで、データの転送がよりシンプルになり、費用対効果も高くなります。しかし、次のセクションでは、Salesforceプラットフォームを使用して、SalesforceからSalesforceに自分でデータを転送する方法について説明します。

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 7 days. No credit card required.

5. まとめ

上記のセクションでは、Salesforceプラットフォーム内からS2Sインテグレーションを実行するための様々な手順とベストプラクティスを紹介してきました。しかし、S2S接続を自分で設定して設定することは、SalesforceからSalesforceにデータを転送するための1つの方法にすぎません。ほとんどの場合、Xplentyのようなサードパーティのデータ統合ツールを選択することは、Salesforceの統合を自分で行うよりもシンプルで費用対効果が高いです。

自分で統合を設定するにしても、Xplentyのようなサードパーティのデータ統合ツールを使用するにしても、ビジネスのニーズや目的に合わせて最適なソリューションを選択するようにしてください。XplentyがSalesforceとSalesforceの統合をどのように簡単にするかを知りたい場合は、お問い合わせください。今すぐXplentyチームとのオンラインデモをスケジュールし、無償トライアルをお試しください。