Talend Product Suiteは、あらゆる統合のためのワンストップショップであることを目指しています。ESB、iPaaS、API Gateway、またはETLプラットフォームが必要な場合でも、Talendはそれに対応するツールを持っています。

一方、XplentyはETLのみに焦点を当てたソリューションで、技術に詳しくないユーザーでも洗練されたデータ統合を構築できるようにするエンタープライズグレードのソリューションです。   

TalendもXplentyも、どちらも定評のある強力なETLソリューションです。どうやってどちらが皆さんにとって最適かを判断すれば良いのでしょうか?このガイドでは、TalendとXplentyを多角的に比較し、それぞれどのように評価されているかを見ていきましょう。

  1. Overview of Talend vs. Xplenty

  2. ユーザーフレンドリー

  3. カスタマーサポート

  4. 価格体系

  5. 最後に

Overview of Talend vs. Xplenty

Talend Overview

undefined

Talendは、ワンストップソリューションを目指しています。ESB、iPaaS、APIゲートウェイ、データガバナンス、データ管理、データ品質、クラウドストレージ、ETLなどです。プラットフォームのサービスが充実しているため、多くの大企業がTalend Product Suiteをオールインワンの統合ツールとして使用し、アプリの接続、データウェアハウスの統合、ETLパイプラインの管理、ビジネスインテリジェンスの強化など、さまざまな機能を実現しています。 

Talendには2つのバージョンがあります。Talend Open StudioとTalend Data Fabricです。 

Talend Open Studio:Talend Open Studioは、Talendプラットフォームの無償のオープンソース版です。Open Studioには以下の統合ツールが含まれており、これらは互いに別々に動作します。

  • Open Studio Data Integration:ETL/ELTプラットフォームで、グラフィカルなユーザーインターフェースと豊富な組み込みコネクタを提供します。
    Open Studio Big Data:Hadoopコンポーネント、Hadoop Security for Kerberos、データレイクインタラクションツール、クラウドサービスコネクタなど、ビッグデータを扱うための特別なツールを含むETL/ELTプラットフォーム。 
    Stitch Data Loader:グラフィカルなユーザーインターフェースでシンプルな統合を作成できるWebベースのETLプラットフォーム。Stitchの統合は、月間500万行のデータまで無料で利用できます。それ以降はボリュームベースの価格体系を採用しています。
    その他のツール:Talend Open Studioには、ESB、データ品質、データ管理、データ準備のためのオープンソースツールも含まれています。 

Talend Data Fabric:Talend Data FabricはTalend Product Suiteの有料版です。上記のすべてのOpen Studioツールに加え、以下のような追加機能が含まれています。

  • 一般的なデータソース/デスティネーション用の追加の事前構築済みコネクタへのアクセス
  • 無制限のコネクタと無制限のデータ量を提供するユーザーベースの価格設定(シート単位)
  • バッチロードとリアルタイムロード機能
  • データ品質管理のための機械学習ツール

Talendは有用であると同時に、このプラットフォームには2つの深刻な課題があります。

  • 価格が高い:Talend Data FabricにアップグレードすることでTalendの最も便利な機能を利用するには、非常に価格が高いため、多くの中小企業ではそのような余裕がありません。実際、多くの企業は、Talendの完全な統合機能を利用するために年間数百万ドルを費やしています。 
  • 使いづらいことで有名:スタッフにデータエンジニア(できればTalendの認定を受けた人)がいない場合、プラットフォームをうまく使うためにはエンジニアを雇う必要があります。面倒なセットアッププロセスが完了すれば、Talendはうまく機能しますが、最初の学習曲線は険しいものです。

Talendは、G2Crowdで5つ星のうち4つ星の評価を受けています。ユーザーがこのプラットフォームについて語っていることは以下の通りです。

"ETLツールとしてのTalendは、オーケストレーションとスケジューリングに関しては、全体的に非常に良い仕事をしてくれます。しかし、最適に動作させるためには多くの労力が必要です。インターフェイスはjavaベースで、控えめに言っても荒いです。このインターフェースと格闘するのに多くの時間がかかります。かなり良い製品ですが、ユーザーインターフェースの粗悪さに邪魔されています。"

"企業や部門で日常的にETLジョブの作業をしていたり、複数の場所からデータを取得していて、データの互換性を高めるためにそれらを統合する必要がある場合、Talend Data Integrationは素晴らしいツールであり、私は強くお勧めしたいと思います。ライセンス料が非常に高いので、これはほとんどの場合、大企業には良いですが、新興企業には向きません。"

Talendを選ぶ前に、Talendの豊富な統合ツールに追加料金を本当に支払う必要があるのかどうかを聞いてみたくなるかもしれません。もしくは、単に初心者でも簡単に操作できる強力なETLプラットフォームが欲しいのでしょうか?

Xplenty Overview

Xplenty logo.png

我々Xplentyは、技術的な経験に関係なく、誰でもETLパイプラインを作成することができると考えています。だからこそ、使いやすいグラフィカルなインターフェースと、どんなデータソースでも短い時間であらゆるデスティネーションと接続する手順を案内してくれる素晴らしいサポートチームを提供しているのです。 

あなたがエグゼクティブアシスタント、マーケティング部門のメンバー、ビジネスアナリスト、またはETLについて何も知らない人であるかどうかに関係なく、Xplentyを使用してデータエンジニアリングチームの助けを借りずにデータ統合を設定することができます。

手頃な価格のノーコード/ローコードプラットフォームとして、Xplentyは、TalendやMuleSoftのような高価なソリューションで期待されるようなエンタープライズグレードのETL機能を提供する能力がある点においてもユニークです。データエンジニアや開発者を満足させるパワーとカスタマイズ機能、そして動的に作成されるHクラスタによってスケールするための実質無制限の処理能力で、XplentyにとってどんなETLジョブであっても手に負えないものはありません。

最も広く使われているデータウェアハウスと互換性があり、XplentyにはネイティブREST APIコネクタだけでなく、ネイティブコネクタの豊富なリストが付いてきます。新しいユーザーは、事実上あらゆるデータソース/デスティネーションのための自動的な統合を迅速に設定することができます。 

ここでは、Xplentyが提供する統合機能のサンプルをご紹介します。

undefined

(Image Source: Xplenty.com

Xplentyをユニークにしている統合の1つは、SalesforceとSalesforceの双方向コネクターで、Salesforceからデータを取得、変換し、Salesforceにデータを戻すことができます。また、データウェアハウスに送る前に、Salesforceの情報を他のデータと結合することもできます。 

ここでは、Xplentyプラットフォームの最も人気のある機能/特徴をご紹介します。

  • どこからでもアクセス可能なクラウドネイティブプラットフォーム
  • 誰でもすぐに使えるようになるノーコード/ローコードUI
  • すぐに使える豊富なデータ変換機能
  • 最も一般的なソース/デスティネーション用のネイティブコネクタのライブラリ
  • 任意のREST APIと接続するためのREST APIコネクタ
  • ETL初心者なら誰でも使えるワークフロー作成ツール
  • 高度なセキュリティ、暗号化、コンプライアンス 
  • 追加設定が不要なメールアラート
  • 動的に作成されるクラスタによるスケーラビリティ
  • すべてのサービスレベルのコミットメントのための電話とビデオチャットによる驚くべきユーザーサポート
  • 双方向のSalesforce間のデータ統合

Xplentyの最も素晴らしい点は、その素晴らしいカスタマーサポートチームかもしれません。最初から、あなたにはプリセールスエンジニアが割り当てられ、コンセプトの証明とXplentyがあなたの要件を満たしているかどうかを確認します。契約後は、インパクトプランの作成、問題のデバッグ、統合のセットアップ、ワークフローの設計、そして可能な限りスムーズな実装のためのベストプラクティスを共有し支援するためのサクセスエンジニアが割り当てられます。

最終的に、Xplentyの洗練されたエンタープライズグレードのETL、使いやすさ、手頃な価格、そして優れたカスタマーサポートのユニークな組み合わせは、数え切れないほどの顧客に、高額なETLプラットフォームと決別するための力を与えてきました。

Xplentyは、G2Crowdで5つ星のうち4.4つ星の評価を受けています。ここでプラットフォームについてのユーザーの感想を紹介します。

"市場に出回っているETL as a Serviceとしては大体2種類あります。1つは超簡単に使えて、サービスやデータベース間でデータを移行できるけれども変換機能がないもの、もう1つはフルタイムのデータエンジニアが必要となるが、プログラムでカスタマイズしたソリューションが利用できるものです。Xplentyはその中間に位置し、アナリストやエンジニアが複数のデータソースを扱うものであっても短期間でカスタムの変換ジョブを構築できるようになっています。"

"ネイティブコネクタがない場合は、REST APIコネクタを使用することで実現することができますし、サポートチームは必要に応じていつでもサポートに入ってくれます。また、サポートチームと包括的なドキュメントが、我々のためにそうしているというよりは、やりたいことを達成するため学習を支援することにフォーカスしていることが多い部分も気に入っています。このおかげで、学んだことを他の用途に応用することができました。"

"Xplentyはエンタープライズレベルのツールと遜色ありません。"

さて、Talend vs. Xplentyの概要がわかったところで、いくつかの異なる角度から比較してみましょう。 

ユーザーフレンドリー

Talend ユーザーフレンドリー

すべてのETLプラットフォームは、ユーザーインターフェイスを設計する際に難しい選択を迫られます。ほとんどの場合、"直感的でユーザーフレンドリーなUIデザイン "か "データエンジニア向けに作られた "のどちらかを選択しなければなりません。Talendの場合、UIは経験豊富な開発者を念頭に構築されています。これは、プラットフォームを簡単に使いこなすことができるTalendエンジニアにとっては良いことです。しかしながら、ETL初心者がTalendを使おうとすると、最も簡単なタスクにさえ苦労することになります。 

以下はTalendのUIのサンプルです。

undefined

(Video Source: Youtube Channel Edurika)

さらに悪いことに、TalendはXplentyサポートが提供するような手厚いサポートのようなものを提供していません。高額な有料プランにサインアップしないユーザーは、サポート担当者と電話して話すことさえできません。多くのユーザーは、質の高いサポートの欠如にイライラすることになります。 

最後に、ほとんどのユーザーは、Talendの無料版はプレビューのようなもので、簡単なタスクにしか使えないと証言しています。TalendのGUIのフルパワーを体験するには、Talend Data Fabricにアップグレードする必要があります。それは、より多くの組み込みコネクタ、機械学習ツール、より優れたデータ品質管理などを提供しています。 

使い勝手に関するレビューをいくつかご紹介します。

"[Talend]インターフェイスは、一見しただけでは騙される可能があります。入力と出力を完全に理解する前に、各コンポーネントを本当に理解する必要があります。実際、インターフェイスが完全に表示されないという問題が時々ありました...データがコンポーネント間でどのようにマッピングされるのかを理解するのが煩雑です。私たちのプロジェクトは、最終的にはコマンドラインから実行するためにコンパイルする場合でさえ、Talendの修正が必要になり、Javaの「ブラックボックス」になってしまいました。

" 使い方を教えてくれる安価で、いつでも利用可能な人たちが必要になります。もし、それがなければ、本当に急な学習曲線に直面することになります。Talendはかなり高い金額のパートナーしか紹介してくれませんでしたし、Upworkの人たちもかなり高価なようでした。便利なツールです、それを学習できる人がいれば。"

"UIには小さな改善があるかもしれませんし、Talendの最も基本的な機能をガイドするツアーは、誰かが最初に画面を開いたときに表示されるべきです。"

Enjoying This Article?

Receive great content weekly with the Xplenty Newsletter!

Xplenty ユーザーフレンドリー

Xplentyのグラフィカルユーザーインターフェースのすべては、エンタープライズグレードのETLプラットフォームのパワーとカスタマイズ機能を犠牲にすることなく、ETL初心者が可能な限り直感的で簡単な操作を行うことができるように設計されています。

これはまさに、最近あるお客様がTalendではなくXplentyを選んだ理由です。Xplentyを使う前は、Talendプラットフォーム上で統合を実行するのに苦労していました。その後、彼らはXplentyでパイプラインを統合することがいかにシンプルであるかを理解しました。彼らは、外部APIを介して反復処理し、JSON形式の取得結果をフォーマットし、それをデータベースに送信するETLパイプラインをセットアップすることができました。彼らにとっては信じられないほどそれはシンプルでした。

Xplentyのポイントアンドクリック、ノーコードのインターフェースは、カスタムデータパイプラインを構築するプロセスを簡素化します。統合ステップをクリックすることで、データ統合に慣れていないユーザーは、プライマリキーの設定、データフィールドの定義、APIパラメータの設定、データロードの頻度のスケジュールなどを行うことができます。Xplentyのユーザーは、すぐに使えるパイプライン内での豊富な変換機能からも恩恵を受けることができます。 

これが何を意味しているか分からないという方は、Xplentyの素晴らしいサポートチームが助けてくれます。 

以下の画面はUIの簡単なサンプルです。

undefined

(Video Source: Youtube Channel Xplenty)

XplentyのUIについてのユーザーの声を紹介します。

"10社ほどのETLプロバイダーを評価した後、私はXplentyを選びました。ほとんどの場合、GUIで十分ですが、少しずつスクリプト化したり、カスタムSQLを追加して、奇妙なエッジケースを処理したり、大規模な転送をより効率的にしたりすることもできます(例えば、カスタムの日付フィールドを使うなど)。パイプラインの一部としてデータ変換を行うこともできます。"

" [Xplenty]のUIは直感的ですが、SQLを使ってソースをフィルタリングしたり、スケジュールされたパッケージで新しいセットを作成したりすることはいつでもできます。また、利用可能なビルトイン機能がたくさんあります...その直感的な機能は、多くのエンジニアリング時間を節約してくれます。私は、データアナリストがインサイトを提供するためにカスタムデータセットを頻繁に必要とするような、複数のデータソースを持つアジャイルチームにXplentyをお勧めします。"

"私は、SQL、REST API、およびSalesforce SOQLを使用して作業する非常に最小限の経験から来ました。数週間で、SalesforceをSQLデータベースに接続して、レポート、ストレージ、分析を行うことができました。節約できた時間と、得られた洞察は非常に貴重なものでした。"

カスタマーサポート

Talend カスタマーサポート

前述した通り、Talendの有料版を選択しないと、カスタマーサポートサービスを受けることができません。Talendのウェブページによると、"有料版Talendサブスクリプションの一部として、自動的にゴールドまたはプラチナのカスタマーサポートサービスを受けることができます。" ゴールドレベルでは、Eメールでのサポートのみを受けることができます。Platinum と Diamond のレベルでは、ライブ担当者による電話サポートを受けることができます。ダイヤモンド・サポート・レベルのみ「Enhanced Response Times(365日/24時間)」を提供しています。

カスタマーサポートを受ける資格のあるTalendのユーザーでさえ、品質とレスポンスが追いついていないと不満を述べています。彼らが言っていることは以下の通りです。

"サポートの対応は無意味でした。彼らは、彼らのプロフェッショナルサービスを利用するように勧めてきたので、私たちは1日だけ利用しましたが、サポートの問題であることが明確になっただけでした。それは上手くいきませんでした。"

"Talendのサポートが悪いです。テクニカルサポートの対応が悪く、何度メールをしても返事が来なくなることがあります。初めてTalendをセットアップしたりライブラリのダウンロードを行う場合に問題がたくさんあります。"

"...問題を迅速に解決するのに、サポートは平均以下の場合がありました。時には、我々がサーバー側の設定を完全に再インストールしなければならなかったこともありました。"

Xplenty カスタマーサポート

Xplentyのサポートの品質、可用性、レスポンスは、これらのプラットフォームの間の重要な違いをうむ領域です。Xplentyは、サービスレベルのコミットメントに関係なく、すべてのユーザーにカスタマーサポートを提供しています。Salesforceとデータウェアハウス間の単一のデータ統合を実行している場合でも、複雑なITアーキテクチャのために1,000のETLパイプラインを管理している場合でも、Xplentyのサポートは常にあなたの統合の課題を解決するためにそこにいてくれます。

すべてのXplentyのお客様は無制限の電話、ビデオ会議、電子メール、テキストサポートを受けられますので、何もわからないまま放置されることはありません。チームとして、あなたとあなたの専任の統合スペシャリストは、Xplentyプラットフォームで新しい統合を設定し、ワークフローパイプラインを設計し、課題を克服し、重要な協力関係を確立します。  

Xplentyのサポートについてのレビュアーの声をご紹介します。

製品機能に加えてボーナスとして、Xplentyは優れた顧客サービスを提供しています。サポートチームは私たちと協力してデータフローを開発し、リアルタイムチャットシステムで製品に関する質問に答えてくれます。バグや機能のリクエストが議論された場合、サポートチームは適切な回避策を見つけるために私たちと協力し、修正/機能が実装されている間、私たちに情報を提供し続けてくれます。

"Xplentyで一番気に入っているのは、チームから得られるほぼリアルタイムのサポートです。Xplentyの差別化ポイントは、私たちが受けれるカスタマーサポートです。製品自体は良いです。高いレベルで使いやすいです。そしてXplenty社員が違いを生んでいます - これはクラウドサービスとしては珍しいことです。顔の見えない機械を扱ってたことからの素敵な変化です。"

"カスタマーサポートは、私が経験した中で最高のものの一つです。彼らは、私がXplentyを使う上で問題が発生するたびに、とても迅速に対応してくれました。さらに、開発チームも非常に速く、私が使用していたAPIのページネーションを2日以内に実装してくれました。"

Integrate Your Data Today!

Try Xplenty free for 7 days. No credit card required.

価格体系

Talend 価格

Talendの無料版である「Open Studio」は、プラットフォームを試すには最適ですが、基本的なETLプロジェクト以上のことを求める場合は、ほとんどのユーザーが有料版にアップグレードする必要があります。 

残念ながら、一度アップグレードすると、Talendは高額になるという評判があります。ビジネス要件が大きければ大きいほど、コストは高くなります。Talendはケースバイケースで価格を決定しているため、営業担当者に連絡してカスタムでの請求の取り決めを交渉する必要があります。ユーザーの中には、Talendに月に数千ドル程度の費用しかかけていない人もいますが、大企業では年間数百万ドルの費用をかけることも珍しくありません。 

Talendには補助的な費用も含まれています。

  • 統合やワークフローの作成に支援が必要な場合のサービス契約料。
  • 統合を実行するのにかかる時間。
  • プラットフォームを維持するために必要な人員。

多くの場合、Talendを使用する真のコストは、これらの補助的な支出にあり、実際のライセンス料をはるかに上回るものです。

"ミドルウェアを所有するためのコストは、ライセンスのコストだけではありません...統合を簡単に構築できるという製品の宣伝文句にもかかわらず、それをうまく行うには深い技術的スキルが必要です。まともな規模の組織では、これを担当するのに数人の従業員を抱え、全員に高額の報酬が支払われます。

ユーザーがTalendのコストについて言っていることは以下の通りです。

このソフトウェアの無料版は、最もシンプルなプロジェクト以外には使えません。シートごとに法外に高価なソフトウェアにお金を払わずにソース管理を実装する良い方法はありません。 

"そうですね、オープンソース版は無料ですが、複雑なことやミッションクリティカルなことをしようとしているのであれば、それはデモに毛が生えたものです。プロジェクトのバージョンを互いに比較することができなければ、このツールは役に立たないし、彼らは本当にオープンソースをセールスツールとして利用しているだけです。"

Xplenty 価格

Xplentyの定額制の価格設定は、透明性があり、手頃な価格で、費用予測が可能です。データ量によって課金するのではなく、プラットフォームはコネクタごとに固定料金を設定しています。月々の請求書を増やさずに、無制限のデータ量を統合して送信することができます。 

Xplentyの価格予測が可能な点は、ETLの予算編成をシンプルかつ予測可能にします。何よりも、XplentyはTalendよりも劇的に安価です。多くのユーザーは、ほんの一握りの統合のために月々1,200ドルという低価格を支払っています。あなたのサービスレベルに関係なく、Xplentyはあなたが望む頻度で無制限のデータフローを提供します。 

あなたがXplentyをテストしたい場合は、制限なしで無料の2週間のトライアルを試してみてください。 

Xplentyの価格についてのユーザーの声をご紹介します。

"彼らのサービスのコストは、正確性、一貫性、時間の節約に見合うだけの価値があります。Salesforce のような CRM システムのデータを SQL データベースに接続したいと考えている人や、仲介するサービスを探している方には、このサービスをお勧めします。"

"大量のリアルタイム統合を実行しないのであれば、費用対効果は高いです。"

最後に Talend vs. Xplenty 

Talendは経験豊富な開発者のために作られています。必要なデータエンジニアリングのスキルやトレーニングが不足しているETL初心者や初めての開発者は、このプラットフォームを使って何か重要なことを達成するのに苦労するでしょう。そのため、Talendを使用している企業は、プラットフォームを操作するための熟練したスタッフの雇用とトレーニングに相当な時間と費用を投資しなければなりません。この費用と、Talendの法外なライセンス料やその他のコストにより、ほとんどの中小企業にとって、プラットフォームは法外に高価なものとなっています。 

それに比べて、Xplentyは、エンタープライズグレードのETL、手頃な価格、使いやすさの完璧なバランスを提供しています。実際、Xplentyは非常に使いやすく、一行のコードもプログラムしたことがないETL初心者でも、プラットフォームを使って複雑な統合を構築する方法をすぐに学ぶことができます。

Xplentyを試してみたいですか?日本語でのデモ予約、トライアル申し込みはこちらのページから「はじめよう」をクリックし、申し込むことが可能です。